人気ブログランキング |
ブログトップ

nice!nice!nice!

お仕事体験、とか。

f0136579_02545269.jpg

フランスの学校コレージュの最終学年、というと十四歳になる年、
「一週間のお仕事体験」が義務づけられている。

スタージュと呼ばれるそれは、自分で興味のある仕事先に「一週間スタージュさせてください」と頼み込み了承してもらうシステム。

長女は当時はまっていた「ネール」の仕事がしたくて、
知り合いのエステの学校関係者にお願いした。

長男はソフィアにある夫の友人のコンピューター関係の企業に。
次女はモナコの動物病院へ。

十四歳の子どもを一週間あずかる、て、受け入れる側にとってはけっこうな負担だと思う。

行きつけのバンやさんで若い子が床をはいているのに出くわしたりすると
「お、スタージュですな。やることがなくて、床でもはいてって言われたかな」
といらぬ想像までしてしまう。

今週は三女がタイガーという安物小物が売りのお店へ行っている。

「何もやることがなかった!」
という上さんにんに比べて三女は商品を並べるのにお店を走り回っているらしい(本人弁)。

「だけどこれを未来の職業にするってことは考えられない」とも言う。

長女もネール熱はリセ時代にすっかり冷めてしまった。
というかネール熱は今もすごくていつも美しい爪をしていてびっくりするのだけど、
それを職業にするにはいたらなかった。

長男に関してはふたつのコンピューターを同時に駆使する術を見せられて
「あんなのとてもじゃないけど無理」
とコンピューター熱は一気に冷めた。

次女はほんとうは赤ちゃんの出産に興味があったのだけど
病院やクリニックではコレジュアンのスタージュは受け入れておらず
動物病院にいれてもらったのだ。

こちらもこれがきっかけで動物に目覚めるか?
という思惑ははずれて
「犬の手術に立ち会わされた。ヘドが出そうだった」。

このお仕事体験、「これはできない」と思う体験には役立っているみたい。

たいへんそう!と思うのがこの一週間の体験を二十ページのリポートにまとめること。

「写真を撮りまくってページを埋めろ」。
うえ三人に同じアドバイスをもらっていた三女。

明日は最終日。

好きなものをひとつだけ、買ってきていいと言ってある。
何を持ってくるのかなー。
















写真は八年半前の三女。このかわゆさったら!八年たってももちろんかわゆかよー。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









Commented by TAKU at 2019-01-25 20:04 x
最近、子供向けの職業体験のアトラクションで大人も職業体験できる場所がイベントとしてあるようです。
自分もこの歳でできるなら、飲食業とか編集とか体験でいいのでやってみたいです。
今週末、東京も寒波がくるそうです。
Commented by greenlove at 2019-01-27 18:40 x
こちらも中学になると職業体験あります。うちの孫たちは揃って自分が赤ちゃん時代に通っていた保育園を希望してました。
私は普通の会社員。お母さん、おばあちゃんと平凡に終わってしまいましたが若ければやってみたいのは「アシカの調教師」または「パンダの飼育員」
どちらも今となってはかなわぬ夢ですが(笑)
Commented by 40ansparis at 2019-01-28 18:54
私、このシステムがとても羨ましいんです。
現場からすると、すぐに戦力にはならず、任せられる事は限られてくるし、体験する方も別にその仕事に本当に着く訳でもない、、、けれど、単なる会社見学では無くて、実際に会社の中に入り込んで一日の動きの中で過ごす、って、やはりいい経験だと思うの。
パパやママ、大人は、こうして仕事をしてお金を稼ぐのか、と何もしなくても、一日中みているだけでも社会勉強になると思うのです。
自分が中学の時に、こんなシステムがあったらなあ、、って羨ましくて。
最終日に好きなもの、、こんなご褒美、凄く嬉しいんですよね。kyotachan さん素敵!
Commented by kyotachan at 2019-01-31 00:22
> TAKUさん
あ、それどこかのブログ記事で見たことあるかもー。お菓子屋さんになってほんとうにお菓子を作るとか、そういうのですよね?いいですよねー、小さいころから「仕事」って意識を持てるのって。
飲食業とか編集!うふふ。どちらも魅力的な分野ですよね。人に夢のような時間を売る仕事、と思えば共通点があるのかも。
ニースも寒いです!明日はゼロ度~九度。鼻の穴とか肌とか痛いし足先とか凍りつきそう。お互いにご自愛しましょう。
Commented by kyotachan at 2019-01-31 00:27
> greenloveさん
あら!そうなのですねー。すてきなシステムですよね。保育園で、てことは保育士さん、てことですよね?そうかあ。ほら、フランスって学校のバカンスが多いから子どもたちには学校の先生て職業はすごくいいよ~ってすすめるんですが、誰もやりたがらないんです。どうしてかなあ、バカンスばっかりでいいと思うけどなあと不思議だったのですが、今、自分たちがバカにしている相手が学校の先生たちなんですよねー。そんな職業につきたいとは思わないか、とふに落ちました。
アシカの調教師!パンダの飼育員!渋いッ!生き物にいやされたいというわけですね。一日体験とか、ないかなあ。ぜひ体験してもらいたい。笑
Commented by kyotachan at 2019-01-31 00:37
> ラパンさん
わたしもいいなあと思います。やってみたかったなあって。ラパンさんだったらどこへ頼み込んだのかしら。三女は四人の中ではいちばん受け入れ先が決まらなくてニースにあるお店に片っ端から書類を置いて回った(夫が、笑)んですよ。ギターを弾くから楽器店に引き受けてもらえればいいなあなんてのんきに思っていたんですが。
フライング・タイガーってパリにもあるかしら。ニースには何店かあって、のぞくと楽しいお店です。木のサラディエ(サラダを混ぜるやつ)とかカフェオレボール(これはきちんと重なるのが気に入って一個一ユーロを十二個購入)とか買ったことがあります。
三女はねー、つまらないものを持ってくるだろうなあと思っていたら案の定、ガチンコ(映画とかに使う)の壁掛けと羽のついたえんぴつ、トランプを……。30%引きだったらしいです。笑

Commented at 2019-02-04 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyotachan at 2019-02-04 16:38
>かぎさん
恐縮です!だいじょうぶ、賞味期限とかかびとか、自己判断には自信があるから心配しないで!
おうち、落ち着いた?ウチもいろいろあって話題にはこと欠かないのだけど、書くに至らない……。忘れないうちに書くつもりなんだけどねー。すぐに忘れちゃうから!
ほんんとうにどうもありがとう~。いい年になりますように!
Commented at 2019-02-14 13:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyotachan at 2019-02-15 01:33
かぎさん、
なかなか更新できなくて……。それでものぞいてくださってありがとうございます。
かぎさんはブログ、もうされていないのですか?もしよかったら次回はリンクはっておいてくださいね。
by kyotachan | 2019-01-25 03:10 | 文 化 教 育 | Comments(10)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30