f0136579_01293363.jpg




f0136579_01300618.jpg




f0136579_01303832.jpg




f0136579_01311603.jpg




f0136579_01313554.jpg




f0136579_01324646.jpg




f0136579_01331326.jpg




f0136579_01334047.jpg




f0136579_01341790.jpg




f0136579_01343441.jpg




f0136579_01350792.jpg




f0136579_01353643.jpg




f0136579_01361139.jpg




f0136579_01363155.jpg




f0136579_01402839.jpg






砂丘をあとにしてお腹をふくらませたあと、
わたしたちが向かったのは bassin d'arcachon バッサンダルカッション。

これも数日前からバッサン、バッサン、と名まえを耳元で連呼されており、
なんなのよ、バッサンバッサン。おまるか?とひとりつっこみを入れていた。

バッサン、と聞いてまず頭に浮かぶのが、小さいおまるのようなものなのだ。
あるいはせいぜい、赤ちゃんを水遊びさせる小さめのたらい?

それが着いてみたら太平洋に向かう、大きな海岸ではないですか!
なんなのよ?バッサンって?
辞書をちらりとのぞいてみたら「船着場」という意味もあるらしい。
あ、そっちの意味だった?

この日は海岸に向かう予定だったから子どもたちはみんな水着を身につけていた。

しかし誰ひとりとして海岸に降りようとするものはおらず。
地中海沿岸の、蒸し暑い気候に慣れているものにとってみたら、
大西洋の、どこまでも続く海は壮大すぎて、しり込みしてしまったようだ。

実際のところ、風が強くて湿度が低いから、寒いくらいの陽気。

長男がわたしのところに寄ってきて、
「ボクは地中海の気候より大西洋の気候が好きだ」
と言う。

「あ、まじで。そりゃまたどうして」
「このうねる海とか、強い風とか、こっちのほうがいい」
「あらま。へー。わたしはこの海では泳げそうにないけどね」
「地中海は閉じているからね」

ここでけげんな顔をしたわたしのために
長男はスマホを出して、地中海の地図を見せてくれた。

わ!ほんとうだ!地中海はこんな風にきれいに閉じているんだ!
感動しながらも、長男にはひと言。

「あんたね、そううやって検索して、なんでもかんでもスマホの中の知識が自分のものだと勘違いしたらだめだよ」

最近は長男と話していると、よくあるのだ。
「ちょっと待って」と言って、スマホで検索することが。

なんだかなー。
おまえさんの頭の中がその知識で埋め尽くされれていればいいんだけどね!






















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ








[PR]
by kyotachan | 2017-10-12 02:46 | vacances d'ete 2017 | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31