téléphone テレフォン/ 電話







f0136579_19312218.jpg


わたしが独身時代勤めていた
東京にある会社の電話受信システムは

本人が不在で伝言のある場合
その電話を受けた人がメモを書いて
当事者の机の上にセロテープで貼っておくようになっていた

夕方営業で外回りをしている社員から電話が入る

電話を受けた人はその社員の机まで移動してメモの有無を
そしてメモ有の場合はそのメモの内容を伝えるのだ

ああ。。わたしってば携帯電話のない時代に生きてたんだわあとなんだかしみじみ思う
アナログ人間としてはそれが結構ウレシイ過去の思い出として蓄積されているわけだけど笑

その日電話をかけてきた営業さんの机のメモには

「氷山の〇〇さんより電話あり」

とあったわたしはそのメモのまま

「ヒョウザンノ〇〇サンヨリデンワアリ」

と伝えた電話の向こう側が一瞬しんとしたと思ったら

「ヒョウザンノ〇〇サン?だれだそりゃあー!」

と叫んでいる。。いやあだれだそりゃあー!と言われてもあなたのお客さんじゃあないんっすかあ?
わたしに向かって叫ばれてもこちらとしてはヒョウザンノ〇〇サンとしか書いてないんですよねえと言うことしかできない

人のいいことで知られていたその営業さん
だーれかなー。。ヒョウザンノ〇〇サンッてー。。。と考え込んでしまった。。
わたしとしてもそれが誰なのか言い当ててあげたいものの営業の内訳まではとんと知らされていない立場だ
しばらく考え込んでいたその営業さんがふと思いついたように聞いてきた

「で?誰なの?その電話受けてくれたの?」

言われて視線を落とすとその年に入ったばかりの高卒の女の子の名まえが。。

っと!

わたしはそこで一気にベクトルが別の方向へ触れて

「あっ!あっ!これって!もしかしたらコオリヤマノ〇〇サンじゃありませんっ?」

とこれもまた叫ぶように言うと

「あーっ!そうだよーっ!コオリヤマノ〇〇サンだったら俺知ってるわー!」

。。。。。というようなことがあり

後日そのことを営業部長さんにチクッた←ええええもともとねイヤな女なんですよわたしってば!
おまけにチクるだけではあき足らず

「氷山が実は郡山だってことに気づいたわたしって偉いでしょ?」みたいな今思えば
どっちかっつーとハナクソがミミクソを笑っていたようなもんだったのになあと思えることを
なんだか嬉々として報告したんだった

営業部長さん。。笑いもせずにいや苦笑いくらいはしたかもしれなけど
わたしが予想してたほどの千分の一ほどにも笑わずに

「そんなこと言うけどねーキョータさんのメモだってずいぶんひどいんだよ」

と言われてしまった←大学出てても結果同じじゃん!みたいな?

というなんだかほんとにどうだっていいだろそんなことー!と言われそうなことを昨日行った美術館のこの潜水服を見ていたら一瞬で思い出したんだった
それにしてもよく似ているわこれ。。営業部長さんに






















年中外回りとゴルフのせいで顔は一年中真っ黒
そして目がね。。くりくりっとした営業部長さんだったんです。。これ見てるかな見てないだろうなあ。。
ブログランキング・にほんブログ村へ


八年間ずっとひどいメモを置き続けたにもかかわらずかわいがってくださってありがとうございました。。と言いつつこれは見てないよな。。ウン。。

恐れ入ります
[PR]
Commented by fairymam at 2009-06-04 23:16
おもしろエピソードですね!
氷山と郡山。
あっ!これって!と気づいた瞬間は爽快な気分だった
のではないですか。

私は社内で "脱字クイーン" という名をつけられたほどの
人間なので、笑っている場合ではないのですが。
笑えちゃいました!!

ニース・モナコの件ありがとうございました。
旅行計画進めていきたいと思います!
バルセロナにいっらしゃる時にはぜひお声をかけてくださいね。
ご案内しますよ~♪
Commented by tomatomatos at 2009-06-05 10:32 x
潜水服から伸びてるウデがリアルなんだけど....
もしかしてヒト?

営業部長サン見ていてくれたらいいのにね!
どうだっていいことだって 大切の思い出だよね
Commented at 2009-06-05 12:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyotachan at 2009-06-05 18:42
+ fairymam さま

脱字クィーン!うーむ。。。負けた。。爆!
夏休みのいつごろいらっしゃるご予定ですか?もしよかったら教えてくださいねーバルセロナへうかがうときにはゼヒゼヒお世話になるまする~
Commented by kyotachan at 2009-06-05 18:43
+ tomatomatos さま

ヒヒヒ。。ヒト。。っつーか人形よ人形!ここ美術館だからー!お芝居やってるわけやないからー!
Commented by kyotachan at 2009-06-05 18:46
+ かぎこめさま

ようこそいらっしゃいましたご訪問ありがとうございます。。わー!そんなところからいらしてくださる方がいるなんてー!なんだか感動でございます
。。あれ?もしかして佐賀?!で?メグちゃんのお知りあい?!わっちゃー!なんかものすごーく危険な関係にあるようなないような。。お子ちゃまたたちもうすっかり大きいんですねー!なんだかしっとりとした落ち着いた文章にいやされました。。またコメント寄せてくださいね今後ともどうぞよろしくおねがいしますアイシアッテルカアアアイイイイイ!!!
Commented by みった at 2009-06-09 15:08 x
これ笑えました!私も福岡で仕事をしていた時に...
”大英博物館のなんちゃらかんちゃら...”のメッセージを受け取った子が書いていたメモ...”ダイエー博物館”になってました。
福岡だったからかも...。
Commented by kyotachan at 2009-06-09 21:16
+ みったさま

いつも熱心に読んでくださってありがとうございます。。これねーもうずいぶん前のことなのに忘れられないエピソードなんですよねー自分ってばかなんだよなあと再確認しちゃいます。。電話って難しいんですよね。。営業さん同士で使い慣れてる用語ほど素人のわたしにはちんぷんかんぷんということが少なくなかったですから。。
by kyotachan | 2009-06-04 20:06 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(8)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30