ブログトップ

nice!nice!nice!

なんだなんだ!けっきょくオレってけっこうちっせーんだな!

f0136579_04492723.jpg

急に秋になった、と思うその日の朝、
わたしはバイト先の店先を掃いていた。

若いフランス人の男の子、といっても年は三十五、あるいは四十くらいか、
ニースにはめずらしい白いワイシャツにネクタイ姿の、
見るからにニースの人ではない感じの、けっこう感じのいいその男の子が、

わたしに笑いかけながら通り過ぎようとした。
わたしも同様にちょっと笑った、と思う。

と、その男の子が、ちょっと引き返して来て
「すみません、中国人の方ですか」
と聞いた。

ふいをつかれ、首を横にふる。

「あ、そうですか、いやすみません、いま、中国人の方を探しているんですよ」。
感じのいいその男の子はなんだか無邪気な顔でそう言い放った。

わたしはなんだか、自分が日本人だと主張する気も起こらず、
そして、なんで中国人を探しているんですか、
というものすごく知りたい疑問を投げかけることも出来ず、

なんだか困ったちゃんの顔をして首を横にふることしかできなかった。

そうしながら、はっきりと、あ、オレって今、ものすごく傷ついてる?

という自分を自覚した。

ここ数年、自分自身でさえ、日本人、中国人、韓国人、タイ人、ラオス人、ヴェトナム人、
いやもう、アジア人ひっくるめてまるで何人なのか判断することができずにいた。

だから、自分に言い聞かせていたのだ。
国籍を間違われててもけして腹を立てることはすまい。

日本人の自分だって、アジア人の中のどこの国の人か
まったくわからないんだからさあ!

そんなひとりよがりの決意とは裏腹に
簡単に、なんだかもう、ひどく、傷ついているオレ、いま、ここにひとり。ぽつり。

なんだなんだ!けっきょくオレってけっこうちっせーんだな!

















と自覚した秋のはじまりのいちにち。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

写真は2013年十月の空。








[PR]
# by kyotachan | 2018-09-27 04:51 | 吐 き 出 す | Comments(6)

ニースにもようやく秋の風。

f0136579_23420653.jpg

今朝はGジャンをはおって出かけた。

今年は、夏の間も充分にあつかったけれど
それよりもなんだか九月に入ってからのあつさが厳しくて
ずっと長いこと、真夏と同じような格好をして過ごした。
足元もサンダルばかり。

いくらコートダジュールといえども
真夏と真冬の長さを比べたら真夏のほうが短いに決まっている。

こんなにいつまでもあついのは運がいいのだ
とは思うのだけど
いつまでも続くあつさに、ちょっとへきえきしていたのも事実。

子どもたちは学校から戻るとあつさで疲労しきっており
「なんなの、このあつさは!」
と不機嫌になる始末。シャワーに直行。

今朝は会う人ごとに
「どうよこの涼しさ」
「なんだか寒いくらいなんだけど」
と口をそろえて言い合った。

年をとってからこちら、四季のある国はすばらしいなと思うようになった。

夏になると大きな上着を着て熱々のココアを飲む時間が愛おしくなるし
寒くて身が縮みこみそうなときはギラギラと輝く太陽が恋しくなる。

勝手なものだと思うけれど、季節はけして裏切らずにわたしたちのところに巡ってくる。

小さいころは桜の咲く春が好きだった。
若い頃は断然、太陽の照りつける夏。
いつしかあつさのおさまる秋って最高、と思うようになり、
あんなに嫌いだった冬を、寒いのだって悪くないと思うようになった。

どの季節も、それぞれがいいなと思うようになった。
ほんとうに、四つの季節をひとつひとつ、だんだんと同じように好きになっていく。

ニースにもようやく秋の風。














写真は2013年、シャガール美術館庭園にあるスナック。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

日中はまだまだあつくてだいたいの人は真夏仕様。









[PR]
# by kyotachan | 2018-09-26 23:56 | 日 常 空 間 | Comments(6)

民族や国籍ごとにはくくれない。

f0136579_00293240.jpg

「わたしのクラス、めちゃくちゃ多いのロシア人が」。
リセ二年目の次女が言う。

「なんちゃらかんちゃらポランスキー、みたいな名前の」。

ニースのロシア人、というのは昔から多かったのよ。
だってほら、鉄道でロシアからニースまで、つながっているじゃない?

そう説明してくれたのは誰だったか。

今は鉄道より飛行機が主な手段だとは思うが
確かにロシア人は多い、というかどんどん増えている気がする。

特に女性。
ニースのロシア人、というと、目に浮かぶのは
肌がまーっしろで、おそろしく美人で、そして金髪。

あ、唯一知っているロシア人ママは金髪じゃないな。
知り合いに金髪じゃないロシア人がいるってのに、ロシア人は金髪だと思い込んでる。
「ひとつの民族にもつイメージ」ってこわい。

イタリア人は陽気、とか、マグレバンはずるい、とか、日本人はまじめ、とか。
もう、ぜんぜん、そんなことないから。

陰気なイタリア人もいるし、義理かたいマグレバンだっているし、ふまじめな日本人、って、あ、オレ?

わたしはただただ子どもたちが色んな民族・国籍の人たちと混じっているのがうれしい。

















写真は2013年。ちびたちがまだちびだった頃。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2018-09-07 00:50 | 文 化 教 育 | Comments(4)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31