quatorze ans キャトォゾン/ 十四才








f0136579_2031597.jpg

ふぃ~。

ごたごた続きの学年末の上に
この日はさらにめたくそなことが重なり、
ごたごたとめたくそを一緒くたにして、ぐるぐるぐるとひっかきまわしたような一日だった。

わたしはなんとはなしにつらくなり台所で泣き、
そしたらお風呂場から長女のすすり泣きの音がした。
ああもうなんてこった。

とにもかくにも仕切りなおすには、おいしいものを食べるしかない。

夕方、すったもんだしながらもケーキが焼きあがったときには、なんだか心底ほっとした。
母親のできることなんて、結局はお腹をおいしいもので満たすことくらいしかない。

十三才よりもっとすてきな十四才になりますように!

この人が巣立つときには思いっきりの笑顔で送り出そう。
巣に戻るときには当たり前のようにそこにいてあげよう。

うわー!

わたしったら、
今からそんなこと考えてる!

でも、その日は近い将来、必ずやってくるのだものね。
時間をかけて、覚悟を決めておかなくちゃいけないね。

わたしのお母さん業はあと何年続くんだろう?

できるだけ長く、この美しい人のお母さんでいられますように。
ますます憎たらしいのもほんとうだけどますますいとおしいのもほんとうだ。




















f0136579_20311623.jpg

できるだけ小さく切ったのに
やーっぱり一瞬で消滅。

バニラアイスがやたらおいしい。やばい。






































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
Commented by hiro235 at 2012-06-25 22:30
14歳、おめでとうございます♪
お美しいお嬢様です!!!
きっと、kyota母さまも、おきれいなんだろうなぁと思います。
いいなぁ、14歳かぁ。
あと10年先だな。

はあああああ、私も今日は、めたくそなことがふたつあって、
叫びたい気分です。
以前は、こんなときには、お酒をがーーっと飲んで、寝る
ということをしておりましたが、
平日ですしね。
いらいらいらいらを残しつつ・・・
あぁ、なんて、自分は大人げないんだろうか、
こんなちっちゃなこと、掃いて捨ててしまえればいいのにと
思いつつ、、、

kyotaさんのガトーショコラ、バニラ添えが、
あんまりおいしそうなもので、
うん、チョコレートは、買い置きしてあるぞなんて、
思いつつ。。。

あらためて、ムスメさまを見ては、
ほんとに14歳?
大人ぽいですよね、と思いつつ・・・
Commented by yuriko_chan at 2012-06-26 00:33
なんだかおセンチになっちゃいました。
Commented by sa55z at 2012-06-26 05:51
海外のお嬢様はどの位の年代で巣立つのでしょう。アメリカあたりだと
大学へ入学して家を出てといったところでしょうか。
日本だと、就職して家を出てといったところが標準的かな。
Commented by ほくろの魔女 at 2012-06-26 10:56 x
何かで読みました。親は航海に出ている船(子供達)が、休みたいと思った時、いつでも立ち寄る事ができる港であれと・・・
まさに今うちの長男は就活まっさかりで、時折休みに帰ってきます。(ま、交通費せびり半分なんだけど・・・)
5人家族が今3人に減っちゃったんで「ひっこすう?」みたいな事ちょろっと言ったら春から家を出た次男が「いや!ここは死守してくれ。ここが俺のうちなんだから」と、のたまう。

親とか家って、やっぱ子供達にとっては、特別なんですねえ・・・(笑)
Commented by tomatomatos at 2012-06-26 12:38 x
やだ
会社なんだから泣かせないでよぉ

そうなの
ティーンエイジャーを相手に気が遠くなることの連続
思い出しただけで頭がクラクラしちゃう

でもきっと私たちずーっと親だよ
Commented by greenlove at 2012-06-26 17:43 x
6人家族だった我が家も今では老夫婦の二人きり。
それぞれの子供部屋と母の部屋が今では「開かずの間」
リビングとキッチンがあれば事足り,掃除も大変で
「この家を処分してマンションにでも移ろうか」といえば「お願いだからこの家は置いておいてと子供たちに懇願されました。
全員もう40代ですがやはり育った家は母港みたいなものなんでしょうね。
10代は悩み多き年頃ですからね
いろいろ衝突することもありますがやっぱり家は羽を休めるところだと思いますよ。
Commented by kyotachan at 2012-06-26 23:50
hiro235 さん
ありがとうございます~。
>>>>>きっと、kyota母さまも、おきれいなんだろうなぁと思います。
もちろんです。双生児親子とか姉妹みたいですねってよく言われるんでよ。というのはもちろんうそで長女がベビーカーに乗っているころからたびたび誘拐犯扱いを受けています。ったくどうしてこのような子が生まれたのか。どこへ感謝状をお出しすればよいのやらでございます。
>>>>>はあああああ、私も今日は、めたくそなことがふたつあって、
小さい子を持ちつつ働いていらっしゃるのですものね。めたくそなこと満載な毎日なんでしょうねえ。わたしはね、そういうときには平日だろうがなんだろうがめたくそに飲んでしまいますよ。こんちきしょーこんちきしょーと飲んでががーっ!と寝ます。いらいらしてストレス抱えたまま寝ることなんてできませんもの。
hiro さんはほんっとにお料理が好きなんですね。ブログの画面からそれがじわじわ~っと伝わってきます。
Commented by kyotachan at 2012-06-26 23:53
yuriko_chan さん、
ユリコさんのお子さんたちはもう、お酒の飲める年齢でいらっしゃるんですよね?家族全員お酒好きってあったので......。わたしも早く子どもたちと飲み交わせる日が来ればいいなあ。で、ひとりくらい下戸がいて、車で出かけるとききにはその子が運転手。なーんてね。いろんな妄想を繰り広げているのであります。
Commented by kyotachan at 2012-06-26 23:55
sa55z さん
知り合いのお嬢さんは十六でバックに受かって、その年でパリ行きですよ。アパートでの一人暮らし。ちょっと、わたしにそれがさせてあげられるのか不安ですわ。こちらの一般はどうなんでしょうねえ?たくさん一般がありそうでちょっとわかりませんわ。
Commented by kyotachan at 2012-06-26 23:57
ほくろの魔女さん、
その話、わたしもどこかで読んだような。家族、てだんだん減っていくけれどもでもまたその子どもが自分の子どもを連れて戻ってきたりするから、やっぱりスペースはとっておいたほうがいいのかもしれませんね。わたしもいつ帰っても一応の自分の部屋でかび臭い本を読み返すのがなんといっても楽しみでした。
Commented by kyotachan at 2012-06-26 23:59
とまとさん、
すまん。泣かせてしもうたか。
>>>>>でもきっと私たちずーっと親だよ
うむ。これはね、いつまで生きていられるかなーって意味だったんだよ。ずーっと親なのはもちろんずーっと親だよね。
Commented by kyotachan at 2012-06-27 00:02
greenlove さん、
「実家」、てやっぱり子どもにとってはいちばん気持ちの安らぐ場所なのかもしれないですね。親がいてくれる、というそれだけで、なんだかとってもしあわせな気持ちになれる。わたしはその場所を失ってしまったからこそ、そのありがたさをしみじみと身にしみて思います。開かずの間、がたくさんあるお家、いいですわ~。
Commented by アトリエ夢 at 2012-06-27 09:30 x
美しいおじょうさんの お誕生日おめでとうございます。

私も めったくそな出来事2つも3つもあり もう 心穏やかじゃござんせん! 娘とのトラブルは ずっとよ! しっかりした娘ほど衝突もあるわね。 え~~!そんなこと思ってたん?! 今それ言うか!? なんてね。 母親はあと何年?なんてもんじゃない・・・大人になったらなったで 問題は深刻になってくる。 

自分の近くに引き連れていられる時期が どんなにいいか・・・。テンヤワンヤの単純な忙しさは 幸せ。 大人になってくると そら グ!のネも出ないこと・・・・いわれる。「偉くなったのね~~!」と 心で思うしかない・・・
あ、ここで 愚痴ってしまったわ (笑)
そんな こんなで 日が暮れていく・・・親子だからもめて、親子だから
あきらめて、親子だから一番大切に思っているから 傷もつく。

みんな そんなんだと 思う。 ガンバロー!(自分にいいきかせてる わ)
Commented by somashiona at 2012-06-27 09:39
長女ちゃん、14歳おめでとう!
いやぁ〜、メチャ美人だよね。母ゆずり?笑(え、笑うなって)
うちの息子ソーマのガールフレンドになってくれないか聞いてください。地味な少年ですが、真面目な子です。うまくいけば、将来フランスにいく口実ができるので。もちろん、タスマニアに来る口実も。
Commented by Ginger at 2012-06-28 00:26 x
長女さんの14歳のお誕生日おめでとうございます!!!
お顔の綺麗さと弟や妹さん達にも優しい性格にいつもうっとりしますねえ。

>母親のできることなんて、結局はお腹をおいしいもので満たすことくらいしかない。
Kyotachanさんのこの一言、ずっしりきましたあー。私はいつ娘のお腹を私の料理でしかもおいしいもので満たしたのか全然記憶が無いっす。
Commented by sono-sono-house at 2012-06-28 15:42
14歳おめでとう!!
ウチの娘も14歳になりました。
なんだかあっという間に大きくなって、ムカッっと来る事も増えました(^^;)
私も美味しいものでも作って、お母さん業たのしも~~っと(^^♪

Commented by kyotachan at 2012-06-29 17:08
アトリエ夢さん
ありがとうございます!夢さんにもありますか、めったくそな出来事!二つも三つも......。人生の大先輩にそういわれるとなんだかほっとしますわ。
>>>>>「偉くなったのね~~!」と 心で思うしかない・・・
ほんとほんと!車の助手席でわたしに指示するんですよ~。むかつくけど、ハイハイ、て聞いてます。おめーが運転するときが今から楽しみだわ、って心の中で毒づいてますわ。......わたしもガンバロー。
Commented by kyotachan at 2012-06-29 17:10
somashiona さん
ありがとうございます~。そうですそうですいわずもがな、長女は運良くわたしによく似てよかったです~。おいこら!
ああ!ほんとにね~。天才折り紙士、天才パティシエ、天才天才のソーマくんの奥さんになるっつーのは悪くない話ですねえ。でもねでもね、今日、デートなのよ。長女。人生お初の!
Commented by kyotachan at 2012-06-29 17:12
Ginger さん
どうもありがとうございます。やさしい性格....。うん、そうですね。たぶん、わたしよりはずいぶんとやさしい人だと思います。
ジンジャーさん、いつもそうやって謙遜されるけど、でもきっととーってもいいお母さんなんだろうなあと思います。
Commented by kyotachan at 2012-06-29 17:14
sono さん、
ありがとうごじざいます~。そのさんところとはほんと、同時期なのよね~。お互いにお母さん歴、十四年ですね。ほんとにむかつくことの連続だけどでも、わたしの十四のときよりはましかなあ、なーんてね。巣立つまでのあと数年間をせいぜい楽しんでおきましょうね~。
by kyotachan | 2012-06-25 22:14 | 六 人 家 族 | Comments(20)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30