f0136579_23173359.jpg

すいかのかわいらしさは整列した種にあると思う。

前回のすいかは甘くてほとんどをひとりで食べた。
今回のすいかは甘さが足りなくて固くておいしくない。

家族はわたしほどすいかラブではない。
おいしくないすいかはなかなか減らなくてゆーうつ。
























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-05-31 23:43 | お い し い | Comments(3)










f0136579_2391194.jpg

次女におつかいを頼んだらこんなバゲットを持ち帰ってきた。

「今はファンタジー用のこれしかない」
と言われたそう。

近所のこのパン屋さん、コルシカ島出身のご主人がパンを焼いて
レジを超美人の奥さまが担当している。

時々、動物だのなんだのの形をしたパンが展示されていて
これもきっとそれ用のパンだったのだと思う。

「何の形だって?」
と聞いたら
「知らなーい」、だって。

タツノオトシゴ?













f0136579_2395774.jpg

わがまま家族のために中身がちょっとづつ違うため苦肉の策でふせんを。













f0136579_23101534.jpg

バゲットの保存袋をプレゼントされたのだって。

保存袋といっても
これに入れておけばずっとバゲットがずっとおいしいままなのか、というとけしてそういうわけではない。

これに入れておけば虫がその上を歩いていくこともないし、ほこりもつかない、くらいの用を足すもの。
……と思っているのだけど、実際のところどうなんだろう。






























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-05-20 23:26 | た の し い | Comments(7)









f0136579_22512722.jpg

Antibes アンチーブの salis サリス。
















f0136579_2251521.jpg

遠浅。

泳いだら肌が痛いほど水は冷たい。
透明度はすばらしい。















f0136579_22524618.jpg

このビーチの白い砂同様、スナックのパニーニもお気に入り。



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-05-17 23:05 | 日 常 空 間 | Comments(5)









f0136579_20362512.jpg

二日前、晩ごはんにマーボー豆腐を作ったら
次女にものすごーく嫌な顔をされた。

だってママ!暑いじゃん!

わたしはどちらかというと暑い季節に熱いものを食べるのが嫌ではない。
でも暑くなるとサラダとチーズ、あとはシャキュットリ(ハムやサラミなど)、という食事が多くなるのは確か。
わたしが準備するのはサラダだけなのでものすごーく楽でもある。

今日は金曜日で平日だけど、昨日木曜日が祭日だったから今日はポン(橋をかけて連休にするフランスのお得意技)。
これ学校だけでなくて一般の企業も適用する。ポンポン休みになるおフランス。

お昼にラーメンでも出そうものならまた次女にだめ押しされる。
ということで今日のお昼は昨日の残りものとトマトのサラダ。













f0136579_20365287.jpg

ホワイトアスパラガスをゆでたら、苦い。えぐい。
わー!これは誰も食べないー!

苦味をとる方法はないものかと検索してみた。
水でさらした後に冷蔵庫で一晩寝かせると苦味が取れる、と。

ほんとうに、昨日の苦味が抜けていた。

グリーンアスパラガスのほうは根元のほうは皮をピーラーでむいて細切りにし、
細切れのベーコンと一緒に炒めた(昨晩)。おいしかったー!

先っぽのほうは塩茹で。
ホワイトアスパラガス同様、グリーンソース(にんにく・アンチョビ・パセリ・バジル)で。
残りが一本なのは昨日あらかたはけてしまったせい。














f0136579_20371854.jpg

イタリアの細長いパン、グレッサンに生ハムを巻いて。
















f0136579_20375735.jpg

タプナッドとオリーブ。
フェタチーズとオリーブのオイル漬け。















f0136579_20381620.jpg

イタリアのお惣菜屋さんで見つけたグレッサン。
これがおいしくてほかのはもう食べれなくなった。






























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-05-15 20:59 | お い し い | Comments(2)









f0136579_0275960.jpg
















f0136579_0272822.jpg
















f0136579_0282344.jpg
















f0136579_0283812.jpg
















f0136579_029745.jpg















f0136579_0285222.jpg















f0136579_0292135.jpg















バカンス・パック最終日の今日の午後、
「ビーチまでお散歩しようよー」
というこころ優しい母親の申し出に

唯一賛同してくれたのが次女ひとりのみ。

それも
「行きに jean medecin ジョンメディサン/ ニースの安物商店街の並ぶ通り を通っていくなら」
の但し書きつき。

歩きながら「あっちへ寄ろう」「こっちへ寄ろう」とウィンドーショッピングにつき合わされ、
「今日の夜にビーチにつけたらわたしものすごく運がいいかも」
と嫌味のひとつも言いたくなる。

ビーチにはけっこうな人が出ていた。
トップレス率多し。
今から焼かないと、短い夏をたんのうすることはできないものね。

わたしはなぜかビーチに着いたとたん、お腹がごろごろ。

「ごめーん。帰りたーい」というと
こころ優しい母親に似た次女、即答で
「いいよー。帰ろー」。

まあ、彼女の本音はお店をぶらぶらしたい方だったからね。

帰りに通った公園で見かけた双子のマダムが
あまりにも美しくて感動。

オレなんてまだまだ道半ば。
こんな風にきれいな銀髪になるぞー。 >そこ?
























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-05-11 00:55 | 日 常 空 間 | Comments(10)

maquereau マケロ/ サバ











f0136579_2114538.jpg

来年には生誕半世紀をむかえるっつーのに
いまだに魚をおろすことが苦手なオレ。

「このバカンス中にお寿司作ってー」
と三女に何度もお願いされていた。

しかしバカンス中、誰かがいない、ということの多いこと多いこと。
長女のダンスコンクールで帰りが夜中、とか
翌日も友人宅にお泊り、とか、
長女が戻ったと思ったら今度は次女がお泊り、とか。

まあ、今週末でバカンスも終わりだし、
今日当たりやっちゃろかー、な気分で行ったカルフールで
きれい、かつ、安い、マグロとサケ、発見。
そして、まあ、きれいなサバがー!!!

いつお寿司作るのー!
いまでしょいまでしょー!

と夕方に戻って急いで酢飯作り。










はじめてのシメサバ。
不細工だけど、びーっくりするくらいにおいしい!

生誕半世紀(あ、これはもういいですよね)にして
魚をせっせとさばこうと強く決意したオレがここに一匹。 >はあ?












f0136579_21141989.jpg

マグロ。

色が沈んでしまうから裏まきには合わない。
すこしはにぎり寿司にしてみたらよかった。













f0136579_21152948.jpg

サケは色がかわいいから裏まき向き。
かっぱ巻きは人気がないけど、少しだけいれると彩りがきれい。

この日はちゃーんと日本酒を手に入れることを怠らなかったオレ。
なま魚、米、そして日本酒。これこそニッポンザルの食事の基本。



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2015-05-09 21:33 | お い し い | Comments(10)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31