人気ブログランキング |
ブログトップ

nice!nice!nice!

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そしてはたちになる。

f0136579_16531882.jpg

去年の失敗を繰り返してはならないから
今年は何週間も前から本人にお伺いを立てており。

「日曜日だから昼間にみんなでイタリアとか、行くー?」
とか言い出すから、
「日曜にやってるレストランってろくなところないよ」
「ほんとうに行くならリサーチして予約しないと。六人なんだから!」

とこちらはあせってせっつくも
何日たっても「いま考えているからちょっと待って」の一点張り。

友人たちとは前日の土曜日にレストランに行くことが早々に決まっており、
まあ、ねえ、重要度としては「友人たちと」が「家族と」よりも何十倍も高いのはこちらも重々承知の上。

子どもがはたち、という年齢はわたしにとってはやはり
大きな仕事をひとつやり遂げたような達成感や充実感を感じずにはいられない。

長女にしてみたら大切なのは「ボーイフレンド」と「友人たち」なのは百も承知で
それでも彼女の家族は家族として、精一杯のお祝いをしたいと思ってしまう。

家族でイタリアに出かけてレストランで食事
というのも、最近はてんでばらばらのわたしたちには
いいイベントになるかも、という思いがなかったわけではない。

ただかなりの出費をしたところで食べるものの中身はなんとなく想像できるし
無理をしてレストランへ行くことはないのじゃない?
という気持ちのほうが大きかった。

むかしはこんなこと思わなかったのだが、
最近はレストランで見も知らぬ人の作るものを無邪気に食べることができなくなってきている。
「どんな環境で作られたものか」「厨房の衛生面はどうなっているのか」
テーブルについているわたしたちには知る由はないのだ。

おいしいものを食べたいなら家で食べるのがいちばんまちがいがない。

金曜日になってもはっきりとした答えの出ない長女に
「日曜日のお昼、ウチでお祝い。そうしよ。それでいい?」

そう言うと
何も言わずに素直に首をたてにおろした。









当日は朝起きてすぐにお米を洗い、
まず取りかかったのがチョコレート・ケーキ。

お米をしこんだら、海老の皮むき、衣づけ。
ごはんが炊き上がり、酢飯作り。

魚をスライスしてにぎりに。

冷蔵庫にあったゆで卵できゅうりのタルタル風サラダもできた。












f0136579_16533837.jpg

ケーキにろうそくを立てるのは次女。

「十一本?じゃあ、六と三を足して二十、これでぱっちりじゃん?」

てこのいいかげんさは誰に似たの?












f0136579_16535179.jpg

家族六人に長女のボーイフレンドを入れて総勢七人、
にぎやかで楽しい食卓だった。

いつの間にか長女の耳にはピアスの穴だらけになっている。
聞いてみれば右に五つ、左に四つ、あいているらしい。
若い頃のオレにそっくりじゃないか!

両親からはピアスを、友人たちからは数えきれないほどのプレゼントを。

夕飯はスパゲティ・ボロネーズ。
ボーイフレンドも一緒に。

食事が終わって彼が帰ると、今度はふたりの友人が現れた。

翌日朝五時出発で、空港へ。
イタリアのサルデーヌへバカンスだって!

いい旅になりますように、そして
いい二十代を過ごしますようにとただただ祈りつつ。

長女はたち、おめでとう!
母業はたち、ありがとう!


















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-06-25 19:55 | 六 人 家 族 | Comments(12)

なにもかもがばらばら。

f0136579_23290586.jpg

これが終わると、ああ学年末だなあと思う。
gala ガラ、と呼ばれるダンス発表会。

長女と次女が数年前からダンスをしていて、
最近はふたり一緒に踊ることも増えた。

自分の子どもが踊るのを見るのは楽しい。
そりゃあもう、おうおう、がんばっとるなー。
とうれしくなっちゃうものである。

同じダンススクールにずっと在籍しているから
年々踊るダンスも増えてきて、
ふたりで十いくつ、踊ることになる。

最初はひとつ、ふたつ、という感じだったから
それを思えば出番が増えてたいへんにうれしい。

同時に我が家のむすめたちが出ていないダンスは
これはもう申し訳ないがつまらないどころじゃないほどつまらない。

特にこの数年、ブレイクだかイーポップだかよくわからないのだが
Tシャツ・Gパン、バスケットのいでたちで踊るダンスの時間が圧倒的に増えた。

そのダンスの授業をとっている子どもの数が増えてきて
必然的にそういう結果になっているのはわかるのだが、
これはもう、見ていて、つまらないを通りこして苦痛でさえある。

十代後半のかっちょいい系の男子が
すごい技を連発して見せてくれるのならまだしも

幼稚園児と思われる子どもたちが、もうなんの見せる技も持ってないのに
左右に飛ぶステップを踏んでいるのやら、横転やら、なんちゃらや、を、順番こに、ひとりひとり
繰り返し繰り返ししているのを見せられると

「どんなに地獄な時間でも必ず終わりは来る」
と自分を励ましにかかるほどだ。

そんなのさー路上でさーダンスの超うまい人たちが
代わりばんこにダンスの見せ合いする形式じゃん?
舞台の上でやったって、なーんの意味もないんじゃーん?
と毒づきたくもなる。

そしてこれも年々感じることなのだが、
「みんな一緒の振り付け」が減ってきている。

クラシックにしろモダンにしろコンテンポランにしろ、
大人数で踊る場面で誰ともそろっていない。
みんなてんでばらばらな振り付けばかりが目立つ。

クラシックなんて、何十人ものポワントがさ~っといっせいに動いて
指先なんかがみごとに同じ方向に向く、あの呼吸さえそろえている感じに
ぞぞぞぞ~っと感動してしまうものなのに。

なにもかもがばらばら。
これはきっとブレイクとイーポップが
ダンスの主流になってきているのと大いに関係しているのだろうな。

ここまで書いて、
我が家の現状もなにもかもがばらばら?なことに気がついた。

長女はあと一回、学校へ行ってバカンス突入。
長男はただいまバカロレア真っ盛り。今週一杯。
次女は先週からさっそくバカンスに突入している。
三女は来週の中ほどまで学校。そのあとバカンス。

夫は今のところ順調に仕事に通い、
わたしもアルバイトに家の雑用こちらは相変わらず。

朝、四人とも車に乗せて学校へ。
夕方、四人とも車に乗せて帰宅。

そんな「なにもかもが一緒」の時期はけっこう一瞬の時間だったな。








f0136579_23293539.jpg

















写真は四年前のビーチ。笑っていると思えば!三女作。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








by kyotachan | 2018-06-18 23:32 | 文 化 教 育 | Comments(2)

長眠、短眠

f0136579_01003007.jpg


朝の四時ごろ虫の音で目が覚めてしまい
そのあとなかなか寝つけなかった。

蚊ではないようだった。

こんなことが時々ある。

トイレで起きてその後眠れないとか
夫のいびきで起こされてその後眠れないとか
何の理由もないのに目がさめてその後眠れないとか。

よく眠れる日もあるしあまり気にしていない。

でも子どもが生まれてからこちら、
というともう二十年も前からの話なのだけど、
子どもが「ふにゃ」と言えばおっばいを出して口にふくめる
というのを何年間もやったせいで
ちょっとしたことで目が覚めるようになった気がする。

夜中にものすごい雷が鳴って目が覚めたときなど、翌朝子どもにその話をすると
「え!まじで?全然気がつかなかった」
と言われてびっくりする。

若いってこういうことなのねと思う。
わたしも通ってきた道だからうらやましいとは思わないけど。

今日の一句。

長眠はこども、短眠はおとな。あはは、うそうそ。

















みどりにひかれるこのごろ。相変わらずきいろも好き。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-06-07 01:16 | た の し い | Comments(6)

とらぬ狸の皮算用

f0136579_00020680.jpg

朝と夜、体重計に乗るようにしている。
最近ずっとベスト体重から三キロ増が続いていた。

お年頃だし、このまま三キロ増がベストになるのかなあ。
だって太ったって感じ全然ないし、とあまり気にならなかった。

それが、昨日あたりから一キロ減っている。

三キロのうちの一キロが戻りつつある
というだけでやせたのとは違うと頭ではわかっているのだが、

これはやはりやせた、と思っちゃうんである。
まだ二キロは太っているにもかかわらず、すこぶる気分がいいのである。

昨日の夜、シチューを作ったのだが
それに使った牛肉がちょうど一キロだった。

自分の体重と重ねてみる一キロって
普段見る肉一キロとはこれまた違って見えるから不思議。

これだけ自分のからだから落ち去ったのだと思うと
もうそれだけでふふふふふ、と笑いが出てしまう。

理由は確信していて
しばらく飲んでいなかったアボガドティーを
一週間ほど前から再び飲みだしたせいなのだ。

せい、というかおかげ、というか。

なんとなくお腹がすかすかしている気がしていたし、
このお茶を飲まなくちゃと思うとよけいなものを食べずに終わってしまうようなところがある。

そしてなにより毎朝カイベンである。
カイベン?快弁ではなく快便のほうね。

アボガドの種の皮をむき、薄切りにして一リットルの水で三十分煮出す。

皮はむきにくいし、固くて切りにくいし、煮出すのは面倒だし、
一時期熱心に飲んでいたのに最近はすっかり遠のいてしまっていた。

種はバイト先からもらってくるので冷凍庫にいくつも入っている。
飲みだすと急激に減るから自分でもアボガド、せっせと食べなくては。

一キロ減ったんだもの、あと二キロくらいすすす、と減る気がしてきた。
これでもっとやせたら今年のビーチでは超スレンダー・マダムになれちゃうかも。

とほくそ笑んでいる自分にひと言。

とらぬ狸の皮算用。















ちょっとちがったかな。あはは。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

写真はアボガドにバルサミコ酢、しょうゆ、マヨネーズ。つまみ食い。







by kyotachan | 2018-06-06 00:12 | た の し い | Comments(4)

せいてはことを仕損じる

f0136579_00590089.jpg

朝からどしゃぶりの雨。
昨晩から降りだしてずっと降っている。

ここのところずっと着ていない、だいぶ前に作ったブラウスに袖を通す。

首周りが大きすぎて肩からずり落ちてしまい、着心地がよくない。
でも使った生地はしわ加工をした綿でなんとも肌触りがいい。

この生地まだ残っていたはず、と思ったら
あったあった。まだまだ充分にある。

頼まれている詩を書くつもりだったが
急に気が変わり、お裁縫モードに突入。

もう何度も縫っている背中にボタンのあるブラウス。
一応作り方の本は開いたものの、もうあまり見る必要もない。

背中の開きの部分。
はさみで切り込みを入れるのだが、なぜか、切りすぎた。がっちょーん。

しわ加工のある生地だから、もっと注意すべきところを
のほほん、といつも調子でやってしまったのがいけなかった。

表からミシンをかけてなんとなくごまかす。
まあどんまいどんまい。

ここまでやってしまって、お、これは楽勝で今日中に縫いあがりますな、
と一息ついたところで、再び、がっちょーん。

ボタンにひっかけるループを縫いこむのをすっかり忘れている。

ここからが長かった。
ほどいて縫って、を何回繰り返したことか。

ループがいい位置に収まってない、
ループが短すぎてボタンが入らない(これを三回もやった)、

今日はもう、何をやってもうまくいかない。
そう思うのに、うまくいくまでやらないと気がすまない。

途中で子どもたちの食事を作り(リセの子たちは家でごはん)
眼科に電話をして予約を取り
洗濯機を回して
メールでやり取りをして

なんとかこの「うまくいかない風」を「うまくいく風」にしようとする。

どこで流れが変わったかはわからないが
午後の三時過ぎに、ブラウス一枚をようやく縫い上げた。

せいてはことを仕損じる

ということばが頭に浮かんだ午後。
















写真はいちご。お砂糖をかけて冷蔵庫に入れておく。いつの間にか食べられている。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-06-05 01:01 | 日 常 空 間 | Comments(2)

dimanche ディモーンシュ/ 日曜日

f0136579_00205385.jpg

今朝は十時に起きた。

日曜日だけは目覚まし時計をかけずに好きなだけ寝る。

若いときには午後の一時くらいまで寝ていた。
最近はどんなにおそくとも午前中には起きてしまう。

水を飲んでゆっくりとストレッチ。

オレンジ三個をしぼってオレンジジュース。
そしてコーヒーを入れる。

数年前に「コーヒーはからだを冷やす」と聞いて
コーヒー絶ちをしていたのだが、最近また飲むようになった。

コーヒーを飲みたいと思ったらたまらく飲みたくなり
そのおいしさに感動さえ覚えるほどだった。

こんなにおいしいのならからだが冷えたってかまわない。

普段はバイト先でエスプレッソを二杯。
週末は家でカフェオレを一杯、ブラックを一杯。

午前中のうちに済ませてしまおうと
「フランスと日本の育児、教育の違い」を書く。

これは唯一、ライターとして書いている仕事。
週に一本、1200字以上という条件の記事。

あれこれ書いてみたけれどわたしにはこれくらいしか書くことができない。

お昼はチャーハンにした。
乾燥わかめを戻して、あとはたまねぎ、ハム、たまご。

午後はブラウスを仕上げる。

夜はアンチョビ・スパゲティ。

一週間が終わった。
書く任務もこれで完全遂行。

勝手に決めた一日一記事はこれでおしまい。

















写真は三年前の Antibes アンチーブ。レストランの表で食器を磨くムッシュー。かわいい!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








by kyotachan | 2018-06-04 00:23 | 日 常 空 間 | Comments(2)

samedi サムディ/ 土曜日

f0136579_03380025.jpg

今朝は曇り勝ち。

先日、肌寒かったことを思い
カーディガンを羽織って出る。

思ったとおり、風が吹くと涼しい。

土曜日は食料の買出しの日で
バイト先まで夫に迎えに来てもらい、
そのまま大きいカルフールへ。

カルフールはどこも同じ値段と思ったら大間違い。
大きいカルフール、カルフール・マーケット、カルフール・シティ、などなど、
同じカルフールマークでもいくつかの色分けがあって同じ商品でも価格設定が違う。

基本的に一週間分の肉・魚・野菜・くだもの。
水と牛乳と……、重たいものはこの時に調達する。

それでも週の中ほどでちょこちょこと買い足すことが多い。
来週も夫は一週間の出張で不在だけれど、いまや食料の消費率の高いのは子どもたちのほうだ。

夫がいないからおにぎりでもにぎってごまかそう、
などという夢のような時代はとうに終わってしまった。

家にいったん戻って買い物の荷物を置いて、
冷蔵・冷凍ものをそれぞれ片付け、
回っていなかった洗濯機を回す。

洗濯機は子どもができてからこちら、
毎日欠かさず回している。

洗濯物が二日分になるとパンツ十二枚、靴下二十四枚、
とにかく小物類だけでもすごい数で干す場所がなくなってしまう。

バナナ一本口に放り込んだら
夕方の五時前、約束のある友人宅へ。

友人宅を辞したのが夕方の六時半。
長女に電話をしてオーブンのスイッチを入れてくれるように頼む。

週末に長女が家にいることはものすごく珍しい。
今夜はわたしたちと一緒に食べるらしい。

昨日食べそこなったテリヤキチキンを今日こそはいただかなくては。

帰宅してまずしたことはサラダに入れるエシャロットをみじん切りにすること。
サラダ菜は洗ってあるからここまでしておけばあとは簡単だ。

ほどよく温まったオーブンにチキンを投入。
ごはんは冷凍してあるのを溶かす。

食事前に洗濯物を干してしまいたかったが
キチンが焼きあがって全部は干しきれなかった。

久々に六人そろった食卓になった。
丸々二日間、テリヤキソースに漬かりっぱなしだったチキンは味がよくしみておいしかった。

これはなんといってもごはんによくあう。
そしてグリーンサラダとの相性もいい。

今日はおやつを食べるひまがなかったせいか(バナナ一本はおやつとは呼べず!)、
わたしの食欲がとまらず、チキンをおかわりしていたら
いつの間にか食卓にひとり、ぽつんと残されていた。

台所でがさごそと音がしていると思っていたら
まだ片付けきれていなかった買い物したものを
長女が片付けてくれているらしい。

ありがとうありがとう助かります。

ワインがちょうどまわってきてなんだかとってもいい気持ち。


















写真は三年前。メロンのおいしい季節。ついついつまみ食い。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-06-03 03:40 | 日 常 空 間 | Comments(2)

vendredi ヴォンドロディ/ 金曜日

f0136579_03090098.jpg

今日は朝から暑かった。

みどり色のブラウスに白のGパン。
帽子は忘れない。

バイトの帰り道、
その足で友人とお茶。

友人といっても普段からお世話になりっぱなしの先輩マダム。日本人。
ニースに来てすぐのころからおつき合いがある。

不平不満を吐き出してすっきりしして帰途につく。
吐き出されたほうは大丈夫だったでしょうか。

ほんとうにいつもすみません。

帰ると、昨日一日繰り上げて出張から戻った夫が
洗濯機をまわしてくれていた。

洗濯物を干してブラウスの続きを少し縫う。
何かを少しずつ縫う時間が楽しい。

朝、テリヤキチキンを仕込んで焼くだけになっていたのだが
今夜は長男が不在、長女が不在、次女がダンスで帰りは十時。

そうわかったとしてもおかずはテリヤキチキンなのだからと
お気に入りのサラダを作りにかかる。

ヒヨコマメ、黒豆、小豆、玄米、キノア入りの自称「まめまめサラダ」。

そのサラダを混ぜているところに夫が登場して
「今日は何?え、チキン?ボクはこのサラダとオムレツで充分」
などとのほほんとのたまう。

むっ。としつつ、なんだかもう誰も食べないと思えてきたチキンを焼くのが面倒になり
チキンは明日に持ち越し。
まあ、味がしみてさらにうまくなるだろうと思うことにする。

夕飯時はだから、夫、三女、わたしの三人。

「今夜はパパのリクエストでオムレツとサラダだよ」
と三女に言うと、「オムレツならラーメンがいい」
などどこれまたのほほんとのたまう。

ダンスに出かける次女に「キミはオムレツ?それともラーメン?」と聞くと
「(ラーメンに入れる角煮の)肉がないならオムレツ」
ととことんのほほんとのたまう。

横で三女が「ママは今日レストランだよ」。

夕飯に色んな注文をつけてくる輩には
「ウチはレストランじゃないんだぞ!出てくるものを食べるべし!」
と言うことにしているのだ。

「そうです。今日はママはレストランをします。お代をいただきますよ」
と言ってやった。

わたしはサバの缶詰を開けてたまねぎと炒めて卵とじ。
なんだなんだ、自分にいちばん手間をかけている。

サラダは安定したおいしさ。

こんな日もある。

















写真は三年前に揚げたコロッケ。中身?覚えてない。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








by kyotachan | 2018-06-02 03:10 | 日 常 空 間 | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30