ブログトップ

nice!nice!nice!

カテゴリ:た の し い( 68 )

もうひとつのノエル 2018 昼食編


f0136579_00333111.jpg

「二十五日のお昼、ジュリアンよんでもいい?」
と長女。

もうつきあって三年ほどにもなり、すっかり我が
家になじんだ感のある長女のボーイフレンド。

「いいよー」
と返事をしたものの、さて、何を食うか。

我が家の休日のお昼は好き勝手にやってもらう流儀なので
きちんと食卓にそろって食べることはほとんどない。

なんにしよーなんにしよーと迷いつつ就寝し、
夜中の三時ごろに目が覚めて、冷凍庫の鳥を出した。

なんかやっぱり、肉とか?ないとだめかなーと。









f0136579_00344993.jpg

ジュリアンはみそ汁が嫌い。
寿司につけるしょうゆも「あまいしょうゆ」。

塩辛いものが苦手らしい。
みそ汁やしょうゆが塩辛いなんて意識したことなかったけど
確かにみそ汁は塩味だし、しょうゆもしかり。

寿司にあまいしょうゆ。
長女が「まずい!」と断言するのでわたしは試したことがないのだけど、
この「あまいしょうゆ」、普通のしょうゆと並んで人気のようだ。

ふたつを混ぜて、という人もいる。
あまいしょうゆとわさびの辛味がよくあう、という人もいる。

鶏肉はテリヤキチキンに。
これだったらあまからいからジュリアンも食べるはず。

あとはフォアグラなどの残りもの、サラダ。










f0136579_00352278.jpg










f0136579_00363163.jpg

朝から「寝違えたかも」と調子の出なかった次女。
寝違えたわけではなくて、親知らずが痛んでいることが判明。

何もかむことができず、きゅうきょ、おじや。









f0136579_00373055.jpg










f0136579_00374446.jpg










f0136579_00375343.jpg











f0136579_00383330.jpg

いつの間にかサパンの下に並んでいるプレゼントの数々。
長女がジュリアンと準備したものらしい。

はあ。すごいなあ。このプレゼント熱。








f0136579_00395196.jpg











f0136579_00401158.jpg











f0136579_00405373.jpg










f0136579_00412473.jpg












f0136579_00414937.jpg

明日は歯医者だなこりゃ。









f0136579_00423276.jpg










f0136579_00431300.jpg










f0136579_00433213.jpg










f0136579_00435145.jpg

近所に髪の毛が真っ赤なサイケなマダムがやっているお気に入りの小さなブチックがある。
超サイケな見栄えなのに、接客態度は超感じがよくてそれもお気に入りの理由。
お気に入りというだけでめったに買うことはないのだけどね。

そこで調達してくれたらしいわたしへのプレゼント。泣ける。
自分では絶対に選ばない柄。こういうのがあってもいいか。

柄のグレーと髪の毛のグレーがシンクロ?










f0136579_00442446.jpg

おこづかい、ふんぱつしないとね。どうもありがとう!

















クリスマス料理が二度も続いた後に三女がひと言。「今日の晩ごはんな~に~」。
ムッとするわ。そばでもすすっていたい。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








by kyotachan | 2018-12-26 01:19 | た の し い | Comments(11)

joyeux noël 2018


f0136579_23143205.jpg

アルバイトの休憩時間に戻ってきてテーブルセッティングをする長女。












f0136579_23144892.jpg

クリスマスとか誕生日とかイベント行事には命がけ。













f0136579_23153937.jpg

今年は久々に海老にしてみた。










f0136579_23181639.jpg

長女の帰りを待ちつつ、次女がタルチン作りなど。











f0136579_23164331.jpg

お腹ぺこぺこ。のどはからから。
食らいつき体制は万全。












f0136579_23170381.jpg

こういうのはちょこっとあればいいの。
たまに食べるとおいしいエスカルゴ。











f0136579_23172751.jpg

わたしはどうでもいいと思うのだけど
夫は必ず、決まったお惣菜屋さんで買ってくる。
Bouchée à la reine ブッシェ・ア・ラ・レンヌ

パイだけ買って、中身は作ろうか?
と言ってみるのだけど、これはわたしには作れないと思われている。
いや、作れるよたぶん……。










f0136579_23175525.jpg

まちがいなくうまいエビフライ。










f0136579_23195573.jpg

はしっこが人気。










f0136579_23200878.jpg

ぎゅうぎゅうつめすぎて炸裂した細巻き。










f0136579_23201903.jpg

なんちゃってにぎりずし。









f0136579_23215385.jpg

なんだかんだいって仲良しな長女と長男。










f0136579_23223106.jpg












f0136579_23225779.jpg










f0136579_23273132.jpg










f0136579_23284004.jpg










f0136579_23295527.jpg


きょうだい同士でプレゼント交換。
ビズビズ。









f0136579_23300794.jpg











f0136579_23302611.jpg

長男にもらったアイマスク。

三女は父親にはエレキギターをもらった。
家中にひびき渡るエレキの音、いま真っ最中。



















食った食った、飲んだ飲んだ、この日が終わるとほっとする。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-12-25 23:57 | た の し い | Comments(4)

また来たい、山の一日。






f0136579_17440578.jpg

ピクニックしよう、と提案してくれた次女を「出たがり派」とするなら
長男と三女は完全に「引きこもり派」。

連日友人たちとビーチに通う次女のこんがり焼けた肌に対して
このふたりの肌はまーっしろけっけ。

普段から食料品の買い物とか、ビーチとか、次女はほいぼいよろこんで付き合ってくれるのに、
長男と三女は、家の外にでることにはまったく興味なし。

この日もこの二人が一緒に来たのはただただ「レストランで食事」という条件つきだったから。

内心はだから「レストランはずしたらどうしよう」という不安があった。
夫とてそのへんは心得ているらしく、だから出かける前にきちんとチェックも怠らなかったのだろう。

六人がみんな大満足の昼食ができてほっとしたところ。

レストランを出るとひとりひとりが口々に「パパ、ありがとう~」とお礼。
わたしもこの時ばかりは夫をパパと呼んでお礼。

Merci papou ~ c'était trop bon ! パパちゃんありがとう~おいしかった~!













f0136579_17540309.jpg


誰もいない駐車場でしばし腹ごなし。
何をやっても笑われてしまうオレ。

ママってこどもみたい~、と最近よく子どもたちに言われる。
……、いや、子どもみたい~じゃなくて、子どもなのよ。

いつかおとなになると信じて生きてきたけど
わたしは一生、子どものままだなと思いはじめた。

そう思いはじめると、なんだかそれはそれでいいような気がしてきた。

そうなんです。わたしは子どもです。子どもの母親を持つのはあなたたちの運命です。
この運命はあなたたちの不変の運命です。

と大真面目に応酬するとこどもたちは黙り込んでしまう。

いやほんとにすんません、こんな親で。











f0136579_17545271.jpg

小高い丘があると登りたくなるでしょう?
はい、なりますなります、子どもなので。













f0136579_17572427.jpg

出かける前、「山のほうは寒いから上着がいるよ」と何度も念を押したのに
誰も耳を貸さなかった。

けっこう、寒い。

次女に「ママ、上着貸して~」と言われたけど、もちろん即却下。













f0136579_17582780.jpg

夫は観光事務所みたいなところで若いガイドさんとおしゃべりをしていた。
この辺のハイキングのベストシーズンは十月ですよ、と言われたらしい。











f0136579_18064330.jpg

きょうだい仲はいいのだろうな。














f0136579_17595879.jpg

「ヤッホー!」

何度呼びかけてもこだまは答えてくれず。
三女が呼んだら即、返ってきた!

そうか!オレの声が通らない声だからだ。













f0136579_17590839.jpg


また来たい、山の一日。つづく。



















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-08-28 19:05 | た の し い | Comments(2)

ピクニックしよう。

f0136579_21544789.jpg


「ピクニックしよう」と次女が言う。
「いいよー。海?山?」と母。
「どっちだっていいけど今、生理なんだよねー」。

だったら山でしょう、と思いつつ
「むかしはしょっちゅう、ピクニックしてたよね」
と言うと、
「そうだよそうだよ、なんで今はもう、行かないの、ピクニック」。

「あんたたちが誘っても来なくなったんでしょうが!こっちはどんだけ傷ついてると思ってるの!」

マジッ?!とおおげさに受ける次女。
ったくもー親の心、子知らず。そのまんま。

というわけで、ピクニック。
夏も終わりのある日、夫の車でめざしたのは Col de Turini コル・ド・チュヒニ。
チュヒニの丘、標高 1600m 。

特筆すべきことは家族六人で出かけることに成功したこと。つづく。


















右が次女、左が三女。背丈はほぼ同じ。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-08-27 22:11 | た の し い | Comments(0)

長眠、短眠

f0136579_01003007.jpg


朝の四時ごろ虫の音で目が覚めてしまい
そのあとなかなか寝つけなかった。

蚊ではないようだった。

こんなことが時々ある。

トイレで起きてその後眠れないとか
夫のいびきで起こされてその後眠れないとか
何の理由もないのに目がさめてその後眠れないとか。

よく眠れる日もあるしあまり気にしていない。

でも子どもが生まれてからこちら、
というともう二十年も前からの話なのだけど、
子どもが「ふにゃ」と言えばおっばいを出して口にふくめる
というのを何年間もやったせいで
ちょっとしたことで目が覚めるようになった気がする。

夜中にものすごい雷が鳴って目が覚めたときなど、翌朝子どもにその話をすると
「え!まじで?全然気がつかなかった」
と言われてびっくりする。

若いってこういうことなのねと思う。
わたしも通ってきた道だからうらやましいとは思わないけど。

今日の一句。

長眠はこども、短眠はおとな。あはは、うそうそ。

















みどりにひかれるこのごろ。相変わらずきいろも好き。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2018-06-07 01:16 | た の し い | Comments(6)

とらぬ狸の皮算用

f0136579_00020680.jpg

朝と夜、体重計に乗るようにしている。
最近ずっとベスト体重から三キロ増が続いていた。

お年頃だし、このまま三キロ増がベストになるのかなあ。
だって太ったって感じ全然ないし、とあまり気にならなかった。

それが、昨日あたりから一キロ減っている。

三キロのうちの一キロが戻りつつある
というだけでやせたのとは違うと頭ではわかっているのだが、

これはやはりやせた、と思っちゃうんである。
まだ二キロは太っているにもかかわらず、すこぶる気分がいいのである。

昨日の夜、シチューを作ったのだが
それに使った牛肉がちょうど一キロだった。

自分の体重と重ねてみる一キロって
普段見る肉一キロとはこれまた違って見えるから不思議。

これだけ自分のからだから落ち去ったのだと思うと
もうそれだけでふふふふふ、と笑いが出てしまう。

理由は確信していて
しばらく飲んでいなかったアボガドティーを
一週間ほど前から再び飲みだしたせいなのだ。

せい、というかおかげ、というか。

なんとなくお腹がすかすかしている気がしていたし、
このお茶を飲まなくちゃと思うとよけいなものを食べずに終わってしまうようなところがある。

そしてなにより毎朝カイベンである。
カイベン?快弁ではなく快便のほうね。

アボガドの種の皮をむき、薄切りにして一リットルの水で三十分煮出す。

皮はむきにくいし、固くて切りにくいし、煮出すのは面倒だし、
一時期熱心に飲んでいたのに最近はすっかり遠のいてしまっていた。

種はバイト先からもらってくるので冷凍庫にいくつも入っている。
飲みだすと急激に減るから自分でもアボガド、せっせと食べなくては。

一キロ減ったんだもの、あと二キロくらいすすす、と減る気がしてきた。
これでもっとやせたら今年のビーチでは超スレンダー・マダムになれちゃうかも。

とほくそ笑んでいる自分にひと言。

とらぬ狸の皮算用。















ちょっとちがったかな。あはは。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

写真はアボガドにバルサミコ酢、しょうゆ、マヨネーズ。つまみ食い。







by kyotachan | 2018-06-06 00:12 | た の し い | Comments(4)

prix プリ/ 値段

f0136579_01030975.jpg


フランス産白ワイン、ビオのマッシュルーム、トイレットペーパー12ロール。

値段の高い順番に並べてみてください?

並べましたか?










この三つ、同じ値段なんです。
いくらでしょうね?










1.99ユーロ(約255円)でした。














Lidl の1.99ワインにはまり中。この他に三種類くらいある。けっこううまい。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








by kyotachan | 2018-05-24 01:12 | た の し い | Comments(2)

Je suis bien gâtée cette année! ジュスィビヤンガテセタネ/ 今年は運がよかったわ!

f0136579_01500668.jpg

クリスマスが過ぎたあとのあいさつといえばもちろん。
「クリスマス、どうだった?」。

子どものいる人に対しては
「サンタさんは来たの?」。

あいさつなのだから、さらりと答える。

「おいしいものを食べ過ぎちゃって」とか
「サンタさんは来ましたよもちろん」など。

九十一歳のマダム(ちょうど誕生日の話をしているところに通りかかってたまたま年齢を知ってしまった)が、
クリスマスがどうだったかを聞かれて

Je suis bien gâtée cette année! ジュスィビヤンガテセタネ/ 今年は運がよかったわ!

と答えていた。

gâté, e ガテ といえば enfant gâté アンファンガテ/ 甘やかされた子ども、
が浮かぶけれども、
日常会話の中では圧倒的に自分に対して使うことが多い。

運がよかった、という日本語をつけたけれどもほんとうは
「わたしは今年は甘やかされたのよ~」というのが近いのかしら。

大勢の子どもと孫たちに甘やかされている九十一歳のマダム。すてきだ!

よく見ると、見慣れない黒い帽子に、あったかそうなベストを着ている。
これももしかしたらプレゼントにもらったのかもしれない。

しあわせな風景。

















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2017-12-28 02:33 | た の し い | Comments(0)

plage プラージュ/ ビーチ

f0136579_21392670.jpg

前日の日曜日はあいにくのくもり。
月曜日に持ち越して出かけたビーチ。

予想していたものの、この夏いちばんの混みよう。
着いたのがちょうどお昼どきで、帰宅準備をしている家族連れをねらって場所を確保。

子どもたちの叫び声があちこちから上がる。
それを叱責する大人の声も。

わたしたちの斜め右には年の頃七十から八十、と思わしきムッシューがひとり。

小さめのパラソルには安全ピンで皮製の布が留めてある。
ビーチ用の椅子に座ってスーパーで買ったらしいお惣菜を食べている。

足元には赤いトマト三個が入ったビニール袋。
小さなクーラーボックス。

カラダを海側ではなく陸側に向けているところを見ると
知り合いか家族がやって来るのを待っているのかもしれない。

わたしたちが陣取ったのはほとんど水際だったのだけど、
わたしたちのもうひとつ水際にはもうひと家族。
つまり足はもうほとんど水の中、という位置。

おじいちゃんとおばあちゃん、ふたりの孫はどちらも男の子で二十五歳くらいかな。

タオルはなくて大きな布を無造作に広げておばあちゃんはそこに座っている。

水の中にいたおじいちゃんが上がってきて、
孫のひとりとラケットをはじめたのだがこれがなかなかの腕前。

それを見ながらとっさに孫、と決めつけた自分を疑った。
いやこれは父親なのかもしれない。

年老いた両親のもとへバカンスを利用して帰省してきたふたりの息子たち。
散歩がてら海に寄ろうよ、ということになった。
ラケットだけはリュックサックにつっこんだ。
父親が言う。
「まだまだおまえたちには負けないよ」。

父親が野球帽をかぶって水の中へ戻っていく。
それと同時に兄弟同士でのラケット戦が続く。

よく似ている。
双子だといわれてもうなづける。
離れていてもせいぜいひとつかふたつだな。

勝手に色んなことを想像し、お昼の前にひと泳ぎ、とわたしのほうも水に入った。
混んでいる割には水は透明で波もなく泳ぎやすい。

意識して腕を大きく回す。
意識してバタ足をする。

泳ぐのは気持ちがいい。




















f0136579_21394685.jpg
 


コルシカ島やノルマンディーの海に慣れている人は
コートダジュールのビーチの混み具合には耐えられないものがあるという。

「あまりにも隣との距離が近くて居心地が悪くてすぐに帰った」
という人もいるくらい。












f0136579_21401104.jpg

アンチーブのビーチの帰りに必ず寄るのがこのアイスクリームやさん。
子どもたちが「ほかとは全然ちがう」と太鼓判を押している。

まったくの個人商店。

一度だけ、ムッシューに「こどもたちがココのがいちばんと言うんですよ」
と言ってみた。

「ボク、ひとりでやってるんだよ。うれしいよ」
と返ってきた。

後継者が現れるといいな。











f0136579_21403331.jpg

旬のくだもののフレーバーが多い。
最近のわたしのお気に入りはフィグ(いちじく)。

前回は色がもっと黒かった。
今回のは色が明るい。

小豆にもにた味がしておいしい。













f0136579_21405295.jpg


子どもたちはチョコレート系。
三女が「今日のは特別おいしい」と言う。

ビーチのあとのアイスクリームってなんでこんなにおいしいんだろう。



















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2017-08-16 01:19 | た の し い | Comments(2)

été エテ/ 夏

f0136579_01145818.jpg

ファッションは夏か冬か、でいえば夏のほうがだんぜん楽しい。

冬はだいたい一着か二着の上着を着回すだけ。

上着の下にしても、防寒が第一、あとはだいたい似たような格好をしてしまう。
おまけにわたしは寒がりだからそれにマフラーに帽子、手袋とアクセサリーが欠かせない。
数年前からはボディに腹巻も定番だ。

ひるがえって夏はいい。
下着の上に一枚、ワンピースをまとえば、それだけでオッケーだ。

街中の人たちのファッションを見るのも、断然冬より夏のほうが楽しい。

十代の若者から六十代、まるごとひっくるめて
まず目立つのはキャミソールで背中を見せるタイプ。プラス短パン。

誰もがスタイルがいいわけではまったくない。
むしろ若くてむちむち、老いてどこもかしこもゆるゆる、な人が多い。

胸の谷間を強調する人も多い。

わたしは「胸の谷間」とは一生縁がないせいか
そこの部分をじーっと見てしまう。おおおっ!と思ってしまう。

乳首ぎりぎりのところでゴムでとまっているタイプのものだと
アクシデントでちょっとだけ引っぱられるとボロンだな、ということまで考えてしまう。

頭の中がエロいのは男だけじゃないのだよね。

わたしがいちばん涼しいと思うワンピース姿も、もちろん多い。
上部がキャミソールタイプでミニが多いから、ほとんど下着で歩いているようなものだ。

すらりとした足もあるが、もちろんそうでない足もある。

腕が太いとか足が太いとか太っているとかやせているとか、
そんなことまーったく意に介さない。

へそだしファッションがはやったときには
TシャツとGパンの間からぜい肉がハムよろしく押し出された人が街中にあふれた。

これでいいんだ!

街中にあふれる、人の目を気にしない、自分が好きだからこれを着るの!
なファッションをみるたびに、なんだかものすごく元気をもらうから不思議。

暑い熱いとは言っても夏は短い。
思い切り楽しまないとソンなのだ。


















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









by kyotachan | 2017-08-10 01:29 | た の し い | Comments(5)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31