soupe de légumes スップドゥレギュンム/ 野菜スープ









f0136579_21191837.jpg

長女の熱は翌日には三十七度~三十六度へ。
長女の丈夫さはわたしの自慢のひとつ。

今朝、次女が三十八度六分。
この人も丈夫だから月曜日には復活するはず。

わたしも熱っぽい。
ああ、大ごとになりませんように。















我が家の野菜スープ。

今回はにんにく、長ネギ、セロリをオリーブオイルでいためたところに
西洋かぼちゃとかぶ。
もうちょっと野菜を足したかったのでにんじんとたまねぎ。
かぶるくらいの水と岩塩をぱらり。
野菜が煮えたらハンド・ミキサー。

食べるときにとろけるチーズとこしょうをたっぷり。
これで風邪で疲れたからだがぐっと楽になる。はず。






























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
Commented by hiromi at 2013-03-18 22:44 x
こんにちは。今月初めに書類のことでお尋ねした者です。
詳しく教えてくださり、ありがとうございました。
残念ながら、教えていただいたクーポンは売り切れでしたが、とっても励まされました!

結局、家にあった千円札を同封して送ってみたところ、今日無事に届きました。
ありがとうございました。

ところで、お身体の具合はいかがですか?
Sureau(ニワトコ)という植物の花がとても効きますので、ご紹介します。
フランスでは、自然食品のお店で1袋3~4ユーロで手に入ります。
これをハーブティーのように煮出して飲むのが一般的ですが、
かなりまずいので、我が家では電動コーヒーミルで砕き、空のカプセル(インターネットで入手)に詰めて飲んでいます。
カゼかな、と思ったら、寝る前に2個、翌朝は軽くなっていてもさらに2個+外出帰りに2個で、カゼ知らずになりました。

よろしければ、ぜひお試しください。
ヨーロッパでは広く知られていた薬用植物だったそうですが、
医療の近代化で忘れ去られたものだそうです。
でも、ヘタな風邪薬よりも効きますよ。
では、お大事に。
Commented by lematinideal at 2013-03-22 11:08
kyotachan

こちらもこの春は、寒暖差が半端でなく
加えて花粉+黄砂+pm2.5とトリプルショック!
お外が気持ちの良い季節のはずなのに
残念なことです。

お嬢さんがた、お加減いかがですか?

冒頭の写真、おいそう!思わず「シラスいり卵おじや?」って
思っちゃったんですけど、チーズ、ですよね!
フランス人、ですねえ。

実は昨年末、プラハ滞在中
鉄の胃袋、と自称してたのに
チーズ、肉、チーズ、肉・・・・に耐えられなかった・・・
体調悪いときはときはお米のおかゆと梅ぼし、っていう胃袋の
にんげんなんだなあ、と悲しくも思いましたよ。

美人さんたちがお病気なのは
せつなくなりますね。
くれぐれもお大事に!ママンも!
Commented by kyotachan at 2013-03-23 06:33
hiromi さん、
わー!どうされたかなあって気になっていたんです。現金がお手元にあったんですね。無事に解決されてよかったです。わたしがあのクーポンを探したのは数年前なんですが、郵便局のどこにもなくて、ある一軒だけにある、と聞いてそこでも「これで最後。これはもう発行しない」といわれてがっちょーん、ときたんです(実は汗)。だから、売り切れ、というかあれはもう、発行されないと思っておかないとだめですね。日本への書類の申請は毎回頭を痛めます。
からだの方は......この野菜スープで病魔のほうに栄養がいってしまったみたいで、なんと丸々一週間苦しむことになりました。日ごろのつけがこんなところに出るんでしょうか。今夜あたりからぐっと楽になってきました。今朝までは本も読めなかったしPCに向かうこともできなかったんですけどね.....。
sureau 検索してみたら色んなレシピが出てきてびっくりしました。今度 bio へ寄るときに調達してみます。薬を飲み続けるってからだにはものすごい負担ですものね。心強い情報に感謝です。空のカプセルの手に入るサイト、よければ教えてください。
Commented by kyotachan at 2013-03-23 06:52
lematinideal さん、
日本在住の方のブログで見ました。幼稚園の遠足も園児が全員マスク着用でお弁当も外では食べられなかったとか.....。なんかどんどん過酷になっていくような。生活環境が。
お嬢さん方は元気なんですがわたしが一週間しっかり寝込んでしまいました。おはずかしいことでございます。節制して健康体になろうと再度(!!!)決心したところでございます。
そうなんですよねえ。わたしもチーズ肉チーズ肉チーズ肉チーズ肉、けっこういけると思ってはいるんですが病気になると一気にごはん豆腐たまご、な食生活になりますわ。やはり土台は米でできているんだなあというか。別に悲しく思うことはないですけどね!このスープだってしらす入りだったらどんなによかったことか......。あ、こちらにもあるんですよ。シラス!たぶんそうだと思うんです。今が旬。よく洗って酢じょうゆで食べたいと思いつつ、こちらの魚屋さんに「生でいけますよね?」て聞くと「えー!」て言われちゃうんです。それで腰が引けてまだ一度も生で食べたことがないんです。なんとこちらではそのシラス、オムレツに焼きこんで食べるのが一般的なんですと。オムレツ......ねえ?ご心配ありがとうございます!
Commented by lematinideal at 2013-03-23 10:29
kyotachanさん(前回、敬称略でした、すみません)

それはそれは大変でしたね!
1週間も寝込む、とは相当の不具合ですね。
春は迎えるのに一番パワーを必要とする季節だそうですから
日頃のお疲れも一気に出たんだと思いますよ。
くれぐれもお大事になさってくださいね。

われわれの土台は米、確かにそうなんでしょうねえ。
やはり、食べ物が水ベース、ということでもありますよね。
しらすオムレツ・・・?
体調良ければ喜んで!でも不調なら卵入りおじや&しらす
と参りたいですね。
Commented by kyotachan at 2013-03-23 22:11
敬称なんてー省略省略!きょーたでけっこうですから。
いやあもう、今回は参りました。のんびり本でも読めたらまだ気分は違ったんでしょうが、ひたすら激痛と闘う時間をじーっと待っているような状態でしたから。でも時間がたてばちゃんとからだから抜けてくれる病気なんですからありがたいと思わなくては。そしてもうちょっとからだのことを思いやってあげようと思いました。わたしもあらふぃふですからね。
そうですそうです。わたしたちのからだなんて魚以外のたんぱく質(つまり、あらゆる肉)を口に入れるようになった歴史なんてせいぜい百年ちょっとですものね。ヨーロッパの、いつから食ってるかわからない歴史を持つ人たちに太刀打ちできるわけがありません。わたしたちのからだはたくさんのお水、おいしいお米、そして活きのいいお魚と良質の、すこーしのお肉。わたしたちって繊細なんですよ。おほほ!
by kyotachan | 2013-03-16 21:29 | お い し い | Comments(6)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30