f0136579_0505311.jpg

三月九日、スキーバカンス最終日に出かけた gréolière グレオリエール にて。
三女がうまってしまうくらいの雪が……!ニースから車で一時間ちょっとのところなのに……!













ウチに来たフランス人の友人が久しぶりに長女とわたしを見てひとこと。
「まるで姉妹のようね!」

もちろん最大級のお世辞には違いなのだけど
わたしはそれにすっかり気分をよくして、

「ええ、ええ、こちら、わたしのオネエサンです」。

長女がすかさず、
「ああもう、ママ、それって……!やめて……!」

冬場に編み物をしているわたしに mamie マミー/ おばあちゃん、と呼ぶのは長女で
時に非常にむかついていたので、ああ、なんだあ、長女だってむかつくんじゃん?

以来、なにかにつけて長女を「オネエチャン」と呼ぶ。
長女は本気で嫌そうな顔。
白髪頭のいもうとなんて、ほんとにぞっとしないよね。














長男がわたしの横を通り過ぎざま、ほっぺたにチュ!とすることがある。
胸が、きゅ!となる。
こいつにはラテンの血がしっかりと入っているんやなあ。
きたない部屋のこととか、ぼーっとしていることとか、そんなのどうでもいいか!て気になる。
ずるい!















今朝、下ふたりを起こしに部屋に入ると次女の様子がおかしい。
ベッドに半ば座るようにして、すでに起きていたらしい。
「のどと頭が痛い」。
言いながら泣き出すのですぐに熱を計ると38度五分。

次女は四人きょうだいの中ではいちばん好き嫌いが少なくて
カラダも細くてしっかりとしまっている。

こんな風にたまに熱を出す体質のほうが
むしろ健康体のような気がする。

今日は金曜日で週末だから
来週にはすっかり復活することだろう。










三女のギターの腕前はめきめきと上達していて
最近は「ハッピーバースデー」なんかをぽろんぽろんとかなでている。

楽譜を見ながらギターをひく三女を見ていると
「そうかあ。楽譜だって読めるんだな」
と楽譜をまるで読めないわたしはそれだけで軽く感動。

夫の誕生日が近いからその日はぜひ三女にギターを弾いてもらおう。


























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2014-03-15 01:15 | 六 人 家 族 | Comments(11)









f0136579_4165275.jpg
















f0136579_4172311.jpg
















f0136579_4174344.jpg
















f0136579_4181250.jpg















f0136579_4205179.jpg
















f0136579_4213852.jpg
















f0136579_423133.jpg
















f0136579_42452.jpg
















f0136579_4251550.jpg

















f0136579_427881.jpg
















f0136579_4275260.jpg
















f0136579_4283692.jpg
















f0136579_429424.jpg
















f0136579_430306.jpg
















f0136579_4312641.jpg
















f0136579_43297.jpg
















f0136579_4324642.jpg
















f0136579_434726.jpg
















f0136579_435148.jpg
















f0136579_4355645.jpg
















f0136579_437298.jpg
















f0136579_4375688.jpg
















f0136579_4395484.jpg
















f0136579_441066.jpg
















f0136579_4413113.jpg
















f0136579_4415787.jpg
















f0136579_4425161.jpg
















f0136579_4434120.jpg
















f0136579_4443038.jpg
















大きなシャー(山車)の下には何人もの人たちが乗っていて
その中にはまだ幼稚園児と思われる小さい子どもたちが多い。

楽しんでいる、というよりも紙ふぶきとボンブと呼ばれるスプレーをかけられまくり、泣きそうになっている子もいる。
カーナヴァリエの家系に生きるのもなかなかたいへんなことなのだきっと。

二時間にもおよぶ行進。
美しくて大きなシャーが夢のようなものとすれば
地べたに足をつけている人たちのほうはしっかりと現実の世界にあった。



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2014-03-06 05:04 | 文 化 教 育 | Comments(10)









f0136579_2512880.jpg
















f0136579_252421.jpg
















f0136579_2523791.jpg

















f0136579_2531626.jpg

















f0136579_2535157.jpg
















f0136579_2543092.jpg
















f0136579_255446.jpg
















f0136579_2562243.jpg
















f0136579_256521.jpg
















f0136579_2573072.jpg
















f0136579_258340.jpg
















f0136579_2584249.jpg
















f0136579_302456.jpg

















f0136579_31864.jpg
















f0136579_314770.jpg

















f0136579_324651.jpg
















f0136579_334647.jpg
















f0136579_342047.jpg

















f0136579_34504.jpg
















f0136579_354027.jpg
















f0136579_364046.jpg
















f0136579_372735.jpg
















carnavalier カーナヴァリエ/ カーニバル人、ということばがあるらしい。
カーニバルをなりわいとして生きる人。

とにもかくにも、でかい。






























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2014-03-06 04:09 | 文 化 教 育 | Comments(2)











f0136579_23364326.jpg















f0136579_23373990.jpg

















f0136579_2338399.jpg

















f0136579_23383013.jpg
















f0136579_23384720.jpg
















f0136579_23391577.jpg

















f0136579_23401711.jpg
















f0136579_23415425.jpg

















f0136579_2344281.jpg
















f0136579_23444920.jpg
















f0136579_23452819.jpg
















f0136579_23464734.jpg
















f0136579_23473729.jpg

















f0136579_23491913.jpg


















f0136579_23494089.jpg




















f0136579_23501918.jpg

















f0136579_23512313.jpg

















f0136579_23542969.jpg




















f0136579_024055.jpg
















f0136579_033235.jpg

















f0136579_04089.jpg


















f0136579_044240.jpg

















f0136579_052916.jpg


















f0136579_061274.jpg
















f0136579_0185760.jpg
















f0136579_0211460.jpg
















f0136579_0214099.jpg

















f0136579_0221045.jpg

















長男は山のほうへ住む友人宅へ金曜日からお泊り。
二泊して戻ってくる予定が道路は雪で覆われているらしくもう二泊延泊。

よく晴れた日曜日にはやっぱりピクニックがしたくなる。
先週は森を散策したから今週はビーチにしようということに。

午後からはカーニバルへ出かける予定もあって
朝から仮装にはげむ長女と次女。
と突然、長女の友人から「仮装はしない」連絡があったらしく、仮装はあっさり中止。











ビーチに出る。今日は clos de cagne クロドカンニュ。
風が強くて寒い。
毛糸の帽子をしっかりとかぶりなおす。

ひとっこひとりいない。
この時期にビーチでピクニックしようと思うのはわたしたちだけのよう。

遊歩道を歩いている人たちは大勢いるのを見て、
ビンボウ……という文字が頭に浮かんでひとりでうける。

遠くに泳いでいる人発見。
ほとんどハダカで肌を焼いている人もひとり。
もの好きはわたしたちだけじゃないさ、とまたひとりでうける。

鳥が勢ぞろいしていて、まるで取り決めがあるように
数羽ずづ飛び立っては少しずつ場所を移動しているように見える。

寒いので早々に退散。
いったん家に戻って再びカーニバルへ。

























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2014-03-04 00:42 | 日 常 空 間 | Comments(8)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31