f0136579_01293363.jpg




f0136579_01300618.jpg




f0136579_01303832.jpg




f0136579_01311603.jpg




f0136579_01313554.jpg




f0136579_01324646.jpg




f0136579_01331326.jpg




f0136579_01334047.jpg




f0136579_01341790.jpg




f0136579_01343441.jpg




f0136579_01350792.jpg




f0136579_01353643.jpg




f0136579_01361139.jpg




f0136579_01363155.jpg




f0136579_01402839.jpg






砂丘をあとにしてお腹をふくらませたあと、
わたしたちが向かったのは bassin d'arcachon バッサンダルカッション。

これも数日前からバッサン、バッサン、と名まえを耳元で連呼されており、
なんなのよ、バッサンバッサン。おまるか?とひとりつっこみを入れていた。

バッサン、と聞いてまず頭に浮かぶのが、小さいおまるのようなものなのだ。
あるいはせいぜい、赤ちゃんを水遊びさせる小さめのたらい?

それが着いてみたら太平洋に向かう、大きな海岸ではないですか!
なんなのよ?バッサンって?
辞書をちらりとのぞいてみたら「船着場」という意味もあるらしい。
あ、そっちの意味だった?

この日は海岸に向かう予定だったから子どもたちはみんな水着を身につけていた。

しかし誰ひとりとして海岸に降りようとするものはおらず。
地中海沿岸の、蒸し暑い気候に慣れているものにとってみたら、
大西洋の、どこまでも続く海は壮大すぎて、しり込みしてしまったようだ。

実際のところ、風が強くて湿度が低いから、寒いくらいの陽気。

長男がわたしのところに寄ってきて、
「ボクは地中海の気候より大西洋の気候が好きだ」
と言う。

「あ、まじで。そりゃまたどうして」
「このうねる海とか、強い風とか、こっちのほうがいい」
「あらま。へー。わたしはこの海では泳げそうにないけどね」
「地中海は閉じているからね」

ここでけげんな顔をしたわたしのために
長男はスマホを出して、地中海の地図を見せてくれた。

わ!ほんとうだ!地中海はこんな風にきれいに閉じているんだ!
感動しながらも、長男にはひと言。

「あんたね、そううやって検索して、なんでもかんでもスマホの中の知識が自分のものだと勘違いしたらだめだよ」

最近は長男と話していると、よくあるのだ。
「ちょっと待って」と言って、スマホで検索することが。

なんだかなー。
おまえさんの頭の中がその知識で埋め尽くされれていればいいんだけどね!






















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
# by kyotachan | 2017-10-12 02:46 | vacances d'ete 2017 | Comments(4)

f0136579_01044472.jpg

牡蠣。

ああなんというすてきな響き。
そうしようと決めたわけではないけれど、我が家ではクリスマスに食べるモノ、という位置を獲得している。
つまり、年に一回。

旅先でこうして食べることはあっても我が家でクリスマス以外で食べることはまずない。
なんでだろう。こんなにおいしいのに。

特別感、があるのかしら。
クリスマスだから。旅先だから。
ねえ。だから、食べても、いいよねえ?












f0136579_01051217.jpg

今わたしが言う牡蠣は殻つきの牡蠣だけれど、
わたしが子どもの頃には、殻つきの牡蠣にはお目にかかった記憶がない。

牡蠣、といえばぱんぱんに張ったビニール袋に入った牡蠣のことだった。
それはもう、ぷりっぷりに太っていて、今にもビニールを破って飛び出てきそうだった。

酢の物。牡蠣フライ。たまーにお鍋。
いちばん好きだったのは牡蠣フライかな。

一口で食べないと、切り口がみどり色とちゃ色でそしてグロテスクで、なんだか気持ちが悪かった。
どんなに大きくても一口で食べたかった。
もしそれができない時には切り口を見ないように気をつけた。
それでもなんだかほかのフライにはない大人の味が好きだった。













f0136579_01125571.jpg


砂丘を思い切り楽しんだあと、わたしたちが向かったのは牡蠣がおいしいという街。

ちょうどお昼時で、市場が立っていて、そこには開いているレストランが一軒。
いや、ここしかないんだったら、ココで食べるしかないでしょう。

だけど、すでに店内、というかテラス席だけだったのだけど、
店内、すでに満席状態で、この後入れても一時間後だという。

しょうがないから一時間後に六人の予約を入れて市場をぶらぶら。












f0136579_01132541.jpg

ようやく入れた店内で、まだそうじもされていないテーブルに陣取ったわたしたちの目に入ったのは、

バカンスで家族を迎えたらしい大家族が食事を終えたあともおしゃべりに興じている姿とか、

若者たちがいい具合に酔ってしまって大声で話し合う姿。

しばらくそのまま放っておかれ、サービスの若い女の子は「今、行きますね」と声がけだけはしてくれるものの、
ほかのテーブルが優先されるらしく、なんだか完全によそ者あつかい。

近所の寄り合い場所だったか、ココは?











f0136579_01142032.jpg

それでも牡蠣はおいしかったし、
子どもたちの頼んだムール・フリットやフィッシュアンドチップスもおいしかった。
サバとシャケのリエットも新鮮でなかなかいけた。

サービスだってよそ者をちゃんともてなしてくれる温かさは感じられた。










f0136579_01150571.jpg

デザートを、という夫に、
ごめん、わたしは頭痛がするから外で待ってるね。

そう言って先に店を出てしまった。

そのくらい、店内は騒々しかった。











f0136579_01165714.jpg

外に出て、ちょいと車を走らせたら、あーら。
なんだか、のどかな牡蠣の養殖場に出た。

その場で食べられるレストランも数件、軒を並べている。

実はこの街を目指したのは、夫が砂丘のお土産やさんで「牡蠣のおいしいところ」を聞いたせいなのだ。
お土産やさんはこの辺りを目指すように、と言ってくれたに違いない。
その一歩手前で、ヘンなレストランを見つけてしまったのが運のつきだったか。

この辺だったらもっと静かに食事ができたのにねー。

という愚痴はぐっと飲み込んでおいた。

わたしたちの旅はいつも行き当たりばったりなのだ。














f0136579_01173653.jpg










f0136579_01181561.jpg











f0136579_01191151.jpg











f0136579_01194657.jpg

今度来た時にはこっちで食べてやるー。
























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ







[PR]
# by kyotachan | 2017-09-22 05:16 | vacances d'ete 2017 | Comments(0)

f0136579_20364300.jpg





ボルドーで韓国料理を食べた翌朝、
わたしたちが向かった先。la Dune du Pilat ラ・デュン・デュ・ピラ。

数日前からこの名前を連呼されていたのだけど
どうしてもちゃんと発音できずにいた。

仕舞いにはなぜか épinard エピナー/ ほうれん草
と言っているようにも聞こえてくる。このバカさ加減は一体なに。











f0136579_20370316.jpg


旅行中はダサいファッションになっちゃう~、と嘆く長女。
え。いつもと何ら変わらないわよ、と母。

腰に巻いたセーター、まるで巣鴨にまで行って調達してきたようなばーさん柄。
我が家ではファッションセンスゼロな立ち位置にいるわたしなのでコメントは控えているつもりだけど、だけどこれってどうよ。












f0136579_20372051.jpg


夏休み明けにレディになった三女。
ということはこれが少女のいちばん最後の姿。

なる時には突然なるものだ。
レディス・クラブへようこそ。

















f0136579_20374027.jpg


観光地のおみやげ屋さん。

毎回、夫がふらふらと足を向けては何やらつまらないものを買わされている。
自分用のエスパドリーユも買ったみたいだけど、砂丘では無用の長物に終わった。










f0136579_20375690.jpg

三女が背負っている小ぶりのリュックサック。

二年くらい前にコレージュのごほうびでもらったもの。

デカットロン、というフランスでは大手のディスカウントスポーツ用品店の自社ブランドのものなのだけど、
このリュックサック、今回の旅行中でほんとうによく見かけた。

背負っているのは子どもはもちろんだけど、それより多いのは子どもを連れたお母さん。お父さん。
老若男女、申し合わせたようにこのリュックを背負っている。

もしかしたらフランス国内のコレージュでこのリュックが配布されているのだろうか。
あるいは旅行かばんの底に忍ばせておけば先々で重宝に使えるよ、という旅行サイトのアドバイスでもあったのだろうか。

色々と勘ぐりたくなるほどに見かけた。

色のバリエーションも色々ある。
デカットロンのリュックサックはわたしも持っているのだけど
びっくりするほど安くて、おまけに丈夫にできている。

……、するつもりのない宣伝になってしまった。











f0136579_20380668.jpg


この辺りはまだ余裕で、この先に何が待っているかもよくわかっていなかった。












f0136579_20381867.jpg


この辺りへ来ると、まず靴をはいていられなくなった。
砂がどんどん靴の中に入ってくるのだ。

周りを見ると、靴をはいたままの人もいる。
これは一体どういうことなのだろうか。

砂が入ってきて、気持ちいい~!なのか、
靴を人前で脱ぐなんて、そんな野蛮なことできない!なのか。














f0136579_20383215.jpg

と!
急に目の前に現れた。












f0136579_20384915.jpg


砂丘って、これ?












f0136579_20390194.jpg


あとはもう、とにもかくにも、あの青い境界線まで登るだけ。












f0136579_20392504.jpg


あの先に、何があるの?何があるの?
気持ちはあせり、足は砂に取られて、なかなか進まない。












f0136579_20393710.jpg
f0136579_20395488.jpg
f0136579_20400651.jpg


ほとんど人のいないところに滑り落ちて日光浴をするカップル。
そうなんです。ここは水着で来るのが正解だった。













f0136579_20402122.jpg


撮影隊、いるよいるよ。がんばってるよ。













f0136579_20403525.jpg


へたれ組には階段もある。













f0136579_20404937.jpg




撮影?コンサート?
何をするのか気になったけど、ここで見失ってしまった。











f0136579_20410267.jpg
f0136579_20412099.jpg


遠くを見渡せば海。












f0136579_20414251.jpg


あとちょっとだ。
















f0136579_20415783.jpg


ふえ~!砂丘だ~!
はるか遠く、向こうのほうまで人がいる。












f0136579_20430113.jpg


こちらからはじゃんじゃか人が登ってくる。












f0136579_20431673.jpg


観光地の美しさ、などというものには無関心の若者たちも
ここはすっかり気に入ってしまった様子。












f0136579_20433636.jpg



勢いよくかけ上って来ていちばんに到着した長男は
砂埃で気分が悪くなったらしく、早々に下山。

それを聞いた夫が「心配だからオレも降りる。早々に降りてきなさい」と。
「え?もう?まだ写真、撮ってないよ!」と不満をたれる女子組み三人。












f0136579_20435453.jpg



砂にずぶりずぶりと飲み込まれるオレ。














f0136579_20444117.jpg

かけ降りて行く人たちがほとんど。
そろりそろりと降りて行くオレ。














f0136579_20450110.jpg





f0136579_20452090.jpg





f0136579_20453813.jpg





f0136579_20455663.jpg







f0136579_20461782.jpg





f0136579_20464361.jpg






f0136579_20470689.jpg

楽しかった~!

今度は水着で、砂まみれになる覚悟をして来よう。
お弁当を持って来てここでピクニックするものいいかも。





















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2017-09-10 22:25 | vacances d'ete 2017 | Comments(8)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30