f0136579_22193589.jpg

若い頃から日焼けに関しては完全に無頓着に徹してきた。
食用のオリーブオイルを塗りたくって実家のベランダに寝っころがっているときには
母親に「それだけはやめた方がいいのではないか」と心配された。

顔中、そばかすだらけだったのだが、いつしかそれはシミとなり、老斑と呼ばれるものになり、
まあそれでもそれを気にするわけでもなく今まで生きてきた。

たまに見かける日本人観光客の、その肌の白さに心底びーっくりし、
なになに、日本人の肌って、あれが普通なわけなの?とひとりごちる。

あるいはある女優さんのブログ記事に載ったお出かけ写真、
黒い幅広帽子にひじまである黒い手袋、もちろん全身どこも空気に触れてません!
キャプションは「あまりにも暑いからアイス~」
みたいのを見ては、
まじっまじっまじっまじっまじっ
とおののいていたんである。
もしこれが日本人の夏のお出かけスタンダード姿だとしたらすごすぎる。

この人ってさ、この人ってさ、死ぬときに、「ああ、わたしは顔にひとつもシミを作らなかったわ……」て
喜びに包まれて死んでいくんだろうか。
って、つまりはわたしはそういう人たちをばかにしていたのだ正直。

わたしの使っている化粧品は、といっても化粧品と呼ぶのはおこがましいほどのもので、
医者でくれる乾燥肌用のクリームをとても気に入って顔から全身まで塗りたくり、
それで充分に事足りていると満足していたのだった。

そんなある日、ひやかしで入ったはちみつ専門店で、キャンペーン中だという「しみ用のクリーム」をすすめられた。
「だってマダム、ここに、シミ、ありますよね」
若い店員の指差す先はわたしのみぎほっぺのちょうどまん中あたり。

ええええ、ありますともありますとも、そのへんにねえ、大きいのがべったりと。
それはほら、若い女優さんが老け役をやるときに、顔にシミをほどこして老け感を出す、
という手法があるでしょう?
あんな感じのシミなのよ。いや、もう、ほんとうに。
老け顔をつくりたいなら、シミ、ここ!な位置。

今だけキャンペーン中でほんとうの値段から二十ユーロも安いんだって!

あらやだ。じゃあ、試してみようかしら。

だってここ数年、クリーム代はほとんどゼロで来ているんだもの。
五十オンナがシミに効くらしいクリーム買ったって罰はあたんないよ。

若い店員さんは
「お使いになったあとの感想を、ぜひお聞かせくださいね。
だってこのクリームは発売されたばかりで、マダムが最初のお客さまなんですから」
などとのたまう。

これはもう、塗った瞬間にシミが消えてもおかしくないような言い草ではないか!

期待感に包まれつつ使い始めて、およそひと月半で使い切った。
結果は……、全くの変化なし。

なーんだよー。
あの言い方はないよなー。
ったくよー。

そう思いつつ、まあこんなものかと思ったのだが、
それがきっかけで、それまでなんともなかった顔のシミがにわかに気になりだした。
どうにか、消す、ことはできぬとも、薄くできぬものか。

そんな時、今度は日曜日の新聞におまけで付いてくる女性誌の中にこんな記事を見つけた。
ロングセラー商品をいくつかピックアップしてそれらを紹介してある。

「ほかの製品は肌を乾燥させることに重点をおいているのに対して、これは bouton ブトン を成熟させて速攻にはぎとることができる。
衝撃的、しかしおそろしいまでによく効く」

これは写真右の PAYOT という製品。
わたしはこの紹介文を読んで、わたしの右ほほにあるシミがとたんに吸い取られてなくなってしまうところを想像した。

そして間髪をいれずインターネットで探してその場で注文。

三日くらいで到着したそれは、まず、おそろしく小さな瓶に入っていた。
中はクリームというよりも、むかーし遊んだ、粘土、あの粘土にそっくり。
手ざわりといい、匂いといい、あの粘土を入れたのでは?と思うほど。

寝る前にシミの上にのせるように塗る。
粘土状だから、ふとんに付いたらふとんが汚れてししまう。

数回使ってみたものの、
シミには何の変化も見られない。

そこではじめて家族に相談するばか(ここにひとり)。
そして bouton ブトン とは「吹き出物、にきび」であって「シミ」ではないことが発覚するのだった。

えーっ!

驚くわたしに、いっそう驚く家族の顔。
長女にいたっては「ママ、ばかすぎ」と言ってはならないことまで言う始末。

これはにきびで悩む長女と次女へ払下げ。

おまけにずっと前に試供品でもらった
「ROLL ON COLLAGENE REGARD Anti-Poches Anti-Cernes」
というのを「これはシミ用だな」とシミのところに塗りこんでいた。
これは下に英語で
「Anti-Puffiness Anti-Dark Circles 」
とあって、Dark がわたしの頭の中では「シミ」に自動変換されたと思われる。

おわかりだとは思うがこれは「目の下のクマ消し」。










家族に散々にばかにされ、オレは人生五十にしてなにをやっちょるんじゃったく、
とちょこっとだけ落ち込み。

そんな折、夫が薬草やさんに用事があるというので付いて行った。
そこで「キミは?何か必要なもの、ある?」と聞いてくれたやさしい夫。

ここのところ、頭の中はシミのことに占領されているからもちろん、
「あの、シミに効く何か、あります?」
と聞いてみた。

そしてすすめられたのが写真左のオイル。
使いはじめて今日で一週間。
なーんの変化もありません。

シミ戦争、まだまだ続く模様。
















guerre ゲー が戦争、tâches タッシュ がシミ。造語です。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
# by kyotachan | 2017-05-22 23:30 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(2)

écrire エクリール/ 書く

f0136579_23102196.jpg


わたしは書くことが好きだ。
と宣言したところで、瀬戸内寂聴さんのように子どもを捨ててまで書きたいものがあったことは一度もない。
世の中に子どもを捨ててまで何かを成し遂げたいという人がいる、というニュースなりを耳にするたびにいつもびっくりする。

子どもができてからこちら、子どものことを言い訳に色んなことを怠けてきたことは認めるが
子どもを捨てて何かをしようとは、その発想にさえびっくりしてしまうほど、一度もない。

ブログという世界を知ってからは
書いたものを読んでくださる人がこの画面の向こう側にいる
というただただそのことだけがうれしくて、書くのが楽しくてしょうがなかった。

十年という月日があっちゅーまに流れ、
わたしの子どもたちはわたしがいなくても自分の口にいれるものを自分でなんとかできるようになった。
(スパゲティをゆでたり目玉焼きを焼いたりはできる、という意味でね)

いま、ふうと息をはきながら周りを見まわしてみると
わたし以外の人々はどんどん前進して色んな場面で活躍をしているように見える。

十年前から相変わらずスタート地点の白い線の内側にいて
いまだにスタートさえきっていないわたしがぽつり。

あれ?
わたしったら一体、ここで何をやってんだ?

子どもを捨ててまでもやりたいことを、見つけられなかったって、
実は子どもを言い訳に何もかもを怠けてきたってことなんじゃないの?













数年前にこの文学賞の存在を知った。

今年で四回目の挑戦になるから八年前?
隔年で催されるその文学賞に小説を送っている。

こんなにはずかしいこと、まさか公言できるわけではなく
公になるのはわたしが大賞を取ったとき、と思っていたのだけど、
いやあもう、ここへ来て、その張りつめていた糸がぱっちんと切れてしまいまして。

原稿用紙百枚以下、が条件のところ、今書けているのがその約半分。
締め切りは六月の末日消印有効。

四回目の正直ともなると、もうこれは大賞を取ることが目的ではなくて
自分で納得できる小説を書いて送る、ことが目的になってしまっている。
だから、小説をどうしても書き上げたいの!

画面の向こう側のあなた、この原稿に目を通していただけませんか。
そして、だめだし、訂正、校正、𠮟咤、激励、なんでもしてほしいの。
とりわけ、続きのストーリーのアイディアをばんっばん出してほしい。
その勇気のある方にはどなたにでもお送りいたします。

もちろん公の場所に出してしまったらわたしは資格を失うので
それだけは間違いのないように取り扱いには十分に気をつけてくださる方に。

非公開コメントでメールアドレスお知らせください。
さあ、今日(というかたった今)発足した『きょうたを作家にさせよう会』に、ふるってご参加ください!


















ままま、まじっ???
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
ままま、まじですよ!!!






https://www.instagram.com/kyotachan/
[PR]
# by kyotachan | 2017-05-07 23:53 | 吐 き 出 す | Comments(14)



f0136579_22061266.jpg

三女が十三歳になった翌日の日曜日は大統領選挙の投票日。
今年は長女にも選挙権があり、父親とふたりで出かけた。

出かける直前まで候補者たちの写真を居間のテーブルに並べて誰に投票するか迷っている様子。

なによ、まだ決まらないわけ?
パパの投票する人にすれば?

ちゃちゃを入れつつ、自分で決めたいらしい姿に笑ってしまう。










次女は早朝からダンスのコンクールへ出かけた。
通っているダンススクールが毎年挑戦しているコンクール。
いつも遠隔地であるのに今年は幸運なことにニース市内。

今年は次女がソロと団体のふたつに、長女は団体ひとつに参加。
二週間のバカンス中はほとんど毎日(!)練習だった。










長女はバカンス中に自動車教習所のコード試験に受かり、
それも間違いゼロという、快挙で受かり、運転教習をはじめた。

不幸なことに運動神経はわたしの血を引いてほどんどゼロに近いから
どうなることかと思っていたけど、今ののところ順調に進んでいるらしい。
なんとなんと、モナコまで運転したのだって!

まじでっ?あんたの後、渋滞してなかった?

……、さすがにちょっとね。

はははっ。









もうひとつ、笑えるところでは
長男が偏平足なことが発覚した。

まじっ???

かっちょわるー笑
















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ







https://www.instagram.com/kyotachan/

[PR]
# by kyotachan | 2017-04-23 22:23 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(3)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31