f0136579_00484367.jpg

わたしは小学校の三年生か、四年生だった。

となりのクラスのみどりちゃん、という子がいた。
彼女の家は高級瀬戸物をつくる釜元さんだったと思う。

夏休みが明けて、みんなが宿題を提出する。
自由研究は後の壁に貼りだされたりした。

みどりちゃんは家族旅行で行った北海道のことを
きれいなアルバムにして展示していた。

となりのクラスのことだから、展示されとるとよ、と友だちに聞いたのだと思う。

ホッカイドウ。

わたしには外国の名前のように響いた。

そのアルバムにどんなことが書いてあるのか、見たくてたまらなかった。
みどりちゃんとは友だちではなかったから「見せて」ということもできなかった。

わたしが小さいころは家族旅行に出かける人、はものすごくめずらしかった。
わたしなどは家族で旅行した記憶さえないほどだ。

ひるがえって今、わたしたちは毎年、あるいは二年に一度は、必ず家族でどこかへ出かけている。

毎回貧乏旅行ではあるけれど、でも家族六人そろって出かけるだけでも幸運なことだとしみじみ思う。

来年は長女が二十歳になり、長男は十八、次女が十六、三女が十四歳……。

いつまで家族六人そろってでかけることができるのかな。

2009年の過去記事を見て、びっくりした。
きりんおじさん、と大笑いしていたことをすっかり忘れてしまっていたのだ。



忘れないうちに今回の旅行のことを記録しておこうと思う。


















写真は la Dune du Pilat ラ・デュン・ヂュ・ピラ。美しい砂丘!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
# by kyotachan | 2017-08-29 01:21 | vacances d'ete 2017 | Comments(0)


f0136579_20195281.jpg

夫の親戚宅で過ごした夏休み。

前回お邪魔したのはは2009年だったんだ。
子どもたちがちっこくてびっくり。

















f0136579_20192449.jpg

今回もお天気に恵まれて食事はほとんどを外で。














楽しかった様子はこちらから。











にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2017-08-27 20:32 | vacances d'ete 2017 | Comments(2)

plage プラージュ/ ビーチ

f0136579_21392670.jpg

前日の日曜日はあいにくのくもり。
月曜日に持ち越して出かけたビーチ。

予想していたものの、この夏いちばんの混みよう。
着いたのがちょうどお昼どきで、帰宅準備をしている家族連れをねらって場所を確保。

子どもたちの叫び声があちこちから上がる。
それを叱責する大人の声も。

わたしたちの斜め右には年の頃七十から八十、と思わしきムッシューがひとり。

小さめのパラソルには安全ピンで皮製の布が留めてある。
ビーチ用の椅子に座ってスーパーで買ったらしいお惣菜を食べている。

足元には赤いトマト三個が入ったビニール袋。
小さなクーラーボックス。

カラダを海側ではなく陸側に向けているところを見ると
知り合いか家族がやって来るのを待っているのかもしれない。

わたしたちが陣取ったのはほとんど水際だったのだけど、
わたしたちのもうひとつ水際にはもうひと家族。
つまり足はもうほとんど水の中、という位置。

おじいちゃんとおばあちゃん、ふたりの孫はどちらも男の子で二十五歳くらいかな。

タオルはなくて大きな布を無造作に広げておばあちゃんはそこに座っている。

水の中にいたおじいちゃんが上がってきて、
孫のひとりとラケットをはじめたのだがこれがなかなかの腕前。

それを見ながらとっさに孫、と決めつけた自分を疑った。
いやこれは父親なのかもしれない。

年老いた両親のもとへバカンスを利用して帰省してきたふたりの息子たち。
散歩がてら海に寄ろうよ、ということになった。
ラケットだけはリュックサックにつっこんだ。
父親が言う。
「まだまだおまえたちには負けないよ」。

父親が野球帽をかぶって水の中へ戻っていく。
それと同時に兄弟同士でのラケット戦が続く。

よく似ている。
双子だといわれてもうなづける。
離れていてもせいぜいひとつかふたつだな。

勝手に色んなことを想像し、お昼の前にひと泳ぎ、とわたしのほうも水に入った。
混んでいる割には水は透明で波もなく泳ぎやすい。

意識して腕を大きく回す。
意識してバタ足をする。

泳ぐのは気持ちがいい。




















f0136579_21394685.jpg
 


コルシカ島やノルマンディーの海に慣れている人は
コートダジュールのビーチの混み具合には耐えられないものがあるという。

「あまりにも隣との距離が近くて居心地が悪くてすぐに帰った」
という人もいるくらい。












f0136579_21401104.jpg

アンチーブのビーチの帰りに必ず寄るのがこのアイスクリームやさん。
子どもたちが「ほかとは全然ちがう」と太鼓判を押している。

まったくの個人商店。

一度だけ、ムッシューに「こどもたちがココのがいちばんと言うんですよ」
と言ってみた。

「ボク、ひとりでやってるんだよ。うれしいよ」
と返ってきた。

後継者が現れるといいな。











f0136579_21403331.jpg

旬のくだもののフレーバーが多い。
最近のわたしのお気に入りはフィグ(いちじく)。

前回は色がもっと黒かった。
今回のは色が明るい。

小豆にもにた味がしておいしい。













f0136579_21405295.jpg


子どもたちはチョコレート系。
三女が「今日のは特別おいしい」と言う。

ビーチのあとのアイスクリームってなんでこんなにおいしいんだろう。



















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2017-08-16 01:19 | た の し い | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30