人気ブログランキング |
ブログトップ

nice!nice!nice!

雨も降るのさ


ここのところ、雨、なの。 今日が金曜日で、水曜日くらいからかな。 ずーっと、晴れたり、降ったり、をくりかえしている。 昨晩は雨の音で目が覚めてしまうくらい、激しく降っていた。 コートダジュールにもね、雨は降るのだ。 おまけに、4月が1950年以来の記録的な暑さだったらしく、それの反動か、五月に入ってから急に寒くなった。 異常気象?! 『宇宙船 地球号』 悲鳴をあげておりますっ!
f0136579_18154793.jpg







雨、というと思い出す、もう二年前になる、ある日のこと ・・・

当時は、わたしたちは、ヴューニース (旧市街) と呼ばれる一角に住んでいて、子どもたちは、少し遠くの学区外の学校に通っていた。 ある日、学校から電話があり、長男が高熱を出しているから、すぐに迎えに来るように、と言う。 本来のお迎えの時間より一 二時間早い、くらいの時間だった。長女も一緒に連れて帰ることを伝えて、出かけましたよ。 このベビーカーで。
 
その日が、降っていたの。 それも、これ以上の雨はありえないでしょう、くらいの 『 お お あ め 』 。 バケツをひっくり返したように、と表現するのは英語だったっけ? とにかくもう、バケツだろうがフロ桶だろうがプールだろうが、なんでもかんでも、上のほうにある水をできるだけたくさん、できるだけ同時にひっくり返してみました、というくらいのすごい雨だった。
f0136579_18161425.jpg


だーれも、いなかった。 だーれも、歩いていなかった。 みーんながみんな、雨宿り。 その中を、ベビーカー押して、つまりは傘もささずに、がしがし、歩いた。 ばしゃばしゃ、かな。 歩きながら、思ったね。 いやーわたしってやっぱり、母親なんだなあって。 ふだんはさ、こども?

けっ

とかって、思っているけどさ、熱出して苦しんでると聞いたら、雨が止むのなんて、待ってられなかったね。 

「ちょ~うな~ん! まってろよお~ おかあちゃん いま いくからよお~!」

てむしろ、心の中は、なんだか知らないけど、ヨ ロ コ ビ に満たされていたね。 あまりのすごい雨に打たれながら、もしかしたら、これが 『やり』でもわたし、こうして長男迎えに行くのかもな、て思ったもの。
f0136579_18163339.jpg


たまーに降る、コートダジュールの雨、ニッポンザルが、『わたしってママザルだったんだ』 ということを気がつかせてくれる、貴重な存在なのだった。
by kyotachan | 2007-05-04 18:16 | 六 人 家 族 | Comments(0)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族