ユルセナイッ !


鑑賞会、続いている。 鑑賞者、わたしひとりだったりするけど。 ああ、ニッポン、ド~ップリィ~ッ。 映像でニッポンを感じるの、久しぶりだもんね。 
涙でちゃうよ。
f0136579_20541086.jpg




二本目にわたしが選んだのは、『阿修羅のごとく』。 向田邦子原作。 わたしの母がファンで、実家に帰るたびに、彼女の著作が増えていた時期がある。 余計なことを書かない。 話が飛ぶ。 だけど、そこに、言いも言われぬよさがある。 わたしも大ファン。 監督が森田芳光で主演が大竹しのぶ、とくりゃあ、そりゃあもうはずすわけにはいかないっしょ。 ニッポンにいたら ・・・・・、はずしたかもね。
f0136579_20543486.jpg

この映画に流れているもの。 「オトコは浮気をする。 オンナはそれを許す。 そのオンナのこころの中は 『阿修羅のごとく』 。」
f0136579_20545725.jpg

深田恭子演じる三女。 同棲中のボクサーのために、彼と一緒に自分も減量する。 それが原因で、喫茶店でアルバイト中、倒れてしまう。 次女の黒木瞳と一緒にアパートに戻ると、ドアの前にラーメンどんぶり二個発見。 それを見たふかきょん、そのお盆を持ってアパートに乗り込む。 はたして、オトコは別のオンナと一緒だった。 そこで吐いた、ふかきょんのセリフ。
f0136579_20552097.jpg

オンナと一緒にいるのは、許す。 早引けしてきたわたしが悪いんだから。 だけど、これはユルセナイ。 これ、食べたの、誰なのっ?!

「つゆの残ってる方が、ワタシ。」 ふてぶてしくも、得意げに答える、その、別のオンナ。

じゃあ、こっちは?」 ふかきょ~ん、ほかにだれがいるんじゃい。

「オレだよ。」 オトコ、だめ押しで答える。

わたし、「これはユルセナイ」 の 「これ」 が 数秒間、わからなかったですよ。 ラーメンのことを言っていたのね。 ふたりでいる時は、試合を前に、がんばろーね、と言っているオトコが、陰でラーメン食べたことが、どうしてもユルセナカッタのだね。 あまりにも信じられないことだったので、オトコに確認する必要があったのだね。 ホントウニ、オトコがラーメンを食べたのか、どうか。 この際、オンナと一緒だってことは、どーだってよかったのだ。 

オンナは許せるが、ラーメンは許せんと。 ま ま じ ?  
f0136579_2055403.jpg

極めつけ。 これが原因でふかきょん、アパートを出る。 しかし、すぐに舞い戻ってくる。 

「赤ちゃんができたの!」

これで、仲直り。 ひ、ひえ~っ。 な ん だ か 、 よ く わ か ら な い ぞ 。
[PR]
Commented by nami at 2007-06-14 09:07 x
向田邦子。大学のゼミで(近代)研究テーマに選んだ人。
妹さんがやっている『ままや』という小料理屋に、研究を口実に食べに行って、その食に関する創造力に感動したなぁ。
Commented by kyotachan at 2007-06-14 21:46
nami さま
『ままや』 わたしも行ったことあるのー! 母親に 行ってみてごらん て 言われてさー gudigudi さんと ふたりで 確か 赤坂 の ちょっと 先 だったような 
おいしいよねー まだ あるのかなー ? なーんだか わたしたちには 上品すぎたのかな ? 一回きりしか 行かなかったけど
えっ?! 向田邦子研究? やー それは 楽しそうだねー
by kyotachan | 2007-06-12 21:01 | た の し い | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30