ブログトップ

nice!nice!nice!

2018年 08月 27日 ( 2 )

ピクニック=「山のおいしいレストランへ行く」

f0136579_22184064.jpg

ピクニック、ということばを聞きつけた夫。

ピクニック=「山のおいしいレストランへ行く」
と脳内変換されたらしく、さっそくネットで検索。

こちらとて、バゲットにハムにトマト、マヨネーズにゆで卵に塩コショウ。
そんな準備がいらないのなら、こんなにすてきなピクニックはない。

さて、行きの車の中ではすでにきょうだい間の小さな争いが勃発しており、
長男は車が信号で止まるたびに「ここで降りて帰ろうかな」と。

七人乗りの我が家の乗用車、わたしは常に助手席確保で悠々なのだけど
後に乗る四人は太ももがぴったりと合わさるくらいにきゅうくつなのだ。

長男、ほんとうに降りて帰っちゃうかも、と憂えていたのだけど
ニースを離れるにしたがってとうとうあきらめがついたらしく黙りこんだ。

そして「あとどれくらいで着くの」を連発。
朝、食べ損ねて来たらしく、すでに「瀕死」状態。

あんたの貯蔵庫はけっこうりっぱだから大丈夫、死なないよ。
と言ってもまったく効果なし。当たり前か。

十八歳っつーと確かに家族といる時間は苦痛だったかもなー。
とついつい子どもたちに同情してしまうかつての十八歳。

















f0136579_22185410.jpg

夫が選んだのは L'AUTHION ロッチォン、という名前のレストラン。

「テラスのほうでもいいですか」
と問う夫にお疲れモード全開のマダムがひと言。
「テラスまではとてもじゃないけど手が回らないわ」。

なんでも右手を負傷してしまったらしく、シャツの中にすっぽりと見えなくなっている。
厨房にいるのはご主人ひとりで、サービス担当の人はお休みをとっているのだとか。
八月の最後の週だからねー。バカンスへ出かけちゃったのかな。

お客さんは数人ごとにぱらぱらと入っていて、何よりもおいしそうな匂い。













f0136579_22534897.jpg

メニューは完全手書き。
前は全くのお手上げだったけど、最近は見当をつけて読めるようになった。

定食は 22€ でオードブル、メイン、デザート。
お子ちゃまメニューは 10€ でステーキ・フリットとアイスクリーム。

マダムは夫にペンを持たせて、オーダーを書かせた。
メインの付け合せはじゃがいもかラビオリかを選べるようになっている。

長女、ドーブ、ラビオリ。
長男、ラパン、じゃがいも。
次女と三女は気を使ったのか、おこちゃまメニュー。
夫は、コットダニョ、ラビオリ。
わたしはコットダニョ、じゃがいも。












f0136579_22252161.jpg

料理人ひとり、サービスがひとりなら、待ち時間はたっぷりある。

小指を立てて水を飲む長男を笑い、
その長男は長女の手相を見始めた。

「あなたはもうすぐお腹が一杯になるでしょう」

100パーセント当たる手相ですなそれは。













f0136579_22315270.jpg


前菜からはじまってデザートのブルーベリーのタルトにいたるまでぜんぶおいしかった。
マダムを手伝うのは簡単なことだけど、それをよく思ってくれるかどうかはわからない。
様子を見ていたら周りの人たちはお皿を下げたり、出来た料理を自分で運んだりしている。
わたしたちもそれにならって立ち働きながらしたづつみをうった。

こんなピクニックならいつでも大歓迎だ。つづく。


















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-08-27 23:32 | お い し い | Comments(0)

ピクニックしよう。

f0136579_21544789.jpg


「ピクニックしよう」と次女が言う。
「いいよー。海?山?」と母。
「どっちだっていいけど今、生理なんだよねー」。

だったら山でしょう、と思いつつ
「むかしはしょっちゅう、ピクニックしてたよね」
と言うと、
「そうだよそうだよ、なんで今はもう、行かないの、ピクニック」。

「あんたたちが誘っても来なくなったんでしょうが!こっちはどんだけ傷ついてると思ってるの!」

マジッ?!とおおげさに受ける次女。
ったくもー親の心、子知らず。そのまんま。

というわけで、ピクニック。
夏も終わりのある日、夫の車でめざしたのは Col de Turini コル・ド・チュヒニ。
チュヒニの丘、標高 1600m 。

特筆すべきことは家族六人で出かけることに成功したこと。つづく。


















右が次女、左が三女。背丈はほぼ同じ。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
by kyotachan | 2018-08-27 22:11 | た の し い | Comments(0)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31