ぎゅっ ぎゅっ ぎゅーーーっ


わたしははたして、父親から、あるいは母親から、ぎゅーーーっ と抱きしめられたことがあるだろうか。 ものごころがついてから、の話だけど。

母親はわたしが三十一歳の時に、父親はその五年後に、それぞれ死んでしまったけれど、わたしの人生の中で、両親から、ぎゅーっ された経験、ない。 全くない。 一回もない。 ゼロ。 だからと言って、わたしは両親に愛されていなかったとは思わない。 むしろ、充分に愛されて育った。 
上を向いて、どうもありがとう、と言いたい。
f0136579_18184698.jpg

ぎゅーっ しないことを、責められる。 ダーリンから。 
ねえ、ぼくのこと、きらいなの?」
え? ち、違うよお、大好きだよお、ぎゅーっ しないから、てそんな風に思わないでよお、だって、わたし、両親に、ただの一回だって、ぎゅーっ されたことないんだよ。 習慣の問題だよ。 文化の問題だよ。 そうすることに、慣れていないんだよ。
何度、おなじことを繰り返しただろう。
f0136579_18192744.jpg

なるほど、この国では、小さい時から、ぎゅーっ のし通しだ。 いってらっしゃい。 おかえりなさい。 どうしたの? 元気? ことあるごとに、ぎゅーっ。 ぎゅーっ。 ぎゅーっ。 ビズ、と呼ばれる、ほっぺたにするキスも。
f0136579_18195268.jpg

それを、自然にできるようになったとは思わない。 いつも、気をつけていないと、つい忘れてしまう。 でも、けんかすると、できないからね。 けんか、しないようにしないと。
f0136579_18201550.jpg

小学校五、六年生くらいの時。 夜おふとんの中で寝ていたら、母が来て、
「あら? もう寝たの?」
と言って、わたしのほっぺたに、チュ。 わたしはまだ、眠っていなかった。
「お、なんだよお。 おかあさん、わたしのこと、好きなんじゃん?」
みたいなことを思った。 にやり、としながら。 これだけのことだけど、いまもこうして思い出す。 一生のうちで、一度だけもらった母からのキス。 
この文化だって、これはこれで、とーってもいい、と思うんだけどなあ。

 
[PR]
Commented by amazing-charko at 2007-06-01 21:42
子供にギューしてあげてるつもりが、実はギューされてるんだよね〜。ぎゅうーしあうと、お互いの気持ちがゆるゆるになってもっともっと大好きて思うわ。
Commented by kyotachan at 2007-06-01 21:55
amazing-chako さま
やあ やあ 早速いらしゃいましー
そっかー ぎゅー されちゃってるのねー そうか そうだねー 
ほんと 友人とかとも ぎゅー するじゃん? やっぱり 『親密度』? ちがうねー あーこいつ大好きだわー とかって 再確認 しちゃうものね
Commented by bebecat at 2007-06-02 00:51
無牛~~~?じゃなくって、むじゅ~~?
そんなもん、日本の親はせんでしょ?
されたこと?もちありません。
いっちども!
ほっぺにちゅ?
そんなもん、もらったことない!!!!

それがどうした?

自分が親にされてないからって、私が娘にそれを
しないかって?

するする、いっぱいする。
むぎゅ~も 
ちゅっ!も
彼女がうんざりするほどするする。
ちゃんと覚えててくれるかね、、、母親に
それだけキスされたこと?
念のためにもうちょっと多めにしとくかな?
Commented by bebecat at 2007-06-02 00:53
ちなみに、Kyotachan,
子供を愛してない親など、今まで見たことありません。
どんな愛の形であっても、
不器用な母親の、
ぜんぜんそれらしくない愛の形であっても
愛は必ず存在するのだ。

Commented by nami at 2007-06-02 09:46 x
え? 君、そんなに若かったの? お母さんが亡くなったのが・・・てことは、今・・・。知らなかった・・・。勘違いしてた。ごめん。
いや・・・ふけて見えるとかってことじゃないんだよ。絶対に。離れてるの、五歳ぐらいかなって思ってた。う~ん。そんな落ち着き方も、『変わってる』原因なのかもね。
Commented by Dais at 2007-06-03 22:25 x
少し前だけど、アメリカでフリーハグっていうのが、はやってたの知ってる?街中でフリーハグって看板もって、たってるの。初めはいぶかしげに、みてるんだけど、そのうち、みんな面白がって、ハグしだして、それが、その周りにだーって広がって、老若男女かかわらず、みんなハグの嵐。みんな友達だよね、仲間だよねーってのりなんでしょうけど。これを日本で、やってみたらどうかなぁっていって、あるスピリチュアル関係の人達が、やってみたんですって。でも、結果的には、セクハラおやじが、やってくるか、不審な目でみられるか、どっちかだったらしい。ハグの歴史って日本にないものね。私はほっぺにキスより、なによりハグが大すき。愛してるよーだけでなく、’あえてうれしい!’でも、’あなたと悲しみをわけあいたい’でも、体の温かみって言葉より早くて、シンプルで。
Commented by cancan at 2007-06-04 16:23 x
初めて、うちの母がcancan主人にほっぺにチューされた時のはずかしそうにしながら、とってもうれしそうだった顔。結婚式にフランスに来てくれて、お見送りの時に父が空港で”フランス式に!!”と私を思いっきり抱きしめて、両ほほにすごいチューをされて全員で”お父さん!!”と泣き笑いした時を思い出すよ。こうして思い出すだけで涙がでてくるな。
私はチビラにチューチューしてぎゅーぎゅー抱きしめてるけど、ma cherieとは
自然に言えないし。
kyotachanの子供達が私にでも飛びついてチューしてくれるの大好き!!
Commented by kyotachan at 2007-06-04 18:19
bebecat さま
いつも ちからづよい おことば どうも ありがとう
わたしの場合は こどもたちに教えられているかな 『ママ! ビズ!』 て いっぱい キスしてくれるもの 
『不器用な母親』 そうだねー わたしの母親ももしかしたら わたしのこと 思いっきり 抱きしめたい時があったかもしれないなー
Commented by kyotachan at 2007-06-04 18:21
nami さま
えーと ひのえうま です たぶん 八歳くらいちがう ? 
え ? 落ち着いている ? わたしが ? ちがうよー nami さんが 若いんだよー 
え? 『変わってる』 ? そう ? やっぱり ? うーむ やっぱり 変わってるのかなあ 
Commented by kyotachan at 2007-06-04 18:25
Dais さま
そうだねー ほんとうにその通りだねー 友人の夫 が 亡くなった時 なんにも 言うことはできなかったけど 彼女を そして 彼女の家族を 抱きしめることは できた ていうか 抱きしめることしか できなかった 胸が痛くて痛くてたまらなくて
フリーハグ ? うーむ ニッポンではねえ ほんと 文化が貧弱すぎるかなあ それを 受け入れるには 
Commented by kyotachan at 2007-06-04 18:29
cancan さま
やあやあ いらっしゃい お待ちしておりました
そうだねー 日本人 て 『触れ合う』 文化 ないよねー 友人はそれを とっても 不自然 と言っていたけど 
ウチのこどもたちが cancan さんに 飛びついていくのは cancan さんが ウチのこどもたちを 好き でいてくれるからだよー 誰にでも 抱きついていくわけではないものー
お世話になりますー また 来てねー
by kyotachan | 2007-06-01 18:20 | 五 人 家 族 | Comments(11)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30