f0136579_23433220.jpg















f0136579_23435515.jpg


















f0136579_23441539.jpg


















f0136579_2345672.jpg

















f0136579_23452352.jpg



















f0136579_23453951.jpg



















f0136579_2346389.jpg


















f0136579_23462313.jpg

















f0136579_23465025.jpg

















f0136579_2347231.jpg


















f0136579_2347257.jpg
















夫不在の日曜日の午後、下ふたりを連れてお散歩。

行き先は最近新設された公園で
名まえを promedande du paillon プロムナッデュパイヨン/ パイヨンお散歩道 というらしい。
マセナ広場とガルバルディ広場をむすぶ位置にある。

むかしはここに、大きな遠距離バスターミナルがあった。

この日はちょうどお昼時に長女の友人がふたり来て、
朝からそうじに追われ、昼食にはスペシャル・チャーハンを振る舞った。

子どもたちのお腹をいっぱいにしたらわたしはそれでお役ごめんだから
下ふたりだけとでも出かけたいなあと思った。

気のいい友人たちのことだから下ふたりとも遊んでくれて
今日はこのまま家の中かなあとも思いかけたのだけど
外はいい感じで陽がさんさんとさしていてわたしは外の空気がすいたかった。

不本意ながら最近は子どもたちを外に誘いだすのはわたしの方だ。
「お天気もいいことだし、新しい公園をのぞいてみようか」
と期待半分で誘うと、しぶしぶながら下ふたりが付き合ってくれることに。

新設されたばかりでおまけに日曜日だったこともあって公園の中は人でごったがえし。
仕事中の友人と合流するはずが、相手を見つけるにも困難だったほど。
むかしはウチもこのベビーシッターさんにはずいぶんとお世話になった。

たわわるほどに子どもたちのぶら下がった遊具には
ウチの子どもたちはもう何の興味もなさそう。

あまりにも気持ちがいいのでストールを地べたに引いて座り込んだ。
にわかに巡回中のおまわりさんがやってきて
「マダム、すみませんが、移動してください( il faut circuler )」。

なんだなんだこんなに美しい芝生を敷きつめておいて、ピクニックもできないのかい?

いっぺんに気分を害して、ヴューニースへ移動。
ロセッティ広場も、これまた吐きそうになるくらいの人の山。

子どもたちと友人はアイス。
わたしはビールを飲むつもりが、なんだか汗がしんと冷えてきてそのままになってしまった。



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-29 00:12 | 日 常 空 間 | Comments(0)








f0136579_045041.jpg

スーパーでアサリ発見。

















f0136579_0594.jpg

アサリだ!と思ったわけはスーパーでは札に palourdes japonaises パルルド・ジャポネーズ とあったから。
今晩はスパゲティ・ボンゴレ・ビアンコ。

シールの読み方は
「アサリを 745g お買い上げ。1kg につき 16.99€ なので お支払い金額は12.66 €」














f0136579_052451.jpg

もうひとつ、こんなものも。

戦争中はじゃがいもさえなくてこればっかり食べたという世代には戦争を思い出すという理由で人気のない野菜なのだとか。

















f0136579_054545.jpg

topinambour トピナンブー。
しょうがの仲間のように見えるけれど、イモ系?

ゆでたものを食べさせてもらったら味が「ごぼう」。

これは……!
きんぴらごぼうが食べれるぞ……!

と思い早速買ってみたのだけど勝敗やいかに。



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-27 00:24 | お い し い | Comments(11)









f0136579_413563.jpg

左の子は顔に見えます。
右の子はすみません。きたない穴に見えます。

ル・クルーゼで弱火で一時間。
初めてのことなので要領を得ず、竹串をぐさぐさと刺した結果でございます。
いやあもう、写真を撮るときには顔とか穴とか、全然目に入らなかったんですってば。

夫が「イシヤキイモ、タベタイ!」とかなんとかほざくので
絶対に「イシヤキイモにはならない」とは思いつつ買ってしまった、日本のさつまいもによく似た形のおいもちゃん。


















f0136579_4132741.jpg

こちらのかぼちゃがほくほくしていないのとよく似た感じで
このおいもちゃんも水っぽくて繊維質で、いやもう、「イシヤキイモ」にはかなり遠い感じ。

あ!左の子、埴輪に見える!





























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-25 04:26 | た の し い | Comments(7)









f0136579_23384752.jpg

次女の宿題。
全部夫にやってもらったみたい。

なじみのない行事だと思っていたけど
年々、浸透してきているなと思う。

















f0136579_2339425.jpg

げげげのきたろうのネコムスメ。

今週と来週は学校がバカンスでお休み。
toussaint トゥサン。

十一月一日が祭日でお墓参りの日らしい。
フランス版お盆というところかな?



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-23 23:49 | 文 化 教 育 | Comments(6)







f0136579_054962.jpg

わたしは夫とふたりでスーパーのレジに並んでいた。

食料品のほかに日用雑貨や衣料品も置いているスーパーで
わたしはここの下着がけっこうお気に入りだ。

この日は思いがけずすてきな body に出会ってしまい
おまけにくたびれたほかの下着も(勝手に)新調させてもらうことにして
いつもよりもカートには割り高のものが積まれていた。

夫は夫で二本買えば一本はただ、といううたい文句にひかれて
何本かのワインのビンをカートの隅っこに押しこんでいた。

そういう事情でお会計はいつもの三倍近くにもなってしまい
夫はレジで「二枚のカードで清算します」と申し出ることになった。

よその家庭のことは知らないがウチではけっこう使う手なので
わたしは買ったものを買い物袋に詰めながらそのセリフを聞くとはなしに聞いていたのだが

レジのおばさん、推定五十五歳、が、夫のその申し出を聞いたとたん、
それまでのむしろ穏やかだった態度を一変させて、

「二枚のカードッ?!?!なによそれッ?!?!そんなの知らないわッ?!?!
だいたいこの金額をふたつにわけることなんてできないわッ。わたしは計算機を持ち合わせていないし、だいたいここはグラン・ゼコールじゃないのよッ!!!」

といきりたった。
グラン・ゼコールとはフランスでの最高学府中の最高学府。
エリート中のエリートしか入れないし出てこれないという学校のこと。

そのおばさんの態度にびっくりぎょうてんしたのはこちらの方。
なんか、数字をふたつにわけることにグラン・ゼコール出してくるなんざー、大げさすぎないか?

夫は始終にこやかに
「あ、えーとね、じゃあ、○○○€ をまず払います」。

それで納得してくれるかと思いきや、
「だから!わたしはね!そんな操作はいまだかつてやったことがないんだってば!」

さらにヒートアップしてくる。
わたしたちの後ろにはうんざり顔のお客さんたちが五人ほど。

レジのおばさん、ようやく機転を利かせて電話で責任者を呼んでくれる。

「なに。どうしたの」
「この人がね、半分・半分で払いたいっていうんだけど。わたしはそんなことやったことないから」
「数字キーで打ち込めばいいだけの話でしょう」
「そんなこと言われたって!わたしはやったことないんだから!」

幸いできる責任者のおばさんがテキパキとキーを操作してあっけなく支払い終了。

あのおばさん、なんえであんなにえらそうだったんだろう?
自分ができないことを恥ずかしいと思う気持ちはないのだろうか。

理解不可能な人のふるまいに出会ったときにはこう思うことにしている。
わたしとあの人のカラダの底にはまったく違うものが流れているんだろうな……。





































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-19 00:36 | 日 常 空 間 | Comments(10)









f0136579_11259.jpg

1

















f0136579_115283.jpg

2
















f0136579_121736.jpg

3
















f0136579_12416.jpg

4

















f0136579_132677.jpg

5
















f0136579_13513.jpg

6
















f0136579_142732.jpg

7
















f0136579_153924.jpg

8
















f0136579_16323.jpg

9
















f0136579_163425.jpg

10















ベッドメーキングには毎日楽しませてもらった。
わたしの誕生日にはとびきり念入りにメーキングが。

ロマンチックな夜を、というメッセージを感じたが
わたしたちの部屋はキングサイズのベッドの部屋に、ひとつ簡易ベッドが入っており、
小さなドアでつながった隣にはダブルベッドがふたつ、という設定で、
簡易ベッドには子どもたちが日替わりで順繰りに眠ることになっており
ロマンチックにはなりようがないのだった。ああ、ザンネン……。 >ほんとよ。
































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-18 01:14 | saint domingue 2013 | Comments(2)









f0136579_23534858.jpg

1

















f0136579_23544131.jpg

2

















f0136579_23552313.jpg

3
















f0136579_23555078.jpg

4
















f0136579_23571351.jpg

5
















f0136579_2358136.jpg

6

















f0136579_23583024.jpg

7















f0136579_23593140.jpg

8
















f0136579_001833.jpg

9
















f0136579_003862.jpg

10
















プールの脇にバーがあって、椅子はプールの中につかっている。
わたしはプールより海派のせいで、ここへはほとんど行かなかった。
ちょうど陰になっていて、プールの中の椅子に座ると寒いせいもある。

そのちょうど真向かいにある果物船。
一日おきに食べ放題の果物が出る。

お皿を持って、目の前の果物を指差すと、果物ねえさんが手際よく切ってくれる。
このおねえさん、朝は大食堂のフレッシュジュースコーナーの係だった。

大柄なせいなのか、この人を見るたびにフードコーディネーターの飯島奈美さんを思い出した。
笑顔がそっくりだ。

マンゴを切ってもらって舟のふちで写真を撮っていたら
「こうしたほうがいいわ」と自ら切れ目を開いてくれた。






























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-17 00:15 | saint domingue 2013 | Comments(2)









f0136579_0172750.jpg

今朝は寒くて body に手が出た。

スーパーへ行くと目に飛び込んできたコレ。
今夜ははふはふ言いながら食べるポトフしかないでしょう!

あれ?
骨はポトフ用の牛肉を買う人にはつけてくれるものだと思っていたけど今日は二ユーロちょいとられた。




























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-15 00:44 | お い し い | Comments(2)








f0136579_016557.jpg

久しぶりに bio のお店をのぞいたらきれいなしょうがを発見。
今年お初のしょうがシロップ

















f0136579_0162852.jpg

りっぱな姿をしていたのにばらばらにして洗ったあとで残念。
皮もとってもきれい。

















f0136579_017101.jpg

ライムもおいしそうだったので数個ご調達。

















f0136579_0173125.jpg

これはただ切っただけのものを

















f0136579_0181666.jpg

はちみつと一緒にビンに詰めるだけ。
いつもはレモンを使う。

季節の変わり目はたいていのどから風邪をひくので、これはその対策用。
はちみつが少なかったかな。あとで足そう。

















f0136579_0184519.jpg

フレッシュ・クルミとフィーグ。

フレッシュ・クルミって、ローストする前のクルミで湿った食感。
わたしはぬれせんべいが苦手なのと同じでこれもちょっと苦手。
ローストしたくなるのだけど、夫はこれがおいしいと言う。

















f0136579_0195643.jpg

週末ですもん。やっぱりコレがないと。 >あ、基。週日も飲んでます。
つまみ食いで飲むワインがおいしいんだなあ。

































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-13 00:51 | お い し い | Comments(4)

ciel シエル/ 空









f0136579_233169.jpg

十月十一日午後七時ちょい前ウチの居間より。
今朝はぐんと寒くてダウンが恋しかった……。






























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-12 02:35 | 日 常 空 間 | Comments(4)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族