rêve ヘーヴ/ 夢

f0136579_00005916.jpg

場所はスリランカ。

ことばの通じない国の子どもばかりが収容されている病院。
わたしは看護婦の手伝いをしている。

狭い畳の上に何人もの子どもたちが寝かせられている。
わたしは看護婦の真似をして毛布の中に手を入れ子ども、というより赤ちゃんのお腹をさする。

場面が変わって夜。

大きな部屋に並んで眠る子どもたち。
わたしもその中に混じって寝ている。

十二、三歳のきれいな子がむっくりと起き上がり吐きたいというジェスチャーをする。
ふたりの看護婦はあわてて部屋から出て行く。

三つ重ねてある洗面器(家にあるのと一緒)が部屋の片すみにあるのに気づき、
それを少女の前にさし出すとその瞬間少女は吐く。
ソーセージがそのままだったり、かなり固めの吐しゃ物だった。

そこへ看護婦が戻り、「ああ、よかったわ」というようなことを言う。

汚物の始末はしてくれるだろうとその洗面器をさし出すと、
「それはあなたが……」と言われ、向かいにある便所へと捨てに行く。

割のあわない話だなと思う。

スリランカ?と思ったのは人の肌が一様に真っ黒だったから。(了)2016.1.28








ときどき、夢を見る。
たいていはカラーで鮮明に画像が頭の片すみに残っている。

ストーリーは「一体どゆうこと?」なものばかり。
知っている人がありえない設定の役で登場することも多い。

ああ、見たな夢、と思うとメモするようにしている。
どんなに鮮明に記憶に残っている夢でも一時間もしないうちに忘れてしまうから。

今朝、夢を見て、それをメモしたときに目に入った二年ほどの前に見た夢。
いやあ、なにこれ。笑える。すっかり忘れてしまっている。

わたしがいちばん見たい夢は母親の夢。
だけどなかなか出てきてくれない。
もう二十年近くもずっと待っているのに。

















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
Commented by アンジー  at 2018-01-16 06:25 x
おはようございます!  最後まで 読んだところで  あっ それ❗ 私も⁉️  おんなじ(*^^*) 今年の9月で まる20年 母が 夢に出てきてくれるのを ひたすら一日千秋で 待っている  それでもそれでもいっこうに出てきてくれない( ;∀;)
Commented by kyotachan at 2018-01-17 01:58
アンジーさん、
わー一緒ですねー。でね、今回、夢の話って何度か書いたかもー、て探してみたら、ありましたいくつか。その中に母の夢のもひとつ、入ってました。これもものすごーく不思議な夢だった。登場人物がこれまた四十年以上は会ってない!て人たちだった!会いたいと思ったこともないのだけど、潜在意識では会いたいのかしら……。
by kyotachan | 2018-01-16 00:03 | ゆ め ? | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31