人気ブログランキング |
ブログトップ

nice!nice!nice!

bonne fin d'année ボンファンダネ/ よい年の暮れを。







f0136579_3381968.jpg

それは、松谷みよ子の『龍の子太郎』だった。

わたしは小学生だった。
本を読んで感動することをはじめて知った。
本を読んで泣いたのもはじめてだった。

太郎が、かっちょよくてかっちょよくて、
ああ、なんてすてきな男の子なんだろう、と思った。

わたしの周りにいる男の子とは、まるで違っていた。

話のすじは、大方忘れてしまった。

挿絵が、また、好きだった。

最後の方にあった、目。
あれは、太郎のお母さんの目だったのだろうか。











2012年のカレンダーに、龍年、とあった。
龍の絵が描いてあって、ふと、むかーし読んだ本のことが浮かんできた。

『龍の子太郎』、また読もう。
未来に、読みたい本が待っている。
そう思うだけでわたしはしあわせだ。

















わたしは、今、生きているこの場所でしか、
見たり、聞いたり、感じたり、することはできない。

わたしは、今、生きているこの場所でしか、
思ったり感じたことを書くことしかできない。

わたしにそれを許してくれる、この場所にどうもありがとう。
この場所に来てくれる、あなたに、どうもありがとう。



































31日まで、投票可。最後のあがきで、ぜひ。なーんてね。

いやんいやん、もう。ほんとに感謝しとるとよー。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



↓↓↓ 終わった…。あとはあんたが読むだけばい…。

Commented by kyoko at 2011-12-31 18:07 x
私も松谷みよこさん、大好きでした。
良いお年をお迎え下さいね!
Commented by 母饅頭 at 2011-12-31 22:35 x
今年は感動と共感を沢山ありがとうございます。
来年もブログを通して、色々な感性、沢山の感動をいただけたらなと思っています。

良いお年をお迎えください!
Commented by kyotachan at 2012-01-02 22:51
kyoko さん、
日本へは無事に到着されましたか~?日本のお正月、満喫されますように!今年もどうぞよろしくおねがいします!

母饅頭さん、
こちらこそ、いつも共感のコメントをいただいてどれほど励まされたかしれません。今年もどうぞよろしくおねがいいたします!
by kyotachan | 2011-12-31 03:47 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(3)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族