jeudi ジュディ/ 木曜日

f0136579_23295077.jpg

アルバイトが火~土なので、
木曜日になると週の山を越えたなと思う。

今日も朝はどんより曇っていた。
出かけに同じアパートのマダムが
「今日はかみなりらしいわよ。わたしは傘を持って来たわ」という。

わたしも折りたたみ傘をリュックに入れていた。
ここのところコートダジュールらしくなく、雨がよく降る。

蒸し暑い気がして何も羽織って出なかった。
風が吹くと涼しいを通りこして肌寒いくらい。

今日はバイト先に日本人の友人ふたりが食べに来てくれた。
日本に一時帰国されたばかりでおみやげまでいただいてしまう。

いつもほんとうにありがとうございます。

バイトが終わって帰る時間には空はすっかり晴れ渡り
帽子を持ってこないことを後悔するくらいだった。

朝、マダムの言っていたかみなりの予報はすっかりはずれたらしい。

そうそう、
昨日、三女が帰ってきたら je t'aime ジュテーム と言おうと思っていたのだ。

いざとなると小っ恥ずかしさが先にでて、
「ソラさあ、ソラさあ」
から先が続かない。

「何?呼ばなかった?」
と言って行ってしまおうとするので

「呼んだ呼んだ、ソラさあ、最近朝、je t'aime maman ジュテームマモン て言わないよね」

と言ってしまった。
そうじゃなくて、自分から言おうと思っていたのに。

作り笑いをした三女、je t'aime maman ジュテームマモン。
mais alors quoi メ アロー コワ/ ったくなんなのよー
と言って行ってしまった。


















写真は三年前。友人が七夕をして遊んでくれた。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-05-31 23:31 | 日 常 空 間 | Comments(2)

f0136579_23423141.jpg

今朝は昨日と一変して朝からどんよりと曇っている。

起きてまずするのはコップ一杯の水を飲むこと。
これはもう数十年来の習慣。

今ではこの時に血圧のクスリを飲む
というあたらしい習慣が加わった。

そして三女のサンドイッチを作る。

食パン二枚にマヨネーズをうすくぬり、
薄切りのハムとサラダをはさみ、それを半分に切る。

三女を起こす。

ウチの朝食は完全なセルフサービス。

子どもたちが小さいころは何かしら作っていたのだけど、
いつの頃からか、わたしの出すものに不平不満を言うものが出てきて
それなら勝手に食べなさいという形になった。

ビスケットと牛乳のもの
トーストにカフェオレのもの
シリアルのもの

それぞれ好きなものを食べている。

三女だけときどき、夜寝る前に
「ママ、明日はコレコレを作って」
と言いに来る。

コレコレとはごはんにハムエッグをのせたものだったり
ごはんに生卵をのっけたたまごごはんだったり
ホットショコラだったり
今日みたいにサンドイッチだったりする。

つまりはちゃちゃちゃっと出来てしまうものばかり。

起きてから注文するのではなくて
前夜、寝る前に注文してくるあたり、けっこういい子なんである。

さてわたしは三女を起こしたら腰痛予防のストレッチをする。
かれこれ五年近くは続いている。

最初はほんの五分、十分のストレッチだったのが
今では三十分以上はかかるストレッチになってしまった。

腰が気持ちいい、と思うストレッチを自分で組み合わせている。
おかげさまで今ではよほどの疲れが出ない限り腰痛はない。

ストレッチの途中で三女の出かける時間になり
三女のところへいってビズ。

最近はもう三女から来てくれることはなくなってしまった。

両ほほ、くちびるに五回、鼻、おでこ。
計九回のフル・ビズ。

今日は水曜日で学校は半ドンだけれど、
そのままお友達の家へ行って一緒に宿題をするという。

遠方のお友だちだから、もうひとり一緒に行くお友だちのママが
帰りは家まで送り届けてくれるという。

その子は学校のそばに住んでいるらしい。

「じゃあ、学校のそばのトラム駅まで送ってもらってそこからはひとりで帰っておいで」
というと、きょとん、としている。
「わかった?なんとかちゃんのママにめいわくがかからないようにそうしようよ」
というとやっと通じた。

bonne journée maman! ボンジュルネマモン/ ママ、いい一日をね
と言って出て行った。

そういえば最近、je t'aime maman ジュテームマモン て言われてない。
今日帰ってきたらこっちから言ってやろう。

je t'aime Sora !
















写真は六年前の三女。このころはまだおひざに乗ってくれていた。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-05-30 23:47 | Comments(4)

mardi マアディ/ 火曜日

f0136579_00422470.jpg


昨日は一日中蒸し暑くて雨がぱらついた。
夜になってからも雨が降っていた。

今朝はその雨で空気が洗われたような気持ちのいいお天気。
太陽もすでに照りだしていて暑くなりそうな予感。

白いブラウスにピンク色のGパン。
上着はなし。

帽子をかぶってリュックを背負う。
足元はニューバランスのバスケット。

十代の頃から変わらないこのスタイル。
けして誇らしく思っているわけでない。

十代の頃はそれが自分らしい格好だった。
五十代のいまは、楽な格好を追求した結果がこの格好なのだ。

今日は気持ちのいい風の吹く一日だった。
バイト中、わきを持ち上げて風がそこを通るのを楽しむ。

一年でいちばん気持ちのいい季節。

家に戻って洗濯機を回したら、ブラウスを縫うことを思いつく。

素材不明のてろん、としたはぎれでブラウスを縫ったら、
縫いにくいことこの上なかったのだが、それがものすごく軽くて涼しいのだ。
たぶん、レーヨン百パーセントだろう。

同じようにてろん、としたあまり布で、同じパターンのブラウスを。
裁断をして、あとは後日に。

三女が帰ってきて風呂場に直行した。
暑くて汗だくだからシャワーを浴びるという。

初夏に向かっている。
晩ごはんはぺペロンチーノ。


















写真は五年前のぺペロンチーノ。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ







[PR]
by kyotachan | 2018-05-30 00:46 | Comments(0)

lundi ランディ/ 月曜日

f0136579_21082586.jpg

夫は早朝、一週間の出張へ出かけた。

六時前にドアの閉まる音がし、
いってらっしゃいも言わなかったなとベッドの中で思う。

三女を起こすのに起きたら、次女はもう起きていた。
寝起きがいいのは長女と次女、わるいのは長男と三女。

長女と次女は夫に似て、長男と三女はわたしに似た。
半分半分でちょうどおあいこだ。

三女が最初に出て行き、次女がそれに続く。

長男のクラスはバカロレアに向けて復習授業が続いており
「自分でやったほうがいい」という長男は
授業には出たり出なかったりしている。

図書館にひんぱんに通ってはいるが、
自宅で勉強している姿はとんと見ない。

フランス語では「勉強する」は「働く」と同じ動詞、travailler トラヴァイエ を使う。
ちったー働けよ、と言いたいのをぐっとがまんして
ジロリとにらみつけるだけのしておいた。

今朝はめずらしく長男、八時すぎに起きてきて学校へ行った。
一時間ほどで戻ってきた。

長女は昨日、ボーイフレンドと一緒にウチでごはんを食べ、
そのまま映画へ。お泊り。

つかの間のひとりの時間、
昨日裁断しておいたワイドパンツを縫う。

ひとりの時間がいちばん好き。

と思えるのは家族のおかげだ。
と思うことにしよう。

















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
by kyotachan | 2018-05-28 21:20 | 六 人 家 族 | Comments(4)

prix プリ/ 値段

f0136579_01030975.jpg


フランス産白ワイン、ビオのマッシュルーム、トイレットペーパー12ロール。

値段の高い順番に並べてみてください?

並べましたか?










この三つ、同じ値段なんです。
いくらでしょうね?










1.99ユーロ(約255円)でした。














Lidl の1.99ワインにはまり中。この他に三種類くらいある。けっこううまい。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
by kyotachan | 2018-05-24 01:12 | た の し い | Comments(2)

règles へーグル/ 生理

f0136579_00284063.jpg

毎度びろうな話ばかりでおはずかしいのだけれど、
このブログには最初からずっと、好きなことを書き散らしてきたのだ。
こうなったらもうとことん、書きたいことを書いちゃうもんね。

生理である。

十二のときに初潮をむかえたから今年でちょうど四十年になる。

とはいっても妊娠中と授乳中は生理は来ないから
二年くらいは生理の空白期間ができる。

次女と三女のあいだには生理がなかった。
生理を待っていたら妊娠していた。

いまから思うとそれは、生理から開放されたすてきな数年間だったのだ。

長女の卒乳のあとか、あるいは長男のそれだったか、
久しぶりに生理があり、生理ナプキンを買いに行ってびっくりしてしまった。

それまでは生理ナプキンといえばロリエと決まっていた。
それが突然、といっても実際には二年くらいの開きがあったのだろうが、
なん十種類ものナプキンが売られていて、売り場でほんとうに困惑した。

けっきょくほんとうに頭が痛くなって、その足でママ友に相談した。
「高いけど絶対にいい」というナプキンにした。
ウィスパーだったかな?

ニースに来てからは Always を愛用。

フランス語で生理は règles へーグル という。
語尾の s をとると発音はそのままで定規という意味になる。
きちりきちりと測ったようにやって来る、からそう呼ばれるのか
語源のゆえんはわからないけれど、
わたしの生理は最初からいままでずっと、基本的に不規則なままだ。

最初のころ、何度パジャマ、およびシーツを赤色によごしてしまったことか。
それも一度として自分で洗濯したという記憶がない。

母親に報告しさえすれば、それはいつの間にかきれいにされていた。
なんということ!

お母さんありがとう。
とお礼をいった記憶さえない。

いやほんとうになんということ。

生理痛は激しいほうで、学校を、中学校のころだと思うが、生理を理由に休むことがあった。
下腹に来る、なんともいえない重たい痛みで、母親もそうだったらしく、「しょうがなかね」と休ませてくれた。

その頃よく言われたのが「結婚すれば少しは楽になるよ」だった。
結婚すれば、というのはつまりはあれをすれば、ということなのだな、
と思ったのだけど、つまりはこの場合の結婚、というのは出産をさしていたらしい。

経産婦になって確かに、生理痛は軽くなったかもしれない。
そして何度かは、比較的規則的に生理が来たことがあったかもしれない。

それでもわたしの生理は一日目の出血がいちばん激しくて、
だから相変わらず下着をよごしてしまうことは多かった。

そして最近、ここ三年くらいだろうか。
出血量がそれまでのものより増えた。

痛みもしばらくは軽くなっていたのだけれど
ここへきて再び重くなった気がする。

それも不思議なことに生理のはじまる前々日か前日に痛みがはじまって、
「お、これはいらっしゃいますね」と生理の到来が予期できるようになったのだ。
いままではそんなこと、これっぽっちもなかったのに。

そしてなんだかこんなこといままであったっけ?
と思うほどに、トイレで血まみれになってしまう、という場面が増えた。

量が多いからタンポンを使用することも多いのだけど、
そのタンポンを引き出すときに血の重みでタンポンがたわんで
便器から床から下着からGパンまで血にまみれてしまったことがある。

なななな、なにこれはっ???

一瞬にして血の海と化した小さな個室で
情けないやら悲しいやら途方にくれる五十をすぎたオレひとり、いま、ここ。な状態。

タンポンで血を食い止め、便器と床の血をトイレットペーパーでぬぐい、
Gパンを脱ぎ、下着を脱ぎ、そろりと廊下をのぞいてから、
そのままの格好で風呂場で衣服を水洗いする。

誰か殺したみたいやん。

いやもう、ほんと、なんでこんなことになってるのん。

さらに信じられないことに、こんな悲惨な目には一度あえば充分なのに
トイレ中が血に染まる、ということがこれ以降何度もある。
まじでなにやっとるの、という感じ。

さらに気がつけば、生理の間隔がひと月に一回どころじゃなくなっている。
いつも二十五日くらいで次の生理がやってくる。

間隔が広くなるならまだわかるが、狭まるってこれは。

最後のあがき?

毎月カレンダーをにらみつけて先月は十日にはじまったから今月は、
などと日数の計算をおこたらず、かばんの中には常にかえのパンティ一枚、ナプキン。

準備万端ととのえていたら、今月はひと月を一週間こえてもまだ来ない。
おおっ。ついにオレにも閉経というものがやって来たか。

と身構えていたら下腹部にどどどどーん、と鈍痛。

お、来るか、来るか、と待つこと二日。
今月もまた、やってきた。

血が流れ出す前の痛みが激しい。
流れ出すと痛みも和らぐ。

や、すみません。
ほんとうにびろうとしかいいようのない話。

という、おちなし、徳なし、得はもっとなし、の話でごめんあそばせ。


















写真は2013年の公園。ぼんやりと見えるのは我が家の三人のレディーたち。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-05-17 01:32 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(6)

f0136579_22455765.gif
五月三十日月曜日午前八時。

ついにこの装置、日本語でもフランス語でもなんて呼ばれているのかは知らないが、
二十四時間携帯して、血圧を勝手に測ってくれる装置をつけた。

もっとスマートで軽量で何も感じない、くらいのものを想像していたのだが
かなり、うっとおしい装置だった。

左腕上腕部に巻いた、あの医者のところで測るときに使うのとほぼ同じようなの。
そこから管が出ていて、それがベルトに通された器械につながっている。

ほぼ十分おきに器械が作動して血圧を測る。
腕にぐぐぐぐぐ~っとかかる感じが、十分おきにやってくるのだ。

こりゃたまらん。

ほんとうはアルバイトのある日につける予定だったのだが、
これじゃあとてもじゃないが仕事はできない、
というのでわざわざアルバイトが休みの日に予約しなおした。

それにしてもこりゃあたまらん。

なんとか乗り切れたのは
ちょうどわたしより十歳年上のフランス人の友人が
奇しくもちょうど十年前にこの装置をつけた、と話してくれたからだった。

「あら。わたしはつけて働いたわよ」

というのには驚いた。確か看護婦さんをしていたはず。
ま、いいや。わたしは休みの日だって家の中の用事でけっこう忙しいから。

「十年前から血圧の薬、飲んでるけど全く問題なし。心配しないで大丈夫よ」

とも言ってくれた。

ぐぐぐぐぐぐ~っとくるとき、けっこうな痛みがある。
一度測って、すぐにまた二度目の測定が来る。

そのたびに「痛い~」となるのだが、
何か作業をしていたり、料理中だったりするときにはそのまま続行した。

こんなのが襲ってきたら夜は眠れるのか?
と思っていたのだけど、
来るたびに目は覚ますのに、すぐにまた眠ってしまった。

食事は普段どおり。
ワインも普段どおり。
お酢は飲まなかった。

そして今日、結果をもらってきた。











f0136579_22312923.jpg






f0136579_22314046.jpg

想像をはるかに超えた驚きの結果。

つまり夕方からの平均値は175ですよ、と。
眠っている間は200を越えてますよ、と。

かなりの高血圧者だったオレ。
最近はアルコールの量が減ったせいか調子がものすごくいいのだけど、
だけどもう、クスリちゃんに頼っちゃうもんね。

だってだって高血圧の別名はサイレント・キラーというのだって。
まさしく夜眠っている間に殺されてしまうわ高血圧くんに。

頭痛くんが高血圧くんの存在を教えてくれて
結果的にはこれでまた寿命をのばすことになってしまった。

なってしまった、はないか。
ああありがたやありがたや。


















強がっている?いやいや医者は「これさえ飲んでれば九十まで生きられるよ」と言うのだから。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-05-07 22:47 | プチ闘病記 | Comments(6)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31