ブログトップ

nice!nice!nice!

2018年 09月 07日 ( 1 )

民族や国籍ごとにはくくれない。

f0136579_00293240.jpg

「わたしのクラス、めちゃくちゃ多いのロシア人が」。
リセ二年目の次女が言う。

「なんちゃらかんちゃらポランスキー、みたいな名前の」。

ニースのロシア人、というのは昔から多かったのよ。
だってほら、鉄道でロシアからニースまで、つながっているじゃない?

そう説明してくれたのは誰だったか。

今は鉄道より飛行機が主な手段だとは思うが
確かにロシア人は多い、というかどんどん増えている気がする。

特に女性。
ニースのロシア人、というと、目に浮かぶのは
肌がまーっしろで、おそろしく美人で、そして金髪。

あ、唯一知っているロシア人ママは金髪じゃないな。
知り合いに金髪じゃないロシア人がいるってのに、ロシア人は金髪だと思い込んでる。
「ひとつの民族にもつイメージ」ってこわい。

イタリア人は陽気、とか、マグレバンはずるい、とか、日本人はまじめ、とか。
もう、ぜんぜん、そんなことないから。

陰気なイタリア人もいるし、義理かたいマグレバンだっているし、ふまじめな日本人、って、あ、オレ?

わたしはただただ子どもたちが色んな民族・国籍の人たちと混じっているのがうれしい。

















写真は2013年。ちびたちがまだちびだった頃。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-09-07 00:50 | 文 化 教 育 | Comments(4)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30