人気ブログランキング |

今日の長男。

今日の長男。_f0136579_23074546.jpg


朝、長男が起きてきて、咳き込んでいる。

「なんか、のどの薬とか、ない?」
「薬箱を見てごらん」と言いつつ、一緒に探す。

咳止めのシロップがあった。

「タバコの吸いすぎじゃない?」
「いや、一晩中、せんぷう機かけっぱなしだったから」。

最近長男はタバコに目覚めたらしい。
ベランダに長いすを出してプカプカやっている。

「お願いだから吸い殻をポイ捨てするのだけはやめてよ」と言うと
「大丈夫。携帯の灰皿を使っているから」と返ってきた。

わたしの出かける時間にはもう、咳はおさまったようだった。

若いときって飲んだ薬がたちまち効く気がする。
細胞が若いと薬の効きもいいのかも。





長男が統合失調症の診断を受けて今年の十月で丸二年になる。

「たら」「もし」が頭の中でぐるぐるすることはあるが
そんなことをしても長男にもわたしにもなんの徳にもならない。

一時期は赤ん坊のようにべたべたしたがって憂うつで仕方がなかった。
いまはそれがすっかり抜けてしまってさみしいくらいだ。

ネイルする、ネイル卒業。
マスカラする、マスカラ卒業。
大きいピアスする、大きいピアス卒業。
女性ぽい格好する、女性ぽい格好卒業。

なんだか色んなことをやってみている。
やりなさいやりなさい気のすむまでやりなさい。

わたしはわたしの生きている間は長男のことを応援するしかできないし
わたしにできる応援はどんな応援でもしてあげたい。

長男が自分で自分の人生を生きていることができるように。
わたしはわたしの人生を生きながらそれを面白がることしかできない。

父親に四方八方をがっちりと守られていまもずっと頑丈な箱の中にいる長男。
もっともっと荒波にもまれて厳しい経験を積んでいかないと生きる歓喜を知らないままになってしまう。

こんな父親を持ったのも長男の人生の一部。
こんな母親から生まれたのが長男の人生の一部であるように。

もう百年もしたらわたしも長男も生きてはいない。
ほんのつかの間の人生をわたしも長男も楽しんで生きられたらいい。














写真は2014年8月。友人の子どもエミーちゃんと一緒に。
にほんブログ村 にほんブログ村へ

エミーちゃんはもちろんかわいいのだが長男もかわいいなあ。わずか六年前?ぎゃあ。








タグ:
by kyotachan | 2020-08-13 23:18 | 六 人 家 族 | Comments(0)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族