タグ:フランス語 ( 495 ) タグの人気記事

フランス語って残酷。




f0136579_228190.jpg

rousse/ 赤毛の女の人 と、russe/ ロシア人(語)
カタカナで表記するとどちらも ルーッス

しかしその実、全く意味の異なるふたつのことば。
意味が違えばもちろん、発音も違う。
それこそ天と地ほどにも違う。

いや正直にいうと、わたしにとったらめちゃくちゃよく似ていて、
なんだかまぎらわしくて間違いやすくて要注意!な単語なのだけれど、
フランス人の家族にしてみたら、これらのどこが似てるねん!全く違うやんけ!ということになるらしい。

カタカナ表記で書いたら同じことばなのに
フランス人にとったら
このふたつの単語はまるで似ていない、
ちいとも同型にははまらない、
それはもう、ぢぇーんぢぇん、違うことば。なんだって!

そもそも脳内で「カタカナ変換」してしまうわたしに問題があるのだろうとは思う。
わたしの耳にはよく似た単語として伝わってくる。

「赤毛の女の人」、と相手がいうときに
「え?ロシア人がどうしたの?」と返してしまう。

口で発音できない音は、耳でだってその音を拾えないっつーことみたいだ。

rousse/ 赤毛の女の人 は、
のどの奥のほうから空気を吐き出し、
カーッペッ、
と「たん」を出す勢いでくちびるを思いっきりとがらせ、
そのまま「ウ」という。
カーッ、ペッ!だよ。カーペット、じゃないよ。
ルーッスーッの部分が「ウ」。

russe/ ロシア人(語)は、
のどの奥のほうで r 音をふるわせて「ユ」という。
くちびるはそれほどとがらせない。
ルーッスーッの部分が「ユ」。

わたしにはこの「ウ」と「ユ」の発音がどちらも苦手。
おまけにどちらもカーッペッの r つき。

長女と一緒に歩きながら、赤毛の人、の話になり、
なによなによロシア人がなんだって?え?ロシア人じゃないって?
という流れで、ついでに発音練習をしてもらうものの、
わたしが発音するたびに、わたしの顔がおかしいと笑う。

正確に発音しようとくちびるをつきだすと
わたしの顔はサルじゃなくてタコになっちゃうみたいだ。

しまいには「ママ、わざとやってるでしょ、ヘンな顔」。

......
......
......

あの?
えーっと?
もしもし?

うち、ものすごー、真剣にやっとんったやけど?

フランス語は厳しい。ニッポンザルには。


























写真は、友人のお誕生日に渡すカードを作成中の長女。
いまや自分で写真を撮って、それをカードにする時代。すげーなー。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

カーッペッて真剣にやればやるほど、百面相でもはじめたかいな、という目で母親を見る長女。残酷すぎる。



[PR]
by kyotachan | 2011-05-19 22:47 | 六 人 家 族 | Comments(10)

moustique ムスチーク/ 蚊







f0136579_2304160.jpg


わたしが小学校の三年生か四年生のころだったと思う

夏のある日仲良しのユウコちゃんと遊んでいたら
開け放たれた団地の窓から九十にもなろうかと思われるおばあちゃんが
ギャザースカートをはいて上半身はハダカのまま掃除機をかけているのが見えた

人間が長く生きると男も女も中性化してしまうその例そのままに
そのおばあちゃんにも薄くひげがはえていた
おばあちゃんだとわかったのはおっぱいがたれさがっていたからだ

ビックリしたわたしは小声でユウコちゃんを呼んで
ふたりでもう一度そのおばあちゃんの姿を確認し
まちがいないよね!おばあちゃんハダカだよね!
と言い合った

家に帰ったわたしは母親に
今日ね開いている窓からおばあちゃんが掃除機をかけているのが見えたんだけど
ハダカだったんだよ。ギャザースカートをはいただけで上はすっぽんぽんだったんだよ!
と興奮しつつ報告したのだけど母親は驚きもせずに

まあこんだけ暑かったらハダカでおりたかとも思うばい

とひと言ぽつりと言っただけだった

今その風景をもう一度思い起こすと
家に残っているおばあちゃんが出かけているだろう家族のために
掃除機をかけていたんだろうなあ暑いのにえらいおばあちゃんだったんだなあと思う

そのころはクーラーのある家なんて一軒もなかった
夏には窓を開け放して風の入るのを待っていたものだった

現代の日本ではクーラーのない家を探すのが難しいくらいだろう

クーラーで家の中を涼しくするだけ
室外機はヒートし日本の気温はまたそれだけ上昇していく

どこかでストップ!をいう勇気を持たなければ
わたしたちの地球はいつか壊れてしまうに違いない

f0136579_2311618.jpg


今わたしたちが住んでいるニースのアパートにはクーラーはついていない

こう言えば日本を脱出したわたしが日本の住民を糾弾しているようだけれど
わたしとて日本にいた頃にはクーラーなしではとても生活できなかったのだから全くの同罪だ

ニースではフランス国内ではもっとも暑くかつ湿度の高い地域といわれているけれど
わたしの周りを見回してもクーラーつきの家に住んでいる人はほとんどいない
扇風機さえ「カラダに悪い」といって持たない人がいるくらいだ

わたしたちは volé ヴォレと呼ばれる雨戸を斜めに開けて
陽射しはなるべく入れないように、だけど風だけはふんだんに入るようにと知恵をしぼる
日中は volé ヴォレを斜めに開けていれば風があるとひゅーっと入ってきて思いがけず涼しい
夜はvolé ヴォレは閉めて窓を開け、蚊の侵入を防ぎつつ風を確保する
(一枚目の写真はわが家、二枚目は郊外の友人宅のお隣)

(写真一枚目の)この部屋は南向きでとても暑いけれど
海側を向いているせいか時にとても涼しい風が入ってくる

そして網戸なるものは存在しないから
蚊だってもちろん入ってくる

蚊取り線香やお線香をたいてなるべく蚊に刺されないようにしているけれど
おいしい肌には吸い付いてくるのが蚊なんである

f0136579_2337854.jpg


郊外にある友人宅に遊びに行ったとき
庭に入ったとたん蚊におそわれた三女
すぐに虫さされのクリームを塗ったから数分後には修復された
細胞が若いってすばらしい

こちらの蚊取り線香は何色ともいえない色をしている

明け方にああやっと眠れたかなという時間に
耳元で蚊の羽音がすることくらい腹の立つことはない

あとパチン!とたたいてこれはゼッタイにとった!
と手を離したとたんにぷ~ん!と再び飛びたつ蚊!

は~ら~た~つ~(の~り~)!























すみません。中学生のころ原辰徳さんのファンでした。
ど、どうしてって、そりゃーあーた当時好きだった男の子がハラタツそっくりだったからってだけですよ。
「キラワレモノ」代表者だったようなハラタツさんもいい年のとり方をされたようで、、、人間ね、やっぱ五十代ですよ。
そしてね、六十代で生まれ変わる。これっきゃないっす。
なんでハラタツなんか好きなのっ!何度言われたか、、、っもー!いいじゃんなんででもー!
キョータにもあった赤面の春。いや夏だったか。
ブログランキング・にほんブログ村へ


クーラーは苦手なのでここでの生活はわたしとってはラッキーです。暑いですけどね、、、、汗汗

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-24 00:04 | 日 常 空 間 | Comments(24)







f0136579_18202380.jpg


最近の市場の様子を

f0136579_18205139.jpg


夏の野菜がところせましと並べられている

f0136579_1821540.jpg


この白いなすび

なんだか気持ちが悪くてどうしても手がでない
結構保守的なわたし(え?そういう問題?)

f0136579_18213573.jpg


トマトはトマトでも色々ありまして
枝つきのトマトはなんといっても香りが違う
真ん中の細長いのは味が濃厚でトマトの味!という味がする
ラタトィユにするなら右側の充分に熟したものがいい

あ!coeur de beuf クードゥブフ/ 牛の心臓 という名まえのトマトを撮り忘れた
ごつごつしていて不恰好なのにこれがまたとってもおいしい(右側に貼ってある写真の上から三枚目)

f0136579_18211860.jpg


コートだジュールの太陽をたっぷり浴びたくだものたち
といいつつ輸入物も結構あったりして

f0136579_1821491.jpg


一ユーロのメロン発見
今日のレートだとちょうど百円くらい
この時期メロンはとても安い食べなきゃ損損

日本ではあまりいい評判を聞かない生ハムとメロンをあわせる食べ方ががわたしたちは大好き
メロンが充分に熟するのを待ってから薄い生ハムをくるりとまいて食べるポルトーワインがあれば最高
冷たくしたロゼワインともよく合う

f0136579_1822362.jpg


ズッキーニの花もボールにてんこ盛りで一ユーロ!

ちょっとだけ迷ったけど
花が開きすぎているのが気になったのと
あまりの暑さに天ぷらをする勇気がなかったため手は出さずじまい
この花の天ぷらがね、これまたオ・イ・シ・イ!

























ああ、スイカの写真も撮り忘れた。スイカおいしいです。スイカ大好き。
ブログランキング・にほんブログ村へ


暑いですがお腹はすきます。特に子どもたちには食欲減退はありえない。あ、わたしにもありえないけど。

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-16 18:55 | 日 常 空 間 | Comments(10)

noeud ヌ/ 結び目







f0136579_0342568.jpg


結び目には気をつけなさいよ
ばってんになるように結ぶのは
死んだ人の着物だけだからね

母によくこう言われた

今も結び目がばってんにならないように
それとなくでもしっかりと気をつけている自分がいる

そんな習慣のまったくないこの国では
無頓着に結び目をばってんにさせている人がとても多い
見た目にも悪いと思うのだけれど不思議でならない

やたらと目に付くのが
ショーウィンドーのマネキンが着せられたリボンのばってん結び

あーもー死んだ人の結び方になってんじゃんよー
そのたびに結び直してあげたくてちょっとイライラする
もちろんウィンドーの中に入ってまで直すことまではしない

この包みの中身?

もちろんあれですよ
サッカーボールおにぎり






















ひっぱるつもりはないんですよ。行った先も何もものめずらしくもない場所です。期待しちゃやーよ。
ブログランキング・にほんブログ村へ


それにしても毎日暑いです。なーに食べよっかなー。で毎日が過ぎております。

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-15 00:46 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(12)







f0136579_0391015.jpg


あこがれていたサッカーボールおにぎり十四個
プラス星バージョン二個

持って出かけた先はまた今度
























おそらくこれが最初で最後のサッカーボールおにぎり。子どもたち大興奮。いや~ありがとね~。これすごかったよ。
ブログランキング・にほんブログ村へ


おにぎりを丸く握る型も一緒についていてラッキー。これがなかったらかなり難しかっただろうなと。

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-14 00:49 | お い し い | Comments(18)

livre リーヴル/ 本







f0136579_1935258.jpg


ブログをはじめて以来わたしがなによりうれしいのは
わたしの書いたものをわたし以外の人が読んでくれるということ

コメントをいただくことが何よりの楽しみだ

いつ頃からいただくようになったのか Ginger さんも
時々コメントを寄せてくださる方の中の一人で
いつもわたしがうれしくなるようなコメントを入れてくださる

ある日かぎこめで

処分したい本があるのだけれどもらってもらえないだろうか

というコメントをいただいた
わたしの本好きを知ってのご好意から出たことばだと思う

いただいても何のお返しもできないし
送料もばかにはならないから結構です

と一旦はお断りしたのだけれど
本音をいえば日本語の本ならどんな本でもいただきたかった

おそらくそんなわたしの気持ちを汲んでくださったのだろう
そんなことは気にしなくていいからとほんとうにほんとうに本を
それもたくさんの本を送ってきてくださった

Ginger さんがアメリカにお住まいだということはなんとなく
いただくコメントから想像していたのだけど
実際に段ボールがアメリカから届いた時にはとても興奮した

海を渡ってわたしのところにやってきてくれた本たち

ハート好きのわたしのことをご存知なのだろうハート柄のタオルと
子どもたち用と思われるシールも同封されていた

送ってくださったのは今年の三月だったからもう四ヶ月も前だ
もうずいぶん前にあらかた読んでしまったのだけれど

やはりダントツにおもしろかったのが高村薫の「マークスの山」
今ニースの友人に借りているやはり高村薫の「レディ・ジョーカー」を再読しているのだけれど
高村薫をわたしがいいなと思う理由は

わたしたち人間はみな内なるところにいつでも狂人になる可能性を秘めている

という考えが根底にあると感じられるところだ
身体的に障害のある人精神的に障害のある人の書き方にこころ打たれる

わたしだってあなただっていつ狂うかわかったもんじゃないもんね
というメッセージをその文章から感じてしまう

ほんとうにそうですよねとうなずきたくなる






Ginger さん

いただいた本の感想をお伝えしなければと思いつつ
思いのほか時間がかかってしまいました

おかげさまでとても充実した時間を過ごしました
たいへんにありがとうございました






















いい本とめぐりあうとしみじみしあわせやな~と思う
ブログランキング・にほんブログ村へ


ことばってやっぱりすてきです

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-08 21:11 | 非 日 常 事 | Comments(12)







f0136579_18225442.jpg


わたしがエキサイトブログをはじめたのは
その二年くらい前に友人がエキサイトでブログをはじめたからで
それまではブログの存在も知らなかったし
エキサイト以外にもブログの会社があることさえ知らなかった

友人のブログから友人の周りのブログにも飛ぶようになり
そのうちエキサイト以外のブログを見かけるようにもなったが

自分でブログをしようと決めたとき
わたしの頭にはエキサイトブログのことしかなかった

そのうちエキサイトブログの画面には広告がないのだなあ
ということにも気がついたけれど
それがどうしてなのかなんて考えてみたこともなかった

探究心が欠如しているのはむかしからだし
エキサイトブログは広告がないせいですっきりしてやっぱりいいなあ
と思ったことはあったかもしれない

ブログを開けたとたんに右や左に広告がちかちかしているブログもある
とりあえずそのブログはわたし向きではないなと思う

同時に「ドメイン今なら三百円」などという広告を目にするたびに
わたしはエキサイトにログインしているだけでどうしてネット上のドメインを無料で使うことができるのだろうか
という疑問がまったくなかったわけでもない

七月からエキサイトブログにも広告が入ることになった

この告知が出てからすぐにあるブロガーさんのところで

ボクはブログを引っ越します
広告がないからエキサイトを選んだのに
その意味がなくなってしまう

そしてボクのとろこにサラ金の広告がはいって
それを見た人を不幸にしたくないので


という趣旨の文章を読んだときにはその傲慢さというか勘違いというか
なんだか面食らってしまった

かつて日本のサラ金で金を借りたことのある者のひとりとして
サラ金で金を借りたからといって
そしてそのサラ金の広告をあるブロガーさんのところで見かけたのがきっかけでそこから金を借りたからといって
わたしがそのブロガーさんに不幸にさせられたと思うだろうか

おいおいちょっと待てよ

乗った地下鉄のぶら下がり広告でサラ金の広告を見て金を借り
そして不幸になった人がその地下鉄のせいだというばかがどこにいるっての?

なんだかそれほどまでに広告のあるなしにこだわるあなたさまってどれほどのお人なのさ?
自分のブログで人を不幸にしたり逆に幸福にすることがあるとでもお思いなのかい?

とつっこみたくなるくらいの違和感をわたしはそのブロガーさんの文章に感じてしまった

エキサイトさんがブログの画面上に広告を入れることで
エキサイトさんの台所事情が楽になるというのなら
わたしはむしろああよかったじゃんという気持ちでいる

そもそもネットのある一部分を使わせてもらうのに
なんの代償も払わないということの方がおかしいのじゃない?

広告の入り方も
開けてすぐにチカチカしたものが目に飛び込んでくるわけでもなく
記事の一番最後にもうしわけなさそうに入るだけなのだし

というわけで
広告を入れることで一気に悪者扱いされているようなエキサイトブログさんに
なんだか申し訳ないような気がしている人もここに一人います
といいうことを書きたくなったのでした

エキサイトブログさん
いつもお世話になっています
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます


























写真はシャガール美術館そばのバス停の広告「サーフィンのあとはネットサーフィンをどうぞ」
ブログランキング・にほんブログ村へ


これでアドバンスかアドバンスじゃないか一目瞭然になったわね
わたしのところ広告が入ったり入らなかったりするんですがなんででしょう?
一応いっておくとアドバンスではないし css のことも htlm のこともなにもわかりませんからわたし


そんなこと言われなくてもわかってる?ですよねー。恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-06 18:56 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(24)







f0136579_1995673.jpg


こちらは学年末

これはフランス全土にいえることなのかニース独特のものなのか
こちらの学年末は「フェイドアウト方式」といえると思う

夏のバカンスに入る一週間ほど前に kermesse ケルメス と呼ばれる発表会のようなものが催される
子どもたちはクラスごとにダンスや歌や寸劇などを披露してくれる

三女のクラスは年少・年中・年長合同で「海の中のダンス」だった
そのかわいらしさといったらあーた!
我が子が集団の中で歩いているだけで泣けるわたしは鼻の奥がつんつんし通しだった

この日は飲み物・食べの物のスタンドが立ち
tombola トンボラ と呼ばれる福引があり
ケルメス終了後にはタコスの販売もあった

そして翌週からもう一週間は通常の時間割がこなされるはずなのだが
学校全体にはすでに終了したも同然の空気が流れ始める
実際に一割から二割の子どもたちはこの時点でバカンスへ出発してしまう

学校はいきなりスカスカの状態に突入するのだ

毎年思う

ここで真っ先にバカンスに行っちゃったほうが利口なんだよなあと

週明け早々に bulletin ビュルタン/ 通信簿 が渡され「進級・落第」の確認をする
あとは学校に置きっぱなしの教材(絵の具や大きいファイルや辞書など)を持ち帰ってくる

そして arroser アロゼ/ 水かけ遊び や jeux de société ジュドゥソシエテ/ オセロなどのゲーム
で日がな一日遊んで過ごすらしい

つまり

学校はフェイドアウト方式よろしくじょじょにバカンス状態へ突入していく

担任の先生と保護者・子どもたちを交えての goûter グテ/ おやつ がママたちから提案される
共同出資で先生にプレゼントしましょうよという話も出てくる

ああ

一足先にバカンスへ出かけてしまっていたら

毎年そう思っちゃうんである

f0136579_19103823.jpg


今週で学校は完全におしまい
二ヶ月間のバカンスへと突入する(ため息)

長女の通うコレージュは先週の金曜日で早々に終わってしまった

f0136579_19111164.jpg


on va faire des magasins ? オンヴァフェーデマガザン
ウィンドーショッピングしない?

と言われてしぶしぶつきあった

親にしてみたらとてつもなく長い
子どもにしてみたらほんのつかの間の

夏のバカンスに突入

みなさまよいバカンスを!
























今年はバカンス前になってようやく暑さが本格的してきたような。かなり蒸し暑いニースです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


汗っかきですが汗をかくのは気にならないとしても汗臭いのがたまりませんわ。く、くさ、、、っ!>自分

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-07-01 19:57 | 文 化 教 育 | Comments(24)






f0136579_21345957.jpg


健康ですかと聞かれたら健康ですと答えることにしている
三十代の六年の間に四人もの子どもを妊娠・出産したこと思えば
あながちうそではないとも思う

お酒が好きで晩酌は毎日欠かしたことがないし
四十を四年も過ぎてぜい肉と呼ばれる肉がやたらと増えたし
最近は運動不足でもあるから
実のところ本当に健康なのかどうかあやしいのだけど

でも病気は気からということば通り
わたしは健康だからだいじょうぶ
と自分に言い聞かせているようなところがある






ひるがえって「心の健康」の方はどうだろう

わたしの心は健康だろうか

たまに母に会いたくなる
死んだ母に会いたくなるということは
わたしが死んで母に会いに行くことを意味しているのだけど

こう思う気持ちは健康なのだろうか

助けてあげたい人がいるのに
どうしても行動に移せないことがある

勇気が足りないのだなと思うけど
どうしても勇気の出ないことがある
色んな言い訳をこねくりまわして自分を納得させてしまう

こんなわたしの心は健康なのだろうか






なにをもってして健康な心と定義するのだろう

健康な心なんてほんとうにあるのだろうか

人はだれでも大なり小なり病んだ心を持っているのじゃないだろうか

心の病気と診断されることとされないことの間にはそれほど違いがあるのだろうか

わたしの心は健康です!
なんていう人がいるとしたらその人こそ病んでいるような気もしちゃうんだけど

あなたの心は健康ですか?






















え!まさかキョータ自分が健康な心を持ってるとでも思ってるわけ?とかってつっこまないでね、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ


でも「自分で疑っているうちはまだいい」てな気持ちもあったりして?なぬ?甘い?

とかいってる間にもう金曜日。よい週末をー!恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-06-25 21:47 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(26)

coeur クール/ ハート







f0136579_2264753.jpg


tu prends la photo, maman ?
テュプロンラフォトマモン/ ママ、写真とる?























日曜日の午後くもり空の中海沿いへ
三女がローラースケートですってころりんするのを次女が手助け
ブログランキング・にほんブログ村へ


ビズの記事に加筆しました。よろしかったらぜひ。

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2010-06-24 22:14 | 六 人 家 族 | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31