frontière フロンチエ/ 国境







f0136579_1615292.jpg


サルデーニャ島のビーチ

これからフェリーでコルシカ島へ行くから時間がないのよ
て子どもたちにはおあずけを食わせたわけだったのだけど

海水はちょうどいい感じに温かくてああここに浮かんだら気持ちいいだろうなあって
わたしだっておあずけを食らわせられた気分だったのだけど

あとから思えばビーチでゆっくりしたってよかったんだよ
あとから思えば、、、





f0136579_1621366.jpg


いやあ今回のコルシカ島行きにはスタート時点から色々とあったんだった
わたしの希望だったサルデーニャ島行きがかなわぬものとなり
代替案としてのコルシカ島の宿がすんなりとれたまではよかったのだが

サルデーニャ島行きのフェリーだけはキャンセルできず
そこを通過してコルシカ島へ行くことになったのだった

まず基本知識として
コルシカ島はフランス領でニースからは港からフェリーで三時間程度

サルデーニャ島はコルシカ島と並んで浮かぶ島でイタリア領

出発二日前に発覚したパスポート問題
フェリーに乗る際パスポートの提示を求められるらしい

怒りましたダーリン、、、

数ヶ月前子どもたちのパスポートを作ろうかとダーリンに提案された時
パスポートー?どっか連れてってくれるのん?パスポートがいるようなところに?んっ?
いらんいらんそんなもん金はかかるし子どものパスポートは期限が短いから
結局使わずに終わってしまうに決まっとるやん!と一蹴した、、、この悪妻に対して

地団太を踏んで
ああ、、またボクはキミの言うことを聞いてしまった、、またボクはキミの、、、
と怒りをあらわにするダーリンに

だって!イタリアやん!しょっちゅう行き来してるやん!
今さらなんでパスポートなんかいるのん?
とうろたえる悪妻

陸続きな場所と違って海を渡るときは事情が違うらしい

少しして怒りがおさまってきたダーリン国境近くに住むイタリア人に電話をかけて意見を聞いてみた

なにい?パスポートー?んーーー、、、問題ないんじゃない?だってなによ子どもでも盗むつもりなわけ?
と一笑されちょっと気を持ち直した模様

わたしは怒り狂うダーリンを見てもどうしてもそれが重大ごととは思えず
なんの問題もなく通過できるような気がしてならない
ちなみにわたしたち夫婦のパスポートと修学旅行でイタリアへ行った長女のパスポートは問題なくあり
長男と次女のは存在してはいるものの期限がとっくに切れていて
三女となっては生まれてこの方パスポートなるものを所持したことさえないという状態

とりあえずできることは
今あるこのパスポート類をすべてカバンにつめてどうにでもなれいっ!
と出かけてしまうことだった

ニースジェノバ間は約200km
国境には警察や税関のお役人?がいるもののわたしたちはノーチェックでスルー
やたらと荷物を積み込んでいる車などがチェックされているようだった

ジェノバの港でも何のチェックもされずスルーで乗船
ジェノバからサルデーニャまでは約十一時間、、夜七時半に乗って到着は朝の六時半
リクライニングシートで眠ったんだか眠ってないんだかの夜を過ごすことに、、、、

朝一でサルデーニャ島に到着したわたしたちはとりあえず
コルシカ島行きのフェリーが出る港を目指して車を走らせることに
フェリーの出発は午後の三時半
サルデーニャ島からコルシカ島まではフェリーで一時間ほどで一日に三便出ている

ああそれにしても!通り過ぎる村々のなんともかわいらしいこと!

イタリアびいきのわたしの目にはどれもこれもがステキなオブジェに見えてしまう
ポストの色から家の壁の色店先に並んだビーチチェアさえ、、くーっ、、イタリアだ、、、

f0136579_1623663.jpg


港の場所を確認したらそばの街を散策
お昼に食べたスパゲティも美味で大満足、、やっぱイタリアは違うよ、、

フェリー出発一時間前に港へ行き
フェリーへ乗船するというその時
警察官のパスポート検査が、、、、女性の警察官の腰には、、、ピストルが、、、
こんなきれいな顔して、、撃つときは撃つ、、んだろうなあやっぱり、、、

片言のフランス語を話すこの女性の警察官
わたしたちのパスポートに目を通し

ah, ce n'est pas bon pour moi
ア ス ネ パ ボン プー モワ/ ああこれはわたしにはよくないわ

という冷静な一言

片言のイタリア語と早口のフランス語で必死に応戦するダーリン
わたしたちが何の罪もない健全な家族旅行をしている者以外のナニモノかに見えますか?
、、、いやそんなことは言ってなかったかもしれないけど
とにかく子どもたちと一緒に乗せてもらわないと、、下三人をここへ残していくわけには、、

ダーリン必死の形相に女性の警察官

ちょっと待ってて

と言い放ち少し離れた場所にいたおそらく彼女の上司のところへ相談へ行ったようだ

と、、、

と、、、、、一分もしないうちに戻ってきて

c'est bon
セ ボン/ いいですよ

と通してくれた



ぎゃーーーーーっ !!! 



難関中の難関を通過したわたしたちはそりゃあもう 天 下 さえとった気分で乗船

もうすっかりリラックスして乗船し子どもたちとポテトチップスなんぞをつまみつつ
出発時間を待っていたのだけれど

出発時間を三十分過ぎても四十五分過ぎても一向に動き出さないフェリー



故障しているから下船しろ、、、と、、、



ウッ、、、ウゾッ、、、

とってなかった、、とったつもりがとってなかった、、、天 下 、、、、、、



ぐったりしながらふたたび車に乗り込んで下船
よく事情が見えないままフェリー待合の駐車場でぼんやりしていたら
さっき同じフェリーに乗っていた人たちが
窓口で切符を買いなおしている姿が見える

ダダダダーリン!

切符買いなおさなくちゃいけないんじゃないっ???

すんげえはったりのイタリア語を話すダーリンははったりはやはりはったりで事情がよく飲み込めてなかったらしい

フランス語の話せる親切な人が説明してくれたところによると
次のフェリーに空席があればその切符を購入し乗船することができる
そのあと故障したフェリーの切符の払い戻しを受けることができる、、ということらしかった
そりゃそうだよ、、故障で下ろされたからって次のフェリーにただで乗せてくれるわけはないんだよ、、、



ここでまた持ち上がることになるパスポート問題



窓口で切符を購入する際乗船する者全員のパスポートを提示しろと言ってきた
一山も二山も越えて相当ぐったりきているダーリンここでまた三つ目の山を登ることになる

ボクたちは故障した船を降ろされたんだよ!
今さらパスポートなんて関係ないだろう!
警察のチェック?さっき受けたよちゃんとね!

どなるようにして窓口に訴える

その剣幕に押されるようにここでもまたコロッと態度の変わる窓口のイタリア人

あっそ、、、

あっさりと切符を売ってくれた、、、売って、、、くれたんだよ、、、パスポート持ってないのに!

さっきの女性の警察官今度は何もチェックせず笑顔で送り出してくれた、、、パスポート持ってないのに!

すんげえいい加減?イタリアって?

い、、、いや、、ほんとにその、、、いい人たちですイタリア人!

f0136579_1625435.jpg


こうしていくつもの山を乗り越えて乗り込んだイタリアのフェリー
一時間ほどしてコルシカ島の bonifacio ボニファッショ の港が見えてきたときには

ああ、、、フランスだ、、、

て心底ほっと、、、

そうそれはまるで、、、
わきの下に子どもたちをひとりずつはさんだまま
宮殿で宝石をわんさか盗んだあとに海賊船に乗り込み警察の銃撃戦を必死にかわしながらついに逃げおおせたような
まるでそんな気分にもさせられる瞬間だった

f0136579_163164.jpg


夕方の四時半には到着していたはずのコルシカ島に
夜の七時くらいに着いた、、、という不運はこの際もうどうでもよくって

ここまで家族全員が無事に無傷で(←ピストルで撃たれることなく!)たどり着けたという最強中の強運にただただ感謝するのみ























あ~テキストなげ~、、、でもこれははしょれなかったの~、、、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ


島々にはね、、色々とキケンなことがあるらしいんですよ、、、だからパスポート!準備しておきましょう、、、ね?!

おめーに言われたくねーえ?、、、恐れ入ります
[PR]
Commented by akiko_tp at 2009-08-03 18:36
すごーい。ダーリンさん、頑張りましたねぇ!
我が家だと、こういう担当は言葉ができるできないに関わらず、勢いまかせの私、になる、、、ので、、、、

フランス=イタリア間ってEU内だから、フランス人はIDカードだけで良い、とかはないんでしょうかね?
飛行機のる場合、フランス人皆パスポートじゃなくてIDだけ見せてた気が。

こういう融通がきちんときくあたり、フランス・イタリアが愛すべき国に変わる瞬間ですね。
Commented by kyotachan at 2009-08-03 18:47
をっ?早速どもー!ままままじい?アッコさん、、、すごい、、、うさぎちゃんの目をしといてそんな押しがつよいだなんて、、、
もちろん ID カードも出した、、そしたらさ「carte de sejour 」てなってるじゃない?わたしたちのカード?それを見た窓口のイタリア人がこれは ID じゃないとか言い出して、、もうほんとにどうなっちゃうんだろうおおおおおってかーなーりードキドキしたよ、、でもわたしたちってどう見ても善良で家族旅行を楽しむ普通の人たちにしか見えないからさきっと、、、ヤクとかブツとか持ってるようには見えないと判断してくれたんじゃなかろうかと、、、ほんとにねー融通がきくっつーかこんなにいい加減でいいんだろうかと←いやそのおかげで旅行続行できたんだけどさ汗
Commented by juliavonlea at 2009-08-03 19:59
ヨーロッパに住んでいる人達はもうパスポートなしで行き来が出来ているんだろうなぁ~と何となく思っていました。わーびっくり。
私も昔、イタリアでやらかしました。スイスのユースホステルに泊まって、スイスパスを使ってぐるりと一日かけて回るプランのある日。一部イタリア領に入っていたんです。切符はあるので問題なかったのですが、問題は国境でした。国境間際にパスポートコントロールの人が乗り込んで来て初めてことの重大さに気がつきました。@@
マズイ!と思い自分から言いに行き(言葉もわからないのに)、イタリアを出る前の駅で下ろされ(←その間電車はずっと停車したまま^^;)、ま、いいでしょうとなり!再び車中の人となった私。^^
ヤレヤレと思っていたら今度は、スイスのパスポートコントロールの人にチェックを受け・・・その時は、同じコンパートメントの人達が口添えしてくれて何とか助かりました。ホテルに帰ったらあるんだしーと。スイスの方が厳しかったよ~。
kyotachan一家も無事で何より!^^
Commented by TAKU at 2009-08-03 21:56 x
だーりん、さすが!
イタリアに行くときは気をつけます。が、最近ラテン系が好きなので、交渉力をつけることとしましょう。。

先日、アマルフィ-女神の報酬-という織田裕二主演の映画をみてきました。舞台がイタリアなのですが、織田裕二が演じていた外交官が「イタリアにきたらスリに気をつける」ポイントをいくつか言っていました。
そんな先入観で訪問したくありませんが、注意するに越したことはありませんよね。
Commented by gudi at 2009-08-03 22:33 x
ん〜ん、分かる分かる、はしょれないのよねーこういうのって。
Commented by fujiyama-norichan at 2009-08-04 04:55
ラテンですねー!!
ドイツはあり得ないなぁ・・・あり得ない。
フランスからイタリアだったから良かったのかも知れませんね。

ビザね、うちは去年に3年もらえたところが長女のパスポート期限が一年しかない事がそん時に発覚して、一年しか貰えなかったんですよ!!
違う州に引っ越すにも書類だの大変ってこともあって、まだここにいるんっす(泣)で、今年は今年で微妙に残り2年と半年(次回は3年)とかの子供がいて・・・こりゃ全員一気に新パスポートやん!って思っているところ。
あー無駄だけれど、この新たに申請する書類の山も苦痛なので、一気に皆新パスしてまいます。
Commented by juntobaguio at 2009-08-04 07:59
はぁ~。
まるでジェットコースタームービーのようでした!(笑)
一気に読み終えちゃった!
でも、そんな経験も良い思い出となりますね。
Commented by mirasierra at 2009-08-04 08:18
なんとなく・・・わかる気がします、たぶんスペインと似てるなぁ、と。
わーっと言ったもん勝ちって感じが!(笑)
海路だとパスポートがいるのですねぇ、知りませんでした。
今週末より陸路 西→南仏→伊 旅行にいく我が家、ホテルで提示しないといけないので、パスポートは持って行きます。
(居住証は更新手続き中で期限切れ…手続きに時間がかかるのもラテンならでは!><)
我が家にとっては、イタリアよりもフランスの方が言葉がわからなくて(似ていなくて)、難関です。^^;

次はコルシカ島の様子ですね、楽しみにしています。
そしてお差支えなければ、リンクをいただいてよろしいでしょうか?
Commented by peixe at 2009-08-04 15:51
よかったね~
もう、読んでてドキドキしたよ。
それにしても、綺麗な海ね。
続き楽しみにしてるね^^
お前のはどうしたって・・・ハイ がんばります
Commented by kyotachan at 2009-08-04 16:35
+ juliavonlea さま

昔、、、てその昔、、、て想像するに二十年くらいは昔、、、てこと、、、???まだドイツが東西に分かれていた時代の、、、???そんなときにあーた!パスポートも持たずに!、、、、いたいけな少女の julia さんの姿が目に浮かびます、、まるでわたしを見ているよう笑、、悪意がまったくなくただの無知な場合って結構なんとかなる、、とかっていまだに思ってるわたしってやっぱり大人になりきれてないな、、、今回の教訓を忘れずとりあえずは子どもたちの身分証明書←無料で申請できて十年有効、、サルコジ政権になって色んな事が厳しくなっていることを考慮してこれをいっちょやっとこうかなと思っているところです、、陸続きのところはもっと簡単だと思うんですが島、、てね結構マフィアのメッカだったりするんですって、、それで規制が厳しいのだそうです
Commented by kyotachan at 2009-08-04 16:39
+ TAKU さま

スリ、、、ねえ?わたしもニースってスリが多いの?と聞かれたりするんだけどスリ、、、てどこにでもいるでしょ?それこそ東京にだっていると思う、、、もちろんニースにだってイタリアにだっていると思う、、世界中どこいったってスリのない国なんてないと思う、、でもだからってニースが危険だらけかっていうとそうとも言い切れない、、危険だらけの場所なんてきっとないし同時に危険なんてひとつもない場所もまたないのだと思う、、ラテン、、いいですよね、、、テキトーにいい加減で笑
Commented by kyotachan at 2009-08-04 16:40
+ gudi さま

、、、、、、気持ち察していただいてありがとう、、忘れちゃうやん?だからこれはねはしょらず書いておこうかと、、、シチリアも、、なんだかよさそうだね、、、、
Commented by kyotachan at 2009-08-04 16:45
+ fujiyama-norichan さま

うわー!そっかーノリフジさんとこはゴリラくんのぞいてみんな日本人?だよね?それは気苦労が多いですねーウチはわたし除いてみんなフランス人だから、、、わたしは最初の申請で十年ビザをもらえたので次回は2014年かな?ただ今回子どものパスポートがないと面倒なことがあるんだなあと思ったので無料で申請できる身分証明書を作っておこうと思った次第、、、、島へ渡ることがなければ EU 内の場合陸続きだとこれでいけるかなと、、いやどうだろう?ドイツはとりあえずさけることにします笑
Commented by kyotachan at 2009-08-04 16:51
+ juntobaguio さま

わーほんとに~~~?テキスト長くなるといっつもこんなん長いの誰も読まん、、途中で誰も読んでくれん、、て思うんですよねーでもこれはなかなかにきわどい経験だったので忘れないように残しておこうかと、、、もうこんなんやですから、、、ほんとに、、、女性の警官がいつピストルをぬくのやらとびくびくしてましたあからほんとに、、、ところでしのさんカメラ変わりました?写真がなんだか美しくなってるー!そしてわたしってフィリピンに住むしのさんとジュンくんより黒いんですけど、、、これって、、、
Commented by kyotachan at 2009-08-04 16:57
+ miraseirra さま

そう!ほんとにそのとおり!言ったもん勝ち?!もうそれしかないって感じ、、、まくしたてたとたんに態度が豹変するの、、、こちらがひょうしぬけするくらいに、、、え、、ええっ!そんなに簡単に通ることなら最初から言わないでもいいんじゃん?てつっこみたくなりましたもん、、、もちろんそんな危険な真似はしませんが、、、あ!そうそうイタリアフランス、、、じゃなかったでしたっけ?いつ頃なんですか?
リンクありがとうございますーわたしもいただいてちょくちょく遊びに行くようにしますねー!
Commented by kyotachan at 2009-08-04 17:01
+ peixe さま

わははーpeixe さんもおかえり~だよね~、、、ホットドッグすんげえおいしそうだったー!やっぱアメリカはホットドッグねらうべきだね、、、
このビーチは本当にきれいだったよ~あまり大きくなくて丸く守られててそれに水の中もずっと砂が続いていて海草がまったくないでしょ?海草があるところは黒く見えるけどそれが全くなかった、、、夫がもうすでにいきたがってる、、、、笑
Commented by somashiona at 2009-08-04 20:12
全て書いてさぞかしスッキリしたでしょう。
最後まで読んで僕もスッキリしました。
長いテキスト、嫌いじゃありません、、、って短くしたくてもそう出来ないのは僕の方でした。
ダーリン、万歳!
Commented by kyotachan at 2009-08-04 20:52
+ somashioan さま

もうひと月も前の話だからどんどんその時の感情が薄れていくのがわかるんですよ、、ああこれは書いておかないといけないよなと思って、、、すっきりしました、、、まるでその、、トイレですっきりしたときみたいに笑、、、写真も文章もそして音楽や絵も創造するものすべてに通じる気がします、、いいものが創り出せたときのよろこびって自分の中からわいてくるよろこびって、、、そしてそれに共感してくれる人がいたときのうれしさと言ったら、、それもまた格別ですよね、、今のシリーズほんとうに楽しみです、、いろんな事を思い出して引き伸ばして続けてくださいねー!
Commented by sono-sono-house at 2009-08-05 15:26
遅くなりましたが、お誕生日おめでとう!!
そして、この長~い旅行記?一緒にドキドキしながら楽しめました♪♪♪
私も一緒に旅行している気分でしたよ(^^♪
海も景色も建物も・・・きれいですね~~
行ってみたいなぁ~~(ひのえうまの年に行けるかな??)

それから、やっと使い方を覚えたので、リンクさせてもらってもいいですか?
よろしくお願いしま~す♪

Commented by kyotachan at 2009-08-05 19:53
+ sono-sono-house さま

ありがとうございます~長いのに読んでくださってどうもありがとうございます~
ひのえうまの年にコルシカ島???う~む、、そんなことが実現できたらすばらしいだろうけど、、その年はニースとニース周辺をゆっくりとご案内したいあなと思っているんですよ、、てか今からそんなこと夢想しちゃってるわたしもわたしなんですが、、、リンクありがとうございますー!
Commented by moconail5ott at 2009-08-06 06:09
イタリア人はいい加減なんですよ~とっても!(笑)
何かが起こったら絶対食い下がるべきです!
(逆切れくらい演じてみましょう)

去年ジュネーヴに行った時旦那が(イタリア人)
パスポートを忘れて(私は持って行った)
国境を目の前に引き返そうとしたくらいですから
EU圏内でも(まあスイスはEUではないですけど。。)
パスポートは持っていた方がいいみたいですよね。
娘のパスポートもスイスとイタリア
両方持ってるのですが、旦那に両方持っていけと言われ
持って行きました、そしてそんな本人が忘れたんですから
イタリア人ってこんな感じです(爆)

それにしてもコルシカ島行くのに随分遠回りされたんですね~。
友人はこの間サルデーニャから帰って来たばかりですが
ジェノヴァ、サルデーニャ間の船がとても高かったので(800ユーロ)
リヴォルノか ラ スペツィア(いずれにしてもリグリア州の端でトスカーナ寄りです)から行くと300ユーロで帰りはジェノヴァ着の船でしたよ。
私もまだコルシカもサルデーニャも行った事がないので
ぜひ行ってみたいです、エルバ島も魅力ですね!
Commented by kyotachan at 2009-08-06 21:21
+ moconail5ott さま

、、、、そうなんです、、、もうなんかむなしい感じに遠回りして行って来ました、、たぶん夫的にはニースジェノバ間が短い方がいいという判断だったのだと思います、、、でもサルデーニャ通過できてよかったです次回はぜひココでバカンスを過ごせたらいいな、、エルバ島ですか、、それは初耳です、、島っていいですよねー
いい加減というか、、うんなんていうか「言ったモン勝ち」の精神はしっかり感じましたねーはったりでもなんでも言ってみればいいわけね?みたいな?爆
by kyotachan | 2009-08-03 18:18 | コ ル シ カ 島 2009 | Comments(22)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30