ブログトップ

nice!nice!nice!

お仕事体験、とか。

f0136579_02545269.jpg

フランスの学校コレージュの最終学年、というと十四歳になる年、
「一週間のお仕事体験」が義務づけられている。

スタージュと呼ばれるそれは、自分で興味のある仕事先に「一週間スタージュさせてください」と頼み込み了承してもらうシステム。

長女は当時はまっていた「ネール」の仕事がしたくて、
知り合いのエステの学校関係者にお願いした。

長男はソフィアにある夫の友人のコンピューター関係の企業に。
次女はモナコの動物病院へ。

十四歳の子どもを一週間あずかる、て、受け入れる側にとってはけっこうな負担だと思う。

行きつけのバンやさんで若い子が床をはいているのに出くわしたりすると
「お、スタージュですな。やることがなくて、床でもはいてって言われたかな」
といらぬ想像までしてしまう。

今週は三女がタイガーという安物小物が売りのお店へ行っている。

「何もやることがなかった!」
という上さんにんに比べて三女は商品を並べるのにお店を走り回っているらしい(本人弁)。

「だけどこれを未来の職業にするってことは考えられない」とも言う。

長女もネール熱はリセ時代にすっかり冷めてしまった。
というかネール熱は今もすごくていつも美しい爪をしていてびっくりするのだけど、
それを職業にするにはいたらなかった。

長男に関してはふたつのコンピューターを同時に駆使する術を見せられて
「あんなのとてもじゃないけど無理」
とコンピューター熱は一気に冷めた。

次女はほんとうは赤ちゃんの出産に興味があったのだけど
病院やクリニックではコレジュアンのスタージュは受け入れておらず
動物病院にいれてもらったのだ。

こちらもこれがきっかけで動物に目覚めるか?
という思惑ははずれて
「犬の手術に立ち会わされた。ヘドが出そうだった」。

このお仕事体験、「これはできない」と思う体験には役立っているみたい。

たいへんそう!と思うのがこの一週間の体験を二十ページのリポートにまとめること。

「写真を撮りまくってページを埋めろ」。
うえ三人に同じアドバイスをもらっていた三女。

明日は最終日。

好きなものをひとつだけ、買ってきていいと言ってある。
何を持ってくるのかなー。
















写真は八年半前の三女。このかわゆさったら!八年たってももちろんかわゆかよー。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









# by kyotachan | 2019-01-25 03:10 | 文 化 教 育 | Comments(10)

第十二回ひのえうまの会

f0136579_00294120.jpg
2018年12月30日、我が家から見えた夕焼け。

まっかだな~まっかだな~
なんだかとってもまっかだな~

ニースはええとこやで!
みんな、ニースに会いに来てや?!

ついにニースの観光大使と化したひのえうまの会。
今年は誰か、来てくれるかなー。











<過去の会はこちら>
◎第一回
◎第二回
◎第三回
◎第四回
◎第五回
◎第六回
◎第七回
◎第八回
◎第九回
◎第十回
◎第十一回
















あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









# by kyotachan | 2019-01-01 19:45 | ひのえうまの会 | Comments(7)

もうひとつのノエル 2018 昼食編


f0136579_00333111.jpg

「二十五日のお昼、ジュリアンよんでもいい?」
と長女。

もうつきあって三年ほどにもなり、すっかり我が
家になじんだ感のある長女のボーイフレンド。

「いいよー」
と返事をしたものの、さて、何を食うか。

我が家の休日のお昼は好き勝手にやってもらう流儀なので
きちんと食卓にそろって食べることはほとんどない。

なんにしよーなんにしよーと迷いつつ就寝し、
夜中の三時ごろに目が覚めて、冷凍庫の鳥を出した。

なんかやっぱり、肉とか?ないとだめかなーと。









f0136579_00344993.jpg

ジュリアンはみそ汁が嫌い。
寿司につけるしょうゆも「あまいしょうゆ」。

塩辛いものが苦手らしい。
みそ汁やしょうゆが塩辛いなんて意識したことなかったけど
確かにみそ汁は塩味だし、しょうゆもしかり。

寿司にあまいしょうゆ。
長女が「まずい!」と断言するのでわたしは試したことがないのだけど、
この「あまいしょうゆ」、普通のしょうゆと並んで人気のようだ。

ふたつを混ぜて、という人もいる。
あまいしょうゆとわさびの辛味がよくあう、という人もいる。

鶏肉はテリヤキチキンに。
これだったらあまからいからジュリアンも食べるはず。

あとはフォアグラなどの残りもの、サラダ。










f0136579_00352278.jpg










f0136579_00363163.jpg

朝から「寝違えたかも」と調子の出なかった次女。
寝違えたわけではなくて、親知らずが痛んでいることが判明。

何もかむことができず、きゅうきょ、おじや。









f0136579_00373055.jpg










f0136579_00374446.jpg










f0136579_00375343.jpg











f0136579_00383330.jpg

いつの間にかサパンの下に並んでいるプレゼントの数々。
長女がジュリアンと準備したものらしい。

はあ。すごいなあ。このプレゼント熱。








f0136579_00395196.jpg











f0136579_00401158.jpg











f0136579_00405373.jpg










f0136579_00412473.jpg












f0136579_00414937.jpg

明日は歯医者だなこりゃ。









f0136579_00423276.jpg










f0136579_00431300.jpg










f0136579_00433213.jpg










f0136579_00435145.jpg

近所に髪の毛が真っ赤なサイケなマダムがやっているお気に入りの小さなブチックがある。
超サイケな見栄えなのに、接客態度は超感じがよくてそれもお気に入りの理由。
お気に入りというだけでめったに買うことはないのだけどね。

そこで調達してくれたらしいわたしへのプレゼント。泣ける。
自分では絶対に選ばない柄。こういうのがあってもいいか。

柄のグレーと髪の毛のグレーがシンクロ?










f0136579_00442446.jpg

おこづかい、ふんぱつしないとね。どうもありがとう!

















クリスマス料理が二度も続いた後に三女がひと言。「今日の晩ごはんな~に~」。
ムッとするわ。そばでもすすっていたい。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








# by kyotachan | 2018-12-26 01:19 | た の し い | Comments(11)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28