f0136579_20391637.jpg

こんなに遠目からでも「あ、いた!」てわかった。

エキサイト時代に仲良しになって、今はノートに引っ越しちゃった。
知る人ぞ知る、シノブワダ。基、ワダシノブ。イタリアのトリノ在住。

「明日、ニースに行くんだけど、会えるかな」
そんなメッセージが入ったのが去年の五月。

ニースの五月といえば写真を見てもわかるとおり、ほとんどの人ははだかで街を歩いている。
それくらい暑い、五月のある日だった。

ニースのホテルに着いたワダシノブとはじめて電話で話した。
顔も知らない相手だし、声を聞くのだってもちろんはじめて。
それなのになんなの?この、旧友と話しているような感覚は。

「だんなが、今日はかんべんしてくれって言ってるから~明日にしよっかな~」

イタリア人のご主人、超のつく、人見知りらしい。
なんとなく知っていたけど、まじでそうなのかよ!

「よしよしじゃあ、そうしよう」

翌日の日曜日に会うことになった。
電話が使えないから、メッセンジャーで、とぎれとぎれに連絡しあいつつ、海沿いで待ち合わせ。

こちら側はフランス人の夫がついてきた。
どうなるよ、会話に使う言語は?














f0136579_20394252.jpg

ワダシノブ、想像していた顔とは違ったけど、でも旧友に再会したような感覚はずっと続いている。

午前中にシャトーには登っちゃった~、というので、ヴューニースの中をぶらぶら。
時間はちょうどお昼時で、でも日曜日のお昼は知っているよさげなお店はどこもやってない!

歩きながらわたしとワダシシノブ、ふたりの天使たちとは日本語で、夫同士は英語で会話。
なんとかなっとるやないけ。

ワダシノブが描くご主人を見て、もっとひげもじゃらのじじいを想像していたのだけど、
実際は若くてかっちょいーやんけー。おいこら。ワダシノブ!










そして画面にう~っすらと登場するふたりの天使たちは
画面で見るよりも数倍天使度が高い。

姉天使の髪型にモエ~。
わたしはこのふたつに結えた髪型がどうしても好きなのだ。
五十を超えてもしたいくらい。

「きょうたさん、きょうたさん」って、姉天使、かわいすぎ!

弟天使がこれまた絵に描いたようなオトコノコ~。
海沿いの広い歩道を、あっちゅーまに見えなくなるまで走り去ってしまった。

「ワダワダ、人さらいは普通にいるっちゅー話だよ。見えなくなるのはまずいよ」

あわてるわたしに、余裕の笑いを見せるワダシノブ。

「姉天使、ほら、弟天使を連れてきておくれ」

わたしのあわてように走る姉天使。

ふたりして全速力でわたしたちのところへ戻って来る。
きゅん!

ほっとしているわたしの隣でワダシノブが言い放つ。
「いいもーん。さらわれちゃったらお母さん、またスーパーに子どもを買いにいくもーん」

!!!!!
なんてことを言うんだ、ワダシノブ!!!









ぷらぷら歩いた先にある、ニース料理のファーストフード店、みたいなお店でお昼を取った。
弟天使がいち早くいちばんおいしいお皿を自分のほうにひきよせた。
いいぞいいぞ。それこそ天使。

わたしは「トリノには無印があっていいなあ」みたいなことを言ったことがあるのだが、それを覚えていてくれたワダシノブから、なんと!
無印のノートとペンをもらった。涙。










そしてやはりワダシノブが行きたいのは美術館なのだった。

マティス美術館へ案内するも、その日は五月の日曜日。
あいにく五月祭りの真っ最中で、車を駐車するスペースがどこにも、ない!

すばやくあきらめてシャガール美術館へ。
わたしとはここでお別れ。

あ!今思い出したけど、シャガール美術館の庭で、
女優のTきわTかこさんがロケしていた。
写真を撮ろうとしたら、スタッフさんに止められてしまった(どうでもいい情報)。




白状すると、ワダシノブがノートへ引っ越してしまってからは
彼女のサイトをあまりのぞかなくなってしまっていた。

ノートってなんだか敷居が高くて、見方がよくわからない。
おまけにセミプロの集団サイトみたいで一歩引いてしまう。

今になって意を決してワダシノブのサイトを、それも「文章」というところを
できるだけたくさんクリックして読んでみた。

イタリアの日常生活、広島の生活、ヒロシマ、過去の自分、今、そして未来のこと。
けっこう色んなことを書いていた。
イラストだけが武器じゃなかったのね?

子どもの目の前で「お母さん、また子どもをスーパーに買いにいくもーん」と言えちゃうのも、
子どもを愛している土台がしっかりしているからなのかしら。

ワダシノブは感じている愛情をほらこれがワタシの愛情よ、という見せ方をかっこ悪いと思っているのじゃない?
あるいは逆に、ものすごく辛いことをわたしってもう辛くて辛くて、とことばにしてしまうのも嫌いなのだ。違うかな。

だけど行間から、イラストのはしっこから、そのワダシノブのからだの奥底~にある感情が、じわじわっとにじみ出ている。

人ってさあ!ねえ!こんなもんだよ、ねえ!

そうそうそう、きっと、ね。

読みながら思ったのがだから、
……、えー!なんだかめちゃくちゃおもいしろいじゃないのワダシノブ!

キミねえ、イラストレーターなんだからね、あんまりおもしろい文章を書くのはやめてよね(本音)。

また近いうちに会おう!
マティス美術館にも行かなくちゃいけないし!

















f0136579_20400622.jpg

<過去の会はこちら>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回
◎第六回
◎第七回
◎第八回
◎第九回
◎第十回







あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。












にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-01-02 00:08 | ひのえうまの会 | Comments(9)

第十回ひのえうまの会










f0136579_0385086.jpg

おととし、2015年の秋にブログ友だちの Hazz さんが友人の麗子さんとふたりでニースに来てくれた。

パリに行くついでにニースまで行くわ、と連絡があったのはそのほんの数日前で、
えっ!なんで?ほんとに?うそっ!
とこちらははっきり言って動揺した。

Hazz さんとはリアルに面識があるわけではなく、家族にわたしたちの関係をわかってもらうのが面倒でもあった。

ネット上だけで知り合った関係。
これって、どうよ?実際。









わたしの心配をよそに、彼女たちはさっそうとニース駅に降り立った。

わたしは駅でおふたりをお迎えしたその瞬間から
長年会っていなかった友人と会うような錯覚におちいった。

わたしたちはその夜、我が家で一緒にラクレットを食べた。

今ふり返れば、これこそが「ひのえうまの会」の実現シュミレーションだったのだと思う。

ネット上だけのおつきあいだけど、だけど、会いたい人たち。
何も知らないけど、でも、何でも知ってる、気がしちゃう。









五十を迎え、六十になること、本当のひのえうまの年を迎えることが、途端に現実味を帯びてきた。

会員になってくださった中には、そんなものにはとっくに興味をなくして、その存在さえ忘れ去っている方々もいるだろう。
わたしの方ではそれは全く気にしていないし、そのほうがよっぽど気が楽、と思う気持ちも正直に言うと、ある。

一方で、ほんとうにニースに来てくださる方がいれば、わたしはできる限りもてなしたいなと思う。

華やかに見えるニースの暮らしが現実には全くそんなこととは無縁な生活を送っていること、
家族六人和気あいあいと見えるわたしたちがいつもそうなんじゃないということ、
実際にお会いしたらがっかりさせてしまうことはたくさんあると思う。

それでも、ぜひ、わたしたちに会いに来て下さい。
そして一緒に集合写真を撮りましょう!思いっきり笑えるやつ!

ここから先、十年の間に、あるいはそのあとの十年の間に、ニースへ来てくださった方々と、
それぞれに「ひのえうまの会」を開催できたらなと思います。

ニースはよかとこよ。
一度はおいで!











<過去の会はこちら>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回
◎第六回
◎第七回
◎第八回
◎第九回














すっかりでおくれました。あけましておめでとうございます!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

今年もどうぞよろしくおねがいいたします!

[PR]
by kyotachan | 2017-01-03 01:12 | ひのえうまの会 | Comments(11)

第九回ひのえうまの会








f0136579_2339234.jpg

さる年、あけましておめでとうございます。

自らニッポンザルを自称するわたくしキョータ。
二年前に年女だったにもかかわらず再度年女のめぐってきたような錯覚を覚える今朝。

年女になったつもりで充実した一年をおくろーっと。
ひのえうまの会もついに九回目。

あら。キョータのラッキーナンバー、九!
今年はやっぱりいいことあるかもー!

新会員さんのご紹介です。

42. 村人生活 @ スペイン の cazorla さん。
キョータ、去年ご近所に姉さんができちゃったの。地球規模で見たらフランスとスペインは超ご近所でしょ。お子ちゃまは三人。美男美女の一女二男。すばらしいところはご本人も含めて全員が楽器を弾くこと。そのせいか文化的な造詣が深くてキョータには難解で読めない記事が多い。そして脳腫瘍で手術の経験をされている。死の近くまで行かれたせいか、すっかーん!と抜けた感じがいいの~。ね~おねえちゃ~ん。>おいおい。

ご入会に感謝いたします。

驚愕すべきことはこの九年間、毎年新しい会員さんが必ず入会してくださてっていること。
来年はぜひ、画面の向こう側のあなた!ご入会お待ちしています!!!










めざすは会員百人! >よおっ!



入会希望者随時募集中!



2026年、ってことは十年後だ!

ニースに全員集合!








<過去の会はこちら>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回
◎第六回
◎第七回
第八回













写真は元旦のお昼に食べたおにぎり。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

サパン?ええええ、まだまだ飾っています。


今年もどうぞよろしくおねがいいたします!
[PR]
by kyotachan | 2016-01-01 23:59 | ひのえうまの会 | Comments(8)

第八回ひのえうまの会



f0136579_2314993.jpg

……、とうとうむかえてしまいました。
新年を。うま年ではない、ひつじ年を。

数分前までは年女だったわたしが、今はもう、ふつうの女。
ちぇ。年女のうちに奇跡を起こす予定だったのに。 >!

一月一日は知らずと知れた、基、知っている人だけは知っている、
ひのえうまの会の日。

この会もいつの間にかもう八回目。
八の字のごとくこの先も末々に、広がりますように。











去年はうま年で、わたしはひそかーに力んでいた。

今年はわたしは年女である。
だからして、ぜったいにいい年にせねばならぬ。みたいな?

ひそかに力むって、けっこー疲れるものなのね。
なんだか力んだ分だけ最初っから疲れてしまって、ブログの更新も怠りがちだった。

わたしの場合、他ブロガーさんのブログ更新が怠ると
「ああ、きっと実生活が充実してるんだろうなあ。ブログなんかにはかまってはいられないほど」
と思ってうらやましくなったりするものだけどわたしの場合は逆だった。

「ブログ?ああ、なんか、あったよね、そんなやつ。だけどさー、今日はなんだか疲れたから明日に備えてでれでれしよーっと。だって今年は年女だもの。絶対にいい年にしなくちゃいけないの。だから今日だけ今日だけ~でれでれでれでれ~」
な毎日になってしまっていた。
こんな時って一年が一日一日の積み重ねということは棚の上のほう~へ放り投げてしまってまるで見えない。

力むと、それもひそかに力むと、ろくなことがない。
ということを去年、一年かけて習得したわたし。

さあ。
ことしはけして力むことなく、熱くなるわ。

この熱い思いが一年、続けばいいが。
羊のあのもくもくした毛、が、煙にも見えなくはない。

羊→煙→熱い。

……、なんか今年もつまらないことをひとつだけ習得する一年になりそうで今からこわい。










今年は大収穫の年。
なんと、五人もの新・会員さんが!

八年目にして五人増える、て、ものすごーいことだと思うがどうか。
実はおひとり様、去年入会してもらうつもりが、力みすぎているわたしが失念していたの。

ごめんねごめんねごめんねー。
力むとほんと、ろくなことがないわ。

今年は大丈夫よ。
力んでないもの。熱くなってるだけ。

さあ、そこのあなた!
熱い厚い暑い篤いアツイひのえうまの会にぜひご入会を!

あ!わたし、入会するーって、ばかきょうたに伝えたのに、リストに入ってないー!ばかばかばかばかばかー!
という方、今すぐにご一報を。
きょうたはばかなんです。すぐに忘れてしまうんです。何度も言ってくれないと覚えられないんです。
おねがいよー!



《2015年・新会員さん》


37. 40 ans à Paris § 40からのパリ のラパンさん。
パリ在住日本人の中でもっとも美しい人の中のひとり。>会ったことないけど絶対に美しいはず。すてきなお店でフランス人相手においしいチョコレートを売りまくっているスペシャリスト。フランス語で小説を読む。フランス語で映画を見る。かと思うと日本の古典に思うところあったりする。美しいだけではなく、なかなかのインテリなのである。


38. dorami さん
神戸在住のフランスをこよなく愛するマダム。渡仏経験が豊富で今もネットで TF 1 のニュースを見るほどフランス語の上達には余念がない。今年定年するご主人に世界一周のクルーザー旅行に誘われてそれをきっぱりとお断り。「そのお金でコートダジュールに語学入学させて~」と訴えたらしい。すごい。わたしなら絶対にクルーザー!!!


39. イタリアの生活(地味め)の和田忍さん。
プロのイラストレーターさん。イタリアマダムをこよなく愛する。ふたりの天使のままでもある。死をこわがる息子に「おまえは死なないから」と言い切る、いい加減な子育てをのびのびとやっておられる。わたしもいい加減だけどしのわだには負けるな。だっておいら、人間だもん。おいらの子どもたちも人間だもん。死ぬでしょやっぱり。とびきり若い会員さんだから会開催の折には思いっきり走り回ってもらいます。ははっ。


40. 奈良在住 naratoko さん
わたしは本が好きで、読書が好きで、それを恥ずかしげもなく口外しているわけだけれども。いやもうすみませんごめんなさい許してください。naratoko さんのブログを前にすると自称「読書家」のわたしがいかにまがいものかを思い知るのです。これほどまでに、一冊の本の前で真摯な態度を取る人をわたしはほかには知りません。「真の読書家」さんです。


41. 粉と卵とボク のピロコ先生
この会はじまって以来、ニースまではるばる、入会の申し込みに来てくださった奇特な方がこのピロコ先生であります。ご存知、粉の神。あ、女神、か?粉さえあればねえ、あーた。何でもできるのよ。いちごのショートケーキ?ガトーショコラ?ドーナツ?ベーグル?たこ焼き?バゲットにパン・カンバーニュにチョココルネ?アメリカンドックにそれからそれから……。ああもう、今すぐ、オレんちに来てくれー!



ご入会、たいへんにありがとうございます!
こんなすてきな方々に仲間になっていただいてきょうた、感無量。










めざすは会員百人! >よおっ!

百人まであとわずか五十九人。

あと十二年で五十九人。

てことは一年に約五人ずつ!

よっしゃー!やったるでー!

みんなー!集まっておいでー!





入会希望者随時募集中!





2026年、ニースに全員集合!
















<過去の会はこちら>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回
◎第六回
◎第七回












にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-01-01 00:09 | ひのえうまの会 | Comments(9)

第七回ひのえうまの会









f0136579_2230562.jpg

六十年に一度だけめぐってくる干支・ひのえうま。

だから厳重にいうと今年は年女じゃないのだけど
だけどやっぱりうま年はうま年で、今年はわたしは年女なのだと思う。

実態のないブログの世界の中にさらに実態のない会を作ってしまい
年数がたつごとにこの会のメンバーさんの事情も色々と変わってきてる模様。

どうする?
と思うけど、毎年メンバーが増えているのだもの、続行でしょう、続行!

ことしはうま年。

これを機会にまったく別の干支のあなたもご入会、いかがですか。なーんてね。



《2014年・新会員さん》

36. 北関東に土地をゲット。そこに山小屋を建築(中?)。几帳面な方みたい……。 
飛梅さん













めざすは会員百人! >よおっ!





入会希望者随時募集中!





2026年、ニースに全員集合!





気の早いひとは今年でもオッケー! >え!










<過去の会はこちら>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回
◎第六回




あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくおねがいいたします!































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2014-01-01 22:43 | ひのえうまの会 | Comments(17)

第六回ひのえうまの会




f0136579_2065338.jpg

あけましておめでとうございます。
一月一日、ひのえうまの会の日でございます。

......え?そんなんまだやってたの?って?!?!










......。
......。
......。
......。
......。
















やってます!














今年の新会員さんはなんと!














六人!第六回に六人!















ご入会に感謝感激あめあられです!!!
新会員さんをご紹介いたします!


《2013年・新会員さん》

30. 世界中、色んなところへお出かけ。近場にもまめにおでかけ。だけど手仕事もおこたらない。すごいです!
インディアンとウチナーンチュのjunko73oz さん

31. ていねいに毎日を送るふたりの子どもたちのママさん。どんなことにも誠実に向き合う姿がすてきです。
やさしい時間の juliavonlea さん

32. 海外で活躍する日本語の先生。ことばに対する造詣深し。
すべてはひとつ・All is One の kyoko 0504 さん

33. オレより数倍男前のお方。だけどねーお母さんの愛はだれにも負けんとよ!子どもたちと関わるお仕事をされています。
ほくろの魔女さん

34. 九州は博多在住ミュージシャン一家。男の子ふたりのママ。ご主人と仲がよすぎなのー!
テキトー*DE *NON ビーリ の hakata_pari_kyoto さん

35. 我が稚拙ブログを熱心に読んではほろりとするコメントをくださるふたりの子どものママ。
かこままさん




















めざすは会員百人! >よおっ!





入会希望者随時募集中!





2026年、ニースに全員集合!





気の早いひとは来年でもオッケー! >え!

















<過去の会もけっこう楽しいよ♪っつーか、ほかの会員さんの顔もぜひのぞいてみてください♪♪♪>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回












本年もどうぞよろしくおねがいもうしあげます!










































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-01-01 00:09 | ひのえうまの会 | Comments(14)

第五回ひのえうまの会







f0136579_2220082.jpg

ひのえうまの会。

六十年に一回しか巡ってこない干支、ひのえうま。
わたしはこの、ひのえうまの年に生まれました。

ひのえうまに生まれついた女は夫を尻にしき、
しまいには夫を食い殺すともいわれています。

われながら恐ろしい年に生まれてきたものです。
この先、殺人犯にならぬよう、気をつけて生きていかねば。

そんな年ですから、前年と後年にくらべて、
実際に出生率が低いのです。










ひょんなことから、わたしの周りにいるひのえうま年生まれの人たち(とひのえうま年生まれでない人たち)が集まってくれました。

実態のない、だけれど、ちょっとだけ楽しい、ひのえうまの会です。

ほとんどの方々が、実際にはお会いしたことのない人たちばかりだけれど
(実際にわたしが会ったことのある人はひとりだけ)、
会ったときにはきっと「再会」という気持ちになるのだろうなあいう気がします。

わたしたちが、ほんとうに六十歳のとき、ニースで再会できたら、
やはりそれは、よろこび以外のなにものでもないだろうなあと思います。

それまで健康で、元気に暮らすこと。
会員さんひとりひとりに恥ずかしくない自分でいられること。
これはもう、人生のひとつの目標にさえなりつつあります。










今までは毎年、会員さんおひとりおひとりの紹介をしていましたが、
今年からはその年の新会員さんのみ、ご紹介させていただきます。

去年までの会員さんはこちらでどうぞ。





《2012年・新会員さん》

28. わたしはね、このウチの子に生まれたかったのよまじで。きっと今の十倍はおいしいもの、食べてるだろうな…。
Happy Days himawari_August8 さん

29. 三人の、年の差きょうだいのお母さん。今日もゆっくり、がんばっているのだろうなあ~。
ゆっくり いこっかな~ nonnkinaminnchi さん


ご入会、どうもありがとうございます!





今年はわたしのラッキー・ナンバーの29まできました。
これから先、どれだけ会員さんが増えますことやら…楽しみです。





引き続き、会員募集中。

ひのえうま年生まれの方はもちろんですが、ひのえうま年生まれでない方も誰でもウェルカムカムカムです。
何の得(徳)もありませんが、何の制約もありません。
お気軽に参加してくださいね。

その由、コメント欄にてご連絡くださいませ。









会則は


2026年、ニースに全員集合!






































写真は元旦のトレッツと龍年生まれの長男。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-01-02 23:40 | ひのえうまの会 | Comments(18)






f0136579_5381315.jpg


ひのえうまの年に生まれた不幸な(超・幸福なともいう)
やからの集まりの会です。

この年に生まれた不幸な(超・幸福なともいう)人たちに賛同する
ひのえうま年生まれではない人も多数ふくまれいます。

会長はキョータ。

会長のラッキーナンバーは、九。
すなわち、会員数が九十になるのが目標です。>あ、そうなの?ええええ、今ちょっと思いつきました。

会員は随時募集しております。
会員の特典は「ものずき」のレッテルを貼られること。

さあ!どうですか、そこの、ヒマジンさん!
会員申請はコメント欄にてその由お残しください。
自動的に来年のこの欄にてご紹介させていただきます。













【07年組】

1. 昨年末、次女ちゃんが交換留学生の試験に合格!いよいよ子離れを余儀なくされそうなリスさん。、、、がんばれー!
 C'est bon ! four-de-lis さん(副会長さん)

2. 「女優になりたい」娘ちゃんを日本へ修行へ行かせたのは去年のこと。夢?それはもちろん、かなえるためにあるのです。
 やっとかめだみゃーも bebecat さん(名誉会長さん)

3. フランスはプロヴァンス地方の本の写真を撮りました。詳しくは本人のブログでご確認を!
 stew stew stew ! gudigudi さん 

4. ご主人ののぼさんとお店を開いて、てんてこまい。のはず。どう?商売繁盛しとるかい?
 大地を撫でる風のように peixe さん

5. ニューヨーク?そこは悲しい思い出の土地ではなく、大勝利の土地です。ハッピーフラワーの名まえのとおり、しあわせの花を咲かせています。
 samantha の食卓 mrs.samantha さん

6. 去年はとにもかくにもお仕事お仕事お仕事の年でした。おいしいお菓子をひとりでも多くの方に食べていただき、そして写真もたくさん撮りました。
 のんびりのびのび sarajya さん

7. 去年、ついに「本」を出版!親切でわかりやすくてていねいなのは人柄そのものです。お菓子作りも続けています。
 今夜も eat it ! moonisup さん

8. 仕事に遊びにいつも全力投球!どこからそんなエネルギーが?!
 mixy babyface さん

9. 三人の子どもたちが憎らしい!だけどやっぱりかわいい!いつも正直にでも全力でぶつかります。
 こっそり・・・ tomatomatos さん


【08年組】

10. 寒いデンマークで仕事にファッションにいつも真剣です。
 Life crew_H さん

11. 一人息子の教育より大切なものなど何がありましょうか。ありませんとも。言い切ります!ブログ、やめるって本当?
 フィリピンで子供と英語生活 志乃さん

12. ただ今ちょっと充電中。気になることをノートに書き付けることにこっています。
 Dolce な日々 dolcevita_k さん

13. 手作りの一軒家には年中話題がたえません。えっ?!今度は何がっ?!
 ととのお家。sono-sono-house さん

14. 全力で働いたら、全力で遊びます。いつでもどこでも全力投球。これがモットーです。
 Pink ☆ frog tomokerock さん

15. おいしいもの知ってます。かわいいもの知っています。とにかく自分が好きなものがいちばんです。
 シアワセの種* pinecone さん

16. 今のブームはなんでしょう?
 teru さん

17. のんびりと旅行から帰ってきたら大好きな布に囲まれてほっとした時間を過ごします。
 Las manitas megusta さん


【特別会員さん】

18. ただひたすらにほんものを、美しいものを、正しいものを追求する毎日です。
 代官山だより♪ daikanyamamaria さま




【09年組】

19. 今日はどちらへ?世界中をかけめぐる超・行動派。
 TAKU さん

20. あら!今日の四百字はどこに?超多忙なパリ郊外在住のママです。
 よんひゃく字ヅメ masako_3filles さん

21. 雑誌の連載をして紅茶やさんではレジ打ち。好奇心旺盛なのは昔も今も変わりません。
 くーまくーま・旅の話 africa さん

22. 好きなことにはどんな苦労もいといません。
 CACHE-CACHE mamiy さん

23. 昨年はヨーロッパのほうへ「ちょっと」出かけてきました。おいしいものがあるところならどこへでも出かけていきます。
 petit bohneur brin さん

24. ひとり娘のモニカちゃんはますますかわいらしく健康に成長中。イタリア・ジェノバ在住。
 リビエラに生まれて sorese さん

25. 余暇にはヨーロッパ中を家族で駆け巡ります。タイル作家としてお教室もしています。
 *ちょっとコーヒーでも* mirasierra さん




【10年組】

26. 2026年にはテントをかついでニースに行きます!という当会初の非公開メンバーさん。

27. 海洋学科卒業後、300mのタンカーの設計をしていました。今は愛車のチャリでどこへでも参上。
ウキウキ!ワクワク! miho1722 さん










会則は

2026年ニースに全員集合!
>絶対来いよ!





第一回ひのえうまの会
第二回ひのえうまの会
第三回ひのえうまの会

























え?説明文が正しくない?あ、じゃあ、コメント入れてくださいねー。気が向いたら、訂正しますけん。>ワンマン会長なんで、そこんとこ、どーぞ夜露死苦。


この記事が終わるとようやく新年を迎えた気になるわ、ここ数年。>あ、実はニース、年明けまであと二時間ちょい。
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
恐縮です。
[PR]
by kyotachan | 2011-01-01 05:52 | ひのえうまの会 | Comments(51)


f0136579_2231466.jpg


わたしの母親は人の年齢を「数え年」でいうことが多かった
たとえばわたしの年齢を聞かれた母親が

「えーとキョータは来年数えで七つです」

などと答える
それを横で聞いているわたしとしてはその答えにどうしても納得がいかない

今年の誕生日をまだ迎えていないわたしはその時まだほんの「五才」だったのに
年を聞かれて「数えで」というまくらことばがつくにしてもどうしてわたしの年齢が「ふたつも」増えるのか

そのたびに母親は
「今度の誕生日で六才やろう?そして年が明けて誕生日の来たら七才になるやろう?年が明けたらひとつ年をとるって考えるんよ」
と説明してくれたのだがその「数え」の年というのが五才のわたしにはどうしても理解できないのだった

そんなこんなでわたしの中では「数え」の年齢は年寄りのものと片付けれられそれを毛嫌いさえしていたはずなのに
気がついてみたらいつの間にかわたしも人に年齢を聞かれるとちゅうちょすることなく
「数え」の年齢を答えるようになっていた

今は四十三だけれど今年の誕生日が来れば四十四になるのだから
そしてその日は疑いもなく「あっちゅーま」にくるに違いないのだから
やはり「来年(今年)の七月で四十四」と答えるのがより正確な年齢のような気がする

日本の学年は四月一日から三月三十一日で区切られているが
フランスでは一月一日から十二月三十一日で区切られている

子どもたちの年齢を聞かれるとやはり「数え」で答えるほうが都合がいい場合が多い
わたしも結局は母親と全く同じ風に答えているこれはわたしが年寄りになった証拠なんだろうか

今年わが家の長女は十二才になる
寅年生まれ年女だ

うわー!我が子がもう十二才?わたしが母親になってもう十二年?
なぜこんなことがうれしいのかうまく説明できないのだけど
胸がうずくようなヨロコビがぷくぷくとわき上がってくる

わたし自身は今年で満四十四才になりそして今年は平成二十二年なのだとか(今日まで知らなかった)
44 と 22 がぞろぞろっとそろったところで
2010 年の二重◎を重ねて今年もとことんよい一年になればいいなと思ういやとことんいい一年にしよう!

今日のタイトルは bonne année ボナネー/ あけましておめでとう に加えてよく言われるあいさつ文
わたしの願いもあなたの願いもこの一年で全部かなえてしまいましょう

前置きがながくなりましたが「ひのえうまの会」開催します

More
[PR]
by kyotachan | 2010-01-05 00:09 | ひのえうまの会 | Comments(48)

第二回ひのえうまの会






f0136579_6542137.jpg


今年の干支はうし

わたしの干支はひのえうま
六十年に一度めぐって来るめずらしい干支です

前回のひのえうまの年は1966年(昭和四十一年)
次にひのえうまの年が巡ってくるのは2026年

厳密な意味での年女てやつに縁がないですね笑

仲良しのブロガーさんも同じひのえうま年生まれとわかり
会を作りましょうかという話になりました

会員さんを募集したら思いがけずたくさんの方々が名乗りをあげてくださいました
ひのえうま生まれの方々はもちろんのことそうでない方々もたくさんいらっしゃいます

なんの特典もないただただ有志だけの集まりです
会合は年に一回一月一日今日はその二回目の会です←日本はもう二日だけどニースはぎりぎりセーフ!ぜえぜえ。。笑


More
[PR]
by kyotachan | 2009-01-02 04:29 | ひのえうまの会 | Comments(35)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31