人気ブログランキング |

駐禁切符がアーモンドにかわる日を夢見て_f0136579_18511885.jpg


フランスにもある駐禁切符。

駐車していたところに戻ってこのチケットを発見してしまったときのあのイヤーな感じ。
ち!警察はほかにやることないのかよー!と毒づくことにもなる。
まあ、毒づいても罰金の事実がきえることはないのだけど。

車庫証明が必要な日本とは違ってフランスにはそんなものはないから
車庫など持たなくても車を持つことはできる。

ニースなんて車庫を持っている人のほうが珍しいくらいで
誰も車庫を確保することなく車を確保してしまう。

つまりみなさん、路駐組。

ここいらの住宅街はもう、そりゃあスペース、と呼べるところにはすべて車がとまっている。
もうさあ、車はよくない?と言いたくもなるほどの車の数。
ウチも一台七人乗りがあるけどね。ええええ。

バス通りくらいの通りには片側、あるいは両側に駐車スペースがとってある。
地面に「payant ペイヨン/ 有料」とある。

きょろきょろ見渡すと緑色の券売機があるからそこでチケットを購入。
じゃあさ、明日まで停めたいから十二時間分買っとこう、と思ってもそうはさせてくれない。

場所によるみたいだけどこの券売機、一時間とか二時間とか、そのくらいの短い時間分しか買えない。
つまりそれ以上ここに車を置いておきたいならまた出直してきて切符を買いなおせよ、と言っているのである。

ああ腹立つ。

地元住民向けにカードが発行されていて、これがあるとちょっと安い。
一日中置いてもおける。

それでも駐車スペースを探して車を止め、券売機まで行ってチケットを購入、
そしてふたたび車まで戻ってフロントガラスのところへチケットを置く、
というのはかったるいといえばものすごくかったるいことではある。

ということでついついチケットなしに駐車をしてしまう。
おまわりさん、今日は来ないに違いないし。

という甘い考えが起きるのもこの駐禁チケットがいつも公平に切られるものではないからなんである。

ああ腹立つ。

駐禁切符、フランス語では une amende ユナモンド。
ユナモンドといえばアーモンドのこともユナモンドという。こちらは une amande 。

une amende と une amande、スペルは違うが発音はまったく同じ。

実はむかーしから、なーんだか駐禁切符の話をするとき、それがアーモンド、と言っているように聞こえてはいたのだ。
なんだかおかしいなあ、ええ、そうそうなのー?でもさあ、まさか!

とその度に頭を???でいっぱいにしながら、きちんと調べてみないところがわたしのすごいところ。
数年間、疑問を疑問のまま、ずっと抱え込んで生きてきてしまった。

最近、そのふたつのことばがまーったく同じ発音をする、ということを聞きおよんで、いやあ、もうなんだか愉快で楽しくて。
だってさあ、駐禁切符切るかわりに、アーモンド置いていってくれるおまわりさんがいたら、これ粋じゃない?

てことを家族に話したら、かーなーりー、空気が冷えました。
えーなんでかなー、めちゃくちゃすてきだと思うんだけど。

車に戻ったら駐禁切符じゃなくてアーモンドが置いていあって、うわー、おまわりさん、ナイスー!とかって。
















……、ないなやっぱり。スケッチ(小コント)でぜひ使ってほしいネタでございます。
にほんブログ村 にほんブログ村へ









by kyotachan | 2019-10-14 19:58 | 日 常 空 間 | Comments(2)

スペクタクルな夜


スペクタクルな夜_f0136579_15041945.jpg

昨日は夜の八時から三女のスペクタクル。
スペクタクルと言えばおおげさに聞こえるがいわゆる学芸会。

有志をつのって演劇の練習をするグループに参加したらしい。
有志、だから練習時間もお昼休みとか?

夫はもう最初っから参観を拒否。
最近お疲れモードだから夕食後に出かけるとかありえないと判断した模様。

次女もこれまた最初っから完全に拒否。
翌日、つまり今日、バカロレアの模試試験があるため。

子どもの成長した姿を見るのは楽しみなものだけど
残念ながらこの手のスペクタクルでこころから楽しめることってない(はっきり)。

子どもたちは授業の合間にこつこつ練習したのだろうけれど
『観客を楽しませよう』というエスプリに欠けているのだ、いつも。

だらだらと話は進み、時に歌がはさまれる。

何かの目的に向かって出演者全員でひとつひとつのゲームをこなしていくという筋立てのようだが
セリフが出てこなくてヘンな沈黙がたびたび起こる。

舞台の上で「次誰だっけ?」と目で確かめあっているのがこちらまで伝わる。

長男と長女のボーイフレンド、わたしの三人で鑑賞。
遅れてやって来た長女も加わった。

そしてラスト、なんと三女が熱唱して幕を閉じた。
なんだなんだ、やってくれるじゃないの。

わたしが最後に歌うんだから絶対に見に来てね!
といえば夫だって頑張って来たかもしれないのに。

夕方、いったん帰宅した三女は「時間がない」と食事をせずに出かけていた。
帰り道、トラムの中でサンドイッチをかじるが、疲れで食欲もないらしい。

夜の八時にはじまって終わったのが九時半すぎ。
帰宅したのが十時を回った頃。

夫、次女ともにすでにベッドの中。

速攻でシャワーを浴びた三女もすぐに就寝。

わたしはシャワーを浴びるもまったく眠気が襲ってこない。
そうだよー。今日はほとんど飲んでないんだもの。
ということで自然とワインタイム。

今朝、三女は疲れた顔をしながらもいつもの時間に起きた。
ごはんとハムエッグの朝ごはん。

今日は水曜日で学校は半ドンだけどそれでも学校は通常運行。
時に過酷~なおフランスの学校ではある。



















写真は2014年シミエ横にあるバラ園、から撮った教会。
にほんブログ村 にほんブログ村へ

学年末に向かうこの時期、こんな催しが増える。宵っ張りになる訓練なのかと真剣に思うわ。
さーて、ポチッといっとく?








by kyotachan | 2019-06-05 15:31 | 文 化 教 育 | Comments(0)







t\'étais toujour là...? テテトゥジューラ/ まだいたの。。。?_f0136579_21441697.jpg


クリスマスが終わったら
さあっ!てお正月の準備に入るニッポンと違って

お正月文化ゼロのお国柄らしく
寒い間はこうしてぶらさがり続けていらっしゃるんですよこの方。。。←けっこうまだたくさんいらっしゃいます笑

















サンタさん寒い中ごくろうさまです。。。!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ニッポンのお正月文化バンザーイ!

恐れ入ります
by kyotachan | 2009-01-05 21:53 | 日 常 空 間 | Comments(24)

ちぐはぐなお正月


わたしとダーリンとの間におおきな隔たりがありそうなことに気がついたのは、お正月を初めてふたりだけで過ごした時のこと。
その年、お正月には必ず帰っていた実家に帰らなかったのは、わたしが長女を妊娠中で、三月くらいに帰省することになっていたからだった。
ちぐはぐなお正月_f0136579_1123866.jpg

元旦の朝、わたしが起きるとダーリンは言った。

More
by kyotachan | 2008-01-04 19:03 | お い の り | Comments(31)


二十四日の夜は、我が家でもクリスマスっぽいものをいただいた。
le repas de noël   (ル ルパ ドゥ ノエル=クリスマス料理)_f0136579_462121.jpg

これはデザートのチョコレートケーキ。 ニッポンでもすっかりおなじみの木の形のケーキ。 上手にできたでしょ?
 ・・・なわけない、です、はい。

More
by kyotachan | 2007-12-27 04:10 | お い し い | Comments(6)

ウ ン チ バ ッ ク


街の中でときどき見かけるこの青い箱。
ウ ン チ バ ッ ク_f0136579_0405331.jpg


More
by kyotachan | 2007-11-29 00:41 | 日 常 空 間 | Comments(8)

カ ン ジ ア ー ト


次女の同級生、ミオちゃん。 日仏ミックス。 すらっとしていて、超キュート!
カ ン ジ ア ー ト_f0136579_20292561.jpg

今日のミオちゃんの T シャツも、超キュート!

More
by kyotachan | 2007-11-16 20:33 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(16)

きれい好き? 


二日間、風呂に入らなかった。 正確にはシャワーを浴びなかった。 せきこみが激しくて、カラダが熱っぽかったからだ。 こどもの頃からの習慣で、一日の終わりにはカラダを洗うことが習慣になっている。 ニッポンジンの習慣としては、普通なのでは? と思う。 こうして二日も風呂に入らないと、あ、いまはシャワーだけど、どうも落ち着かない。 髪の毛なんて、なんだかネチョネチョしていそうで。
きれい好き? _f0136579_19552481.jpg

わたしは特別きれい好きではない。 ・・・ この話を思い出す時以外は。

More
by kyotachan | 2007-11-12 17:54 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(14)


わたしもかつては働いていた時があって、その時会社にいたフランス人が鼻をかむ時には、いつもその音のすごさにびっくりしたものだった。 でもそれはなにも彼が特別なわけではなくて、一般にフランス人の鼻をかむ音はびっくりするほど大きい。 どうしたらそんなにすごい音が出せるのか、フシギなくらいだ。 第一、そんな大きな音をたてて、鼻は痛くないのか?
ズルズル vs ハア~ックチョ~ンンン _f0136579_4112322.jpg

それとは逆に、くしゃみはかみ殺す、という人が多い。 「はあ~っく、しょおおおおおんんんんん!」 な~んていう、大魔王的なくしゃみをするのは、せいぜいニッポンザルくらいのもので、おおむね、「く ・・・ ちん」 くらいの、かわいいくしゃみをなさる。 それも、かっぷくよろしい大の男の方もそんな感じのかわいいくしゃみだったりするもんだから、おいおい、くしゃみくらい、思いっきりしてちょーだいよ、もう、鼻をかむときにはあ~んなにすごい音を出すくせにさあああああ! とつっこみたくなるくらいに、それはそれはかわいらしいんである。

More
by kyotachan | 2007-10-24 22:12 | 日 常 空 間 | Comments(8)

力んだせいで ・・・


下痢嘔吐症にはコーラ。 もうひとつ、医者がススメルもの、 『しろごはん』。 ごはんはこちらでは 『便秘をもよおす』 食べ物として知られている。 
わたしなんかは、あるフランス人に、

「ニッポン人はよくごはんを食べるから、便秘がちでしょう? だから、トイレでう~ん、う~ん、て力むから、それで目が細くなっちゃったのよね」

と真顔で言われたことがあるくらいだ。 ある人によると、『腸のつくり』 がちがうので、ヨーロッパの人たちはごはんを食べると本当に便秘になるらしい。 我が家ではごはんを食べる機会の方が圧倒的に多いのだが、ダーリンも子どもたちも便秘ではない。 やっぱりこういうのは、『民族』 ではなく『体質』 によるような気がするんだが。
力んだせいで ・・・_f0136579_22334928.jpg

いかがなもんでしょう?
by kyotachan | 2007-10-17 22:33 | お い し い | Comments(8)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族