なんて呼ぶ?









f0136579_21151091.jpg

pâtes bolognaise パット・ボロネーゼ て スパゲティ・ミートソースのことやん?
café au lait カフェオレ はコーヒー牛乳やし。

もはやニッポンではカフェオレっつーことばは死んでしもうて
カフェラテにとってかわられたような気がするけど、これって気のせい?

最近ニースのカフェで café latte カフェラテ とか書いてあると
なんや、フランス人も日本人と似たようなもんやん、と思う。



































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-31 21:30 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(2)









f0136579_1111847.jpg

......で
















f0136579_1113836.jpg

盛り上がる。



































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-30 01:13 | 六 人 家 族 | Comments(0)









f0136579_228396.jpg

上の白いのがフェタ。
時計周りにゴーダ、ミモレット、......あとの三つはわかんない。汗(ま、こんなもんです)
このほかにカップ入りのヤギのチーズ、カッテージチーズ、袋入りのとろけるチーズにクロック・ムッシュー用のチーズ。

年末の特別食べる時期のせいでもなく、だいたいこれくらいが我が家のスタンダード。
和食のこんだてのときも、〆はチーズだったりする。

お茶碗とおはしをささっと下げて、その足でバター・チーズ・クラッカーの三点セットを持ち再び食卓に現れる夫を
「そんなんゼーッタイにありえない。食べたりないならご飯おかわりせーよこのヤロ」
と思っていたのに、いつの間にかそれが当たり前になって腹の立つこともなくなってしまった。

......というか夕飯の早いときなんて十時ごろに小腹がすいてついチーズなんかつまんでいる。 >自分自分。



































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-30 01:10 | お い し い | Comments(2)

bonet ボネ/ 帽子








f0136579_023833.jpg

帽子完成!


















f0136579_025199.jpg

......クーナ


































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-29 00:05 | た の し い | Comments(2)








f0136579_2246736.jpg

空中をぐるぐると回転する絶叫マシーン。

毎年この時期にニースの街中に出現する移動遊園地。
子どもたちにせがまれて結局は(いやいや)出かけてしまう。
















f0136579_22463198.jpg

ただしこの絶叫マシーンは未体験。
ピュレ~(うっそ~)とかいいながお口あんぐり。
















f0136579_22464716.jpg

白状するとわたくし、この移動遊園地が苦手。
つーか、きらい。

なんだかさみしくて。
夫にいうと、さみしいのは遊園地じゃなくて、キミのココロのほうでしょ、と。

......。そうかもしんない。















f0136579_2247198.jpg

だって無駄だと知りながらこーんなわっかにお金費やすの、なんかさみしくない?
















f0136579_22471917.jpg

無駄だと知りながら必死になってわっかを投げるのも、みょーにさみしい。
















f0136579_23334249.jpg

三人が三人ともなにもゲットせず、
気の毒がっておじさんがさらにわっかを恵んでくれたにもかからわず
ついにすべてをすってしまうのも、ああ、さみしい~。
















f0136579_2247379.jpg

ましなアトラクションは室内のほう、つーのも、なんだかさみしい。
















f0136579_22475534.jpg

なつかしい匂いのするジェットコースター。
しかしこれ、移動してくるんですよ。
なんか、さみしくないですか......。 >もういいって。
















f0136579_2248981.jpg

このジェットコースター、名まえがナイス。
















f0136579_22482520.jpg

下ふたりはジェットコースターは「こわい」ので、こんなものを。
















f0136579_22484318.jpg

そんなこんなしてる間にデート中の長女と合流。

もともとは「長女が遊園地でデート」と聞きつけた下三人が「そんなのずるい」というので出かけて来たんでした。
デートをじゃまされたはずの長女、たいしていやそうでもなく。















f0136579_2249167.jpg

室内中、大音響の音楽。
それにプラスして絶叫するアナウンスの声。

さみしい空間と重なってわたしはみょーにね、さみしい~気分。
てゆーか、あまりにもうるさいので自分たちも大声にならざるをえず、ちょー疲れる。
















f0136579_224933100.jpg

ビーチなどでもよくみかける、トランポリン。
おしおきにしか見えないのがさみしい......。
















f0136579_22495489.jpg

下ふたりもようやく乗り物。

だけどこれら、全部が全部、数日間のためにどこからか移動してきたものたち。
こんなのもが移動してやってくる、てところがさみしいのよね(とわたしのココロがいう)。

ここいらでわたしは、大音響の大絶叫、チカチカピカピカ、に耐え切れず一足先に外へ。
ここのところ、あったかくて助かった~。
















f0136579_22501360.jpg

チェロキー(ヌテラつき)をつまみながらようやく出てきた家族たち。

温かいのでてくてく歩く。

クリスマスは過ぎても街の中はまだまだクリスマスモード。
お正月がないせいで、年明けの一月いっぱいはこんな感じ。
















f0136579_22502886.jpg

ヴューニース(旧市街)でソッカとホットワイン。
ふぃ~。生き返る~。

あ、お酒ね、復活しておりまする。おほほ。

舌の乾かぬ内に飲みだしよってこやつめ。
わたしの場合、飲める、つーことが健康な証拠なの。 >おい!











































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-28 23:38 | 六 人 家 族 | Comments(5)

j'ai réussi ! できたー!










f0136579_5405925.jpg

先に編んだ左手に比べて右手のほうが断然きれい。

あったかいぞーこれ。
個性強すぎて手袋だけぽっかり浮いちゃうけどね......。








































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-25 22:57 | た の し い | Comments(7)









f0136579_5441718.jpg

この日は牡蠣をウチで開ける。

年に一度のことだからなかなかうまくならない。
今年もけっきょくは夫の仕事になってしまった。




























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-25 05:48 | お い し い | Comments(2)

champomy シャンポミ









f0136579_5313364.jpg

......とは炭酸入りのりんごジュースのこと。

いわゆる子ども用のパーティ・ドリンク。
瓶がシャンパン仕様でこれがあると気分もぐっと盛り上がる(みたい)。









































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-25 05:37 | お い し い | Comments(0)













f0136579_23194417.jpg
































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-23 23:22 | 日 常 空 間 | Comments(0)







f0136579_20534157.jpg

子どもたちを車で学校へ送る途中
坂道を歩いて登る子どもたちを見かける。

ふと母親のことを思い出す。

「ママの育った場所も、こんな風な山がたくさんあってね、
ママのお母さんは、こんな風に歩いている子どもを見かけると
『あんたどこまで行くと。乗っていかんね』て、自分の車に乗せてたんだよ」

それを聞いた子どもたちは、あ、へえ、いいねえそれ、なんて笑っている。

ほんとに、いいよねえ。

「そうできればいいなあと思うけどねえ。
残念ながらママにはできないなあ。
だいたい、知らない人の車に乗る、てこと、しないよね、今の子どもたちは」

そういうと、子どもたちもそれに同意する。

時代。
場所。
慣習。
土台。

わたしの育った環境とわたしの子どもたちの育つ環境の違いに
あらためてびっくりすることがある。

それはわたしたちが今、時代の大変革期にいるせいなのだろうかそれとも
わたしの親たちも、わたしを育てながら同じことを思っていたのだろうか。

わたしはとんでもなく遠いところへ来てしまったなあ。
どちらにしろ、わたしはこのことばを口の中でつぶやく。















今年のクリスマス。
サンタクロースの存在したことのない我が家では
今ではクリスマスは「パパが子どもたちに平等にプレゼントを買う日」なポジションを完全に確立した。

お誕生日と決定的に違うのは「四人そろって平等に」という点で
四人が一緒に盛り上がれる、というところが楽しくて仕方がないらしい。

三女がわたしにところ来ていう。
「ママ、わたしは DS がいいんだけど、いい?」

わたしはぐっとなる。
なんでわたしの意見を聞くの。
わたしの意見はずっと無視され続けてきたのよ。
わたしの意見を聞いたところでどうなるものでもなし。

ママは反対だよ。だけど聞いてどうするの」

いいながら、ああこの子はパパだけじゃなくてママからも賛同してもらえるプレゼントがいいんだなと理解する。
「親に好かれたい」という気持ちはかつてのわたしにもあった。

「反対」ということばを聞きつけて長女までが登場し
なんだか「またママが」な険悪な雰囲気におちいった。

結局は五人で出かけて、三女はレゴのプレイモービルにしたらしい。

あ~あ。
ほしいもの、買ってもらえばよかったのに。
三女に同情しながら、三女の気持ちが痛くて涙が出る。

毎年毎年、わたしにとってのクリスマスはクルシミマスだ。

ちりちりと、胸の内に消化されない不満を抱えつつ
それでも、今年もまたこの日を迎えられたなあとほっとする自分もいる。















毎年相変わらずの、ツリーに飾るオーナメントを段ボールから出しながら
数年前に作った自分の作品をぢっと見つめる三女。

どんなに遠くの時代に来たとしても
どんなに遠くの国に来たとしても
変わらないものはずっとかわらないんだろうな。





































にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2012-12-23 22:51 | 六 人 家 族 | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族