f0136579_01000893.jpg


一月にしてはあたたかい日が続いている。

今日は最低が三度。最高が十三度。
明日の予報は最低七度、最高十五度。

昨日はというと、それよりももっと暖かくて、そして何より風が風がものすごーく強かった。

そうです。
そうなると飛ぶのです。花粉が!

目はしょぼしょぼ、鼻はじゅるじゅる、カラダのあちこちがかゆい。
季節はずれにどこかで目にした「花粉症には鼻の中にワセリンをぬるとよい」。

覚えていましたよ、ええええ、覚えていましたとも。

さっそく小指の先にワセリンをつけて鼻の中にひとぬり。
うん、いいような気がします。お試しあれ。



















写真は五年前の長男。飛んでる?
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2018-01-19 01:05 | 日 常 空 間 | Comments(3)

優子ちゃんのお母さん


f0136579_01041062.jpg

小学校・中学校で仲良しだった優子ちゃん。
小学生時代には優子ちゃんの家によく遊びに行った。

お父さんはタクシードライバーでお母さんは専業主婦。お姉ちゃんがひとりいた。

優子ちゃんのお母さんはよくクッキーを焼いてくれた。
マヨネーズも手作りだった。
お裁縫や編物が得意でスカートや手袋を作ってもらったこともある。

顔の造作もモダンでちょっと外国人風だった。
そして授業参観には着物で現れたりした。

わたしの母親は働いていていつもばたばたしていたのに対して
優子ちゃんのお母さんはいつもゆったりとしていた。

おやつにりんごをむいてくれた。
わたしと優子ちゃんの目の前で、とてもゆっくり(に見えた)、
りんごの皮をまあるく、つなげてむいた。

わたしはそれを手品でも見る気持ちで見入った。
わたしの母親はいつもりんごをまず四等分に切ってから皮をむいたからだ。

「すごかねー。おばちゃん、つなげてむっきっと。うちのお母さん、しいきらっさんと思う」
わたしは感嘆の声をあげ、おばさんはゆっくりと笑った。

「そげんことなかよ。きょうたちゃんのお母さんもしいきらすって」。

わたしは優子ちゃんのお母さんが母親を傷つけまいとしていると思った。

家に帰ってから、興奮気味に母に言った。
「優子ちゃんのお母さん、りんごの皮ばつなげてむかすとよ」

母はきょとんとして、「母ちゃんもできるばい。そがんむずかしかことやなかもん」。
母が平然とそういうのでこちらはまたまたびっくりだった。

「うそっ。いつも四つに切ってから皮ばむくやん」
「そりゃあ、そっちのほうがしやすかもん」
「じゃあ、つなげてむいてっ」

母はしゃーないなー、という感じで、その場ですぐにりんごの皮をまあるくむいてくれた。

母親の言ったとおり、母はそれを難なくこなした。
なんとなくほっとして、なんとなくがっかりした。

そして優子ちゃんのお母さんのほうが上手にもっと上手にむいていたように感じた。
あれはどういうことだったんだろう?
















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2018-01-17 01:23 | お は な し | Comments(0)

rêve ヘーヴ/ 夢

f0136579_00005916.jpg

場所はスリランカ。

ことばの通じない国の子どもばかりが収容されている病院。
わたしは看護婦の手伝いをしている。

狭い畳の上に何人もの子どもたちが寝かせられている。
わたしは看護婦の真似をして毛布の中に手を入れ子ども、というより赤ちゃんのお腹をさする。

場面が変わって夜。

大きな部屋に並んで眠る子どもたち。
わたしもその中に混じって寝ている。

十二、三歳のきれいな子がむっくりと起き上がり吐きたいというジェスチャーをする。
ふたりの看護婦はあわてて部屋から出て行く。

三つ重ねてある洗面器(家にあるのと一緒)が部屋の片すみにあるのに気づき、
それを少女の前にさし出すとその瞬間少女は吐く。
ソーセージがそのままだったり、かなり固めの吐しゃ物だった。

そこへ看護婦が戻り、「ああ、よかったわ」というようなことを言う。

汚物の始末はしてくれるだろうとその洗面器をさし出すと、
「それはあなたが……」と言われ、向かいにある便所へと捨てに行く。

割のあわない話だなと思う。

スリランカ?と思ったのは人の肌が一様に真っ黒だったから。(了)2016.1.28








ときどき、夢を見る。
たいていはカラーで鮮明に画像が頭の片すみに残っている。

ストーリーは「一体どゆうこと?」なものばかり。
知っている人がありえない設定の役で登場することも多い。

ああ、見たな夢、と思うとメモするようにしている。
どんなに鮮明に記憶に残っている夢でも一時間もしないうちに忘れてしまうから。

今朝、夢を見て、それをメモしたときに目に入った二年ほどの前に見た夢。
いやあ、なにこれ。笑える。すっかり忘れてしまっている。

わたしがいちばん見たい夢は母親の夢。
だけどなかなか出てきてくれない。
もう二十年近くもずっと待っているのに。

















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
# by kyotachan | 2018-01-16 00:03 | ゆ め ? | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31