名まえを呼ぶ国


四月に三歳になった三女。 彼女がわたしに向かって言う。
『Maman? Toi, tu t'appelles kyotachan. (ママン? トワ テュ タペル kyotachan. =ママ? ママの名まえは kyotachan だよね。)』
f0136579_20315878.jpg

わたしは、わたしの母親の名前が 『おかあさん』 ではなく、『ヒデコ』 なのだと知った時、ものすごーく、驚いてしまった。 小学校二年生? 三年生? もうずいぶんと大きくなってからのこと。 えっ?! お母さんの名まえ、おかあさんじゃないの? と言って、周りを笑わせたのだ。 いやー、ほんとにね、びっくりしたのよー。 ヒ デ コ だなんてさー。
f0136579_20325458.jpg

それほど誰も、母親のことを彼女の名前で呼ぶ人がいなかった、ということなのだろう。 父親は自分の妻を 『おかあさん』 と呼んでいたし、普通には名字で呼ばれるでしょう? 子どもの友人たちには、『kyotachan のおかあさん』。 ね? 名まえで呼ばれること、とういか、呼ばれる必要、というか、ない、よね。 呼ばない、よね。 学校のまま同士でも、名字で呼び合う、ことが多いのでは? そういう文化、とでも言うのかな。
f0136579_20333082.jpg

ニースに来てから、うれしいのはね、名まえで呼ばれる、てことなの。 子どもの友人、てだから、三歳児から十歳くらいまで、いるじゃない? 『kyotachan! kyotachan! kyotachan! 』 て、みーんな、呼ぶもんねー。 なーんか、それが、気持ちがいいの。 『長女ちゃんのまま』 とか 『長男君のまま』 ではない、自分がいる、ていう感じで。
f0136579_20334787.jpg

そういえば、ニッポンで働いていた時、フランス人同士では、名まえで呼び合っていたなあ。 部下が上司を呼ぶ場合も、『Monsieur 〇〇 (ムッシュー 〇〇 = 〇〇さん)』 ではなく、名まえで呼んでいた。 日本風に言うと、呼び捨てで! 『ほっほ~』 くらいの驚きと、新鮮さがあった。 だってニッポンじゃ、ないでしょ。 社長をたとえば、『タロウッ!』 て呼ぶことは、まずありえない。
f0136579_2304552.jpg

三歳になった三女は、
『ひとりひとりには名まえがあって、ままの名まえは kyotachan なのだ』
ということを、確認しているみたいなの。 そして、自分のことも、忘れていない。 このセリフのあとに、必ずつづく、次のことば。

『Moi, c'est 〇〇! (モワ セ 〇〇 ! = わたし、わたしは 〇〇!)』

うふふ、それがさ、あかいーんだなあ。
[PR]
Commented by Daisy F at 2007-05-25 05:36 x
はじめておじゃしまーす。Kyotachanのブログ読んでると、優しい気持ちになれるわ。うちの子も’Daisy!'って母親の名前を呼ぶときがありますが、いろいろバリエーションがあって、’Daisy-chan!'と呼ばれると、なんかお願いごとだな、とか、’Sweet Daisy'とかいうと、すごーいお願い事だな、とかのコソクな手段がすぐわかります。三女さんは無邪気でいいわー。
Commented by gion-sakanaya at 2007-05-25 15:09
ねえねえ 質問があります
旅行でプロバンスあたりへふらっとフリーで行くなら
フランス語は必須条件かしら
そうよね~ ただの質問でした

私はこの3年呼び名はママでした
あんたらを生んだ覚えはないちゅのにね(爆)
Commented by kyotachan at 2007-05-25 16:20
Daisy F さま
やあ やあ いらっしゃい お待ちしておりました
うくく 人魚姫 知能犯 だからなー テク 使って 自分の思い通りに ことを 運んでいそうだねー 
しかし 'sweet Daisy' てのは いいね 『おとなの会話』 を しっかり聞いてる ? それとも Daisy F さんが 人魚姫 のことを こう 呼んでいるのかな ?
Commented by kyotachan at 2007-05-25 16:28
gion-sakanaya さま
こたえ 『プロバンスあたりへ ふらっ と フリー で 行くのに フランス語は 必須条件 では あ り ま せ ん』
んー と あえて こたえてみたのは 友人に ガイド を している人が 何人か いるんだけど それは それこそ フリー で ふらっと 旅行をしたい人たちを 車に乗せて 色んなところを 回っているの もちろん コース は 準備されているようだけど わがまま を 言ってもいいのだと 思うよ
友人のひとり は 『わたしは夢を売る仕事』 と 言ってる わたしと 同じ 三歳児のまま なのに ! 彼女 とだったら ふらっとフリー旅 楽しめるかも と 思ったものだから あ 友人としての贔屓目? うん それはあるかもね
Commented by kyotachan at 2007-05-25 16:36
再 gion-sakanaya さま
『ママ』 ? そうなんだー あるいは 『おかみさん』 ?
ふと 立ち止まって考えるとさ なーんで そんな 呼び方 せなあかのん ? て 理不尽 感じる時 ない ? たとえば すし屋の職人が お客さんを 『おとうさん』 なーんて 呼んじゃう時とか ない ? それは もちろん 親しみをこめて という 作戦 の 結果 なのだろうけど 
あとさ 会社の電話で 『お世話になっております』 と言うセリフ あるでしょ ? ある ご婦人 そう 言われて 『あら? わたくし あなたの お世話 何か したかしら』 と 言ったらしいのね わたし この ご婦人の感覚 すごーく 共感 できるの いっちょおぼえの ごとく 挨拶 してりゃいーってもんじゃあなかろー て 思う ニッポン て そういう ところ あるよね 
gion-sakanaya さん が フランスでお店 開いた場合 その時は 名まえ で 呼ばれます 従業員 は もちろん 親しいお客さんからも それが ただしい よね だって ほんとに 『あんたらを生んだ覚えない』 わけだし
Commented by gion-sakanaya at 2007-05-26 13:47
そうそう!初めて電話する会社からもお世話になっていますって言われるとムムッて感じで一瞬考えてしまいますよね
でもその感覚って大切よね
言やぁいいってもんではないよね~

旅行の話ね 出来たら自分達で苦労しながら行きたい派なんだけど そうすると難しい?
でもきっと有り余る時間があるわけじゃなし、欲どおしい性格だからあれもしたいこれもってなってやっぱガイドさんを頼むしかって
なるんだろうけどね
何時かは行きたい南フランス♪
Commented by tata yoko at 2007-05-26 17:17 x
お邪魔します。旅の件で一言、旅は言葉でなくって準備と日程だと思います。
フランスはストライキが多いので其れに対応出来る処置を考えておかないと大変な事になりますのでご注意下さい。それ以外は悪質な暴力にも気を付けて下さい。1ヶ月ほど前にマルセイユで発生した事ですが5人位の男性に囲まれて殴られ肋骨を折って1本は肺に刺さり大変な事も有りました。それ以外は人間だし心での接し方を大切に。。。。。色々な方のコメントを読ませて頂いていますが皆さん凄く頑張っていらっしゃるので感激です新しい世代の見方を勉強させて頂く機会として読ませ手頂いています私は子育ては一応終わりましたが皆さんこれからも頑張って下さいね、フレーフレーって応援しています。
Commented by kyotachan at 2007-05-26 18:26
gion-sakanaya さま
友人として書いたガイドさんの ほかに tata yoko さんも ニースのガイドさん なの お祈りの先輩でもあるんだけどね 彼女のコメント 読んでー おそろしいことも あるんだね 旅行中に肋骨折っちゃったら どうするよ?
いらっしゃる時は ぜひ ご一報を わたしも いまより 時間が持てるようになっているかもしれないし 今年中には 運転免許を取得する計画もあるし えへへ 一緒に観光しよ わたしも 生活で手一杯でなーんにも知らないの 南フランス♪
Commented by kyotachan at 2007-05-26 18:29
tata yoko さま
いつも 貴重なご意見 ありがとうございます
ひえーーーっ マルセイユで? そんなにおそろしいことが? これはもう 旅行者 居住者 関係なく 気をつけなくてはいけませんね 
『旅 は 言葉 ではなく 準備 と 日程』
ふかいなー よーく こころ に 刻んでおきます !
Commented by gion-sakanaya at 2007-05-31 11:20
tata yokoさま
ありがとうございます
確かに準備と日程ですよね 準備は自分の力では何とかなっても
日程だけは・・・
日本のしがないサラリーマンの身としては目一杯の日程で行こうとするものだから、1日でも帰国が延びたら目も当てられない事態になってしまうのは必至
でもいつの日か行ってみたいので何とかがんばってみます
Commented by kyotachan at 2007-05-31 20:45
gion-sakanaya さま
くくっ 律儀なお方 もう 大好きだわー
もう 『サラリーマン』 ?
Commented by gion-sakanaya at 2007-06-01 14:53
そう さらりーうーまんですわ
昨日不動産屋さんに鍵を渡して完璧に終わりました
今日からは正真正銘のさらりーうーまんヨン♪
by kyotachan | 2007-05-24 20:32 | 六 人 家 族 | Comments(12)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30