couche クーッシュ






f0136579_20482398.jpg


coucher クシェ 「寝る」が動詞ならその名詞は couche クーシュ
ああてことは「寝ること」という意味?と思うのはとんだ早とちりというもの

わたしが最初に覚えたのは「オムツ」という意味で今でも couche クーシュ と聞けばやはりオムツをまず思い浮かべる
しかしそれで終わらないのがフランス語のやっかいなところでこの couche クーシュ には「層」という意味もあって
たとえばクレープを重ねて作るお菓子のレシピなんかにもこのことばが使われるし
パイシートをまずしいた上に、、、というときにもやはり couche クーシュ が使われていたりする
けしてオムツを食べるわけではないのでご注意を(あオヤジギャグ入ったかしら)

オムツとクレープじゃあなんの因果も関係もないじゃん全くフランス語って一体、、と思いがちなのだがふと気がついてみたら
オムツって昔は薄い布を何層にも重ねておしっこやうんちがもれださないようにしただろうし
いまや当たり前になってしまった紙オムツはこれはもう化学繊維を何層にも重ねた恐るべき代物だということに思い当たると
フランス語って結構おもろいやん!ということになるんである(あゼンゼンつまんない?)






わたしが出会ったもっとも印象的だった couche クーシュ は
自動車教習所に通っているときに女性の教官が

ah! il fait froid ce matin! j'aurais dû mettre plus de couches!
アーイルフェフロワスマタンジョレデュメットルプリュデュクーッシュ

ああ今朝は寒いわー!もっとクーッシュをしてくるべきだった!

といった時の couche クーシュ でわたしは彼女が寒そうに自分の肩をなでるジェスチャーをしたので
ああ、、「洋服」の意味に使ったんだなあとわかったのだけれど彼女からは「つっこんでほしい」光線が出ていたのであえて

couche クーシュ って「洋服」の意味にも使うんですか?

と聞いてみたらうれしそうに

non ノン/ 使わないわ

だって、、、「一般には使わない」表現をあえて使いたがるフランス人がここにもおったわ

でも冬に何着もシャツやセーターを着込む様子はまさしく「層」を想像させるので
彼女が使ったcouche クーシュ にも納得させられるのだ

ナールホドネー!

とりあえず教官がまだオムツを必要としているわけではないのでホッとしたしだい


























力作の太陽を描く三女、、、端っこにはなにやら季節モノが、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ


去年のクリスマスをつい最近終わらせたような気がするのってやっぱりこれまずいですよね、、、汗汗汗

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2009-11-30 22:50 | ソ ラ 画 伯 | Comments(8)







f0136579_20544090.jpg


coucher クシェ は「沈む」という意味と「寝る」という意味がある

三女が沈んでいく太陽を見て
maman, regardes ! le soleil qui se couche ! マモン ルギャルド ル ソレイユ キ ス クーシュ
と言うとき彼女はきっと

ママ見て!太陽さんがおねんねしちゃうよー!
と言っているのだろうなと思う

おやすみなさい太陽さん



























わたしたちは同じ太陽を見ている
そう思うだけでこころが温まるときがあります、、、あの人もこの人もわたしが見ているこれと同じ太陽を見ている
ブログランキング・にほんブログ村へ


わたしの住む世界には月はひとつです(あれ?まだ引きずっている?)

カラダを暖かくしてお休みください、、、よい週末をー!
[PR]
by kyotachan | 2009-11-27 21:09 | 日 常 空 間 | Comments(8)







f0136579_2224814.jpg


わたしの母親というひとは
たとえばわたしが中学生のころ土曜日のお昼にチャーハンを作っているところを発見すると
「ああ、ほれちょっとどかんね」
と言ってわたしを押しのけてチャーハンの続きを作るような人だった
たぶん見ていられなかったのだろう

自分の一人娘に率先して母親の味を教えてくれようとしたことは一度もないし
わたしもとりたててそれを教えてもらおうと思ったことはない

十九になる年に晴れて東京の大学に入学したわたしはアパートでひとり暮らしを始めた
目の前にはセブンイレブンがあったし一人分の食事を調達することはそれほど難しいことではなくこれといって不満はなかったのだが
しばらくするとどうしても食べたいものがでてきた
それは「母親の作ってくれた」きんぴらごぼうだったり「母親の作ってくれた」親子どんぶりだったりした

仕方がないので母親に電話で作り方を聞いておそるおそる料理なんぞをしはじめたわけだったのだが
そうしてみてはじめて気がついたことは「料理って実はとっても簡単なことだったのね」ということだった

母親のきんぴらごぼうは後から思えばちょっと変わっていて

ごぼうはたわしでよく洗ったらマッチのような棒状に切る
フライパンにごま油を熱したらそのごぼうを投入
辛目の味付けにしたいときはここでたかの爪のみじん切りも投入
しなっとしてきたら「これじゃあ多すぎないか?」くらいのお砂糖をぶっかける
さらにそこに「お砂糖よりは少な目と思われる」しょうゆをさらにぶっかける
火を止めたらいりごまをふってできあがり

というものだった
電話口で作り方を聞いたわたしはそのあまりにも簡単なことに驚き思わず

「え?それだけ?それだけできんぴらごぼうのできっと?」

と口走った

「う~んさ、そんだけさ~、、、簡単かじゃろ?」

料理なんてそんなもんさ、という感じで母親は答えた

しばらく一人暮らしが続くうちにわたしも料理本などをのぞくことがあり
そのうちに「きんぴらごぼう」はえんぴつを削るように切ってだしを入れて煮て作るものらしいことを知り
なんだかその方がおいしそうで試してみたのだけどどうも味がボケている気がしてだめだった

ニースに来て和食はどんなものでも高級な食べ物となった
一番手っ取り早く和食を実現するには野菜を砂糖としょうゆで煮付けることである
これはもうどうしてもこうしてもわたしにとっては「母親の味」で
継承するとかしないとかあえて言わずともしっかりと継承されてしまっているのである
























珍しく大根を見つけたので買いました薄切りの牛肉が残っていたので早速それと煮てみることに匂いがもう和食だわ~
ブログランキング・にほんブログ村へ


写真は友人宅で発見したすり鉢とすりこぎ、、、すてきでしょ?

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2009-11-26 22:59 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(14)







f0136579_2338926.jpg


わたしの育った家庭ではじゃがいもはどちらかというと「煮物用の」野菜だった

肉じゃが
カレー
シチュー

母親がフライドポテトを作ってくれた記憶はないしわたしはそれをハンバーガーやさんで食べるものだと思っていた
といってもその手の(チェーン店の)ハンバーガーやさんができたのはわたしが小学校高学年になったからで
それはマクドナルドではなくてロッテリアだった今もあるんだろうか

わたしが中学生で英語塾に通っているときだから今からちょうど三十年前のこと
塾の帰りに母親が時々ハンバーガーを買ってくれた
お店は玉屋向かいの「ブルースカイ」と決まっていた
それが「佐世保バーガー」と呼ばれるものだとは最近ネットで知ってビックリした

ブルースカイは見落としそうな小さな店構えで
それと知らなければ気がつかずに通り過ぎてしまうくらいそっけなく建っていた
そして夕方からのみの営業だったと記憶する

ジューシーなお肉と一緒にはさまれた薄切りのトマトにくわえて
厚手に切った真っ白い生の玉ねぎがたまらなくおいしかった
そこにはフライドポテトもあったのだろうか
「ポテトもご一緒にいかがですか」と聞かれたことはなかったからもしかしたらないのかもしれない

いわくのありそうなかっちょよめのおじさんとこれまたいわくのありそうな美人のおねえさんがいて
薄い白色の紙にハンバーガーを包んでくれるときの手際のよさが今も記憶に残っている

「あん人たちさあ、どぎゃん関係って思う?」
「、、、え?」
「どぎゃんしたって親子には見えんじゃろ?ばってん夫婦にも見えんし」

おかあさん、中学生の娘に一体なにを聞いてるんですか

ニースへ来てから何も食べるものがないのにじゃがいもだけはたんとあるという時
なんとか食べるものになるのじゃないかと
すがる思いでじゃがいもを細く切って小麦粉をつけて揚げてみたら
それはまさしくハンバーガーやさんで食べるフライドポテトそのものに変身して感動した

なんとなくアメリカナイズされた食べ物と思っていたけれど
フライドポテトはここフランスでもとてもポピュラーな食べ物のひとつ




















ニースの街中スナップです、、、ポップな感じのお店が並んでいて思わずパチリ
ブログランキング・にほんブログ村へ


だけど結構たいへんなんですよねーフライドポテトをじゃがいもから作るのって

みなさんは作りますか?フライドポテト?
[PR]
by kyotachan | 2009-11-25 23:57 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(8)







f0136579_23142496.jpg


チーズを選ぶのはダーリンの仕事で
わたしはスパゲティ用のパルメザンとピザ用のとけるチーズをカートに入れるだけであとはすべて彼に任せてしまう

わたしはだいたいにおいて大味だしそこそこおいしければそれで満足
なにより食後のチーズがなくったってそれほどさみしくもなく
ないならないで多めにバターをぬったパンで充分満足してしまう

ハートのチーズの存在はあちこちで目にして知っていたけれど
ダーリンはこの手の「かわいらしいもの」をあまり信用するタイプではないし
わたしが「うわー!これ食べてみたいな」と言ったところで「コレハチョット、、、」とニホンゴで言うにきまっているとあえて進言したことはなかったのだけど
ふとカートを見ると入っているではないのかのハートのチーズが
めずらしいこともあるものだと思いながら出てきたことばが

「アレッ、、、」

その短いことばでダーリンはわたしの言いたいことがわかってしまったらしく

「アア、、ンン、、」

思い過ごしか赤面までしていそうなダーリン
ようやくかわいらしいものにひかれる年齢に達したのかしら

お味のほうは今日これから























学校の方も本格的なクリスマス準備に突入しそう
ブログランキング・にほんブログ村へ


年間の行事の中でもこれはやっぱり一大イベント、、、親も借り出されますのよ、、、

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2009-11-24 23:29 | お い し い | Comments(12)







f0136579_0584620.jpg


わたしは十八才だった

More
[PR]
by kyotachan | 2009-11-22 02:34 | た の し い | Comments(22)







f0136579_22405536.jpg


パン買ってきて
とダーリンにおつかいを頼んだらワインまで買ってきてくれました(よしよしいい子だ)

ボジョレの解禁日過ぎたばっかりだったんですね
去年は飲みはぐれたし何がなんでも飲まなくちゃ派でもないのですが
久々に飲むボジョレたいへんにおいしかったです

病み上がりのダーリンは二杯で充分だったらしく
食事が終わっても(ポトフですよもちろん)ボトルの半分以上は残ってたんですが
友人に借りた本を読みつつ一人でちびちびとやっていたら知らぬ間になくなってました

ボジョレヌーヴォーのすばらしいところは
一本空けても翌日になんの影響も及ぼさないこと
若いぶどうで作られたお酒は体にもやさしいのかもね
と言い訳しつつまた飲むわけなのです























今週末はひたすらまったりと過ごしております
ブログランキング・にほんブログ村へ


ボジョレを飲みながら読んだ本?あれですよあれ、、、もうお読みになりましたか?

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2009-11-21 23:08 | お い し い | Comments(10)

pot au feu ポトフ







f0136579_030361.jpg


今夜はポトフ
好きなお肉を好きな野菜と一緒にことこと煮込むだけの簡単家庭料理

今日は牛肉で
骨の部分はおまけでつけてくれる
これも一緒に煮込んで中をほじほじ、、、

pot au feu ポトフ 直訳すると「火にかけたおなべ」
家中にブーケガルニの匂いがただよって食欲をそそります






















下三人の症状は目に見えて回復しています今日のポトフでさらに元気になるでしょう
ブログランキング・にほんブログ村へ


アラフォーの次はアラカン(還暦あたり)というらしい、、、この周辺の人たちはインフルエンザにはかかりにくいのですって!

おそるべしおばはんパワー!よい週末をー!
[PR]
by kyotachan | 2009-11-21 00:41 | お い し い | Comments(8)

gratuit グラチュイ/ 無料







f0136579_0141681.jpg


今朝登校していったのは長女のみ
長男は昨晩から発熱今日日中は上がったり下がったり
熱はたいてい夜がふけるとともに上昇する

More
[PR]
by kyotachan | 2009-11-20 00:40 | 六 人 家 族 | Comments(22)

dialecte ジアレクト/ 方言






f0136579_2324253.jpg


方言を初めて意識したのは十八才で博多の予備校に通い始めた時だった

予備校の女子寮に入ったのだけどそこには大学におっこちちゃったいたいけな女の子たちが
それこそ九州全土から集まってきていて方言にしたってこんなにバラエティに富んでいるものなのねと感心した
つまりは誰一人として例外なくそこに集まったのは九州の田舎っぺたちだったから
方言の自慢をすることはあっても方言を恥ずかしがることはなかった

宮崎から来た子の「~っちゃわ~!」という語尾はその子のパーソナリティにぴったりでとてもかわいかったし
佐賀出身の一見お上品な子の「がっばいうまかとってさ」というセリフには度肝をぬかれたりした

わたしは一年後無事東京の大学にひっかかって上京したのだけど
そこではじめて方言なるものと戦うこととなった

なんたって花の東京
東京っつったって田舎っぺの集合体なのはしばらく住むうちにだんだんとわかってくるものだけれど
なんせいたいけな十九の少女には東京にいるのはすべて「東京の人」に見えてしまう
自分だって東京の人なのだと思われたいという今思えばけなげな気持ちでいっぱいだった

はじめて一人暮らしをはじめたアパートは
新築だったけれど典型的な安普請でトラックが前を通ればゆれたし隣の子のくしゃみまで聞こえた

そのアパートのそばにこじゃれたきっちゃてんがあって
ある時わたしはそこへコーヒーを飲みに出かけた
誰かが一緒だったはずなのだけどそれが誰だったのかとんと思い出せない

「コーヒーの濃さはどうしますか」

カウンターの中のマスターらしきひとからそう聞かれたわたしは迷わず

「こゆいのください」

とあくまで東京の人の完璧なアクセントとイントネーション(もちろん田舎っぺの思うところの)でもって答えた
一瞬マスターらしき人の動きが止まった
そして苦笑いでもするような顔になって

「ああ!濃いのね」

と答えたのだった

マスターらしき人はおそらくそれをなんでもないことのように
あるいはそのひとことで完璧に田舎っぺだということがばれた目の前の女の子を
できるだけ刺激しないようにそっけなく言ってくれたにちがいないのだけど

その気遣いのせいでわたしはよけいに

グサッ、、、

と傷ついた

さーてばれちまったらしょーがねーやこうなったらどんな質問にもお答えいたしやしょう
と開き直ってみるもこちらが期待したような

「田舎はどちら?」

という類のことを聞かれることもなくマスターらしき人は何も聞こえなかったような顔さえしている
それがまた田舎っぺの受けたすり傷程度の傷からどぼどぼと血を流す結果になっちゃったんである

そりゃまたあーたおおげさだねー
と今にしてみたら当時の自分につっこみたい気分にもなるけれど
その大けががもとでわたしはそのきっちゃてんにはそれ以来二度と足を向けることができなかった

若いぞキョータ、、、、、








大学の二年生くらいだったと思う
トイレの鏡をみながら友人が

「あーんもうー!ずんだれててわたしったらやーだー!」

と言ったのだ
その子は東京の池袋出身だと聞いていたから
横でそのセリフを聞いたわたしはビックリして

「ずんだれてるっ?!、、、、て東京弁っ?!」

と聞いてしまった

ずんだれている
それが実践で使われる折にはおそらく

「あんたなーんばそがんずんだれとっとねーもーちょっとしゃきっとしんしゃいしゃきっと」

くらいの感じで使われるであろうこの方言
「だらしない」とでも言い換えられるだろうか

これこそ方言の代表!くらいに思っていた単語が
実は東京でも使われていたのだというオドロキかつヨロコビの発見をして小躍りしてたずねたわけだったけれど
聞いてみればなんのことはない長崎出身の子が口にしているのを聞いて「かっこいい!」と真似して使っているそうな

ニッポンで方言がブーム
というような時期はわたしがニースへ来たあとだったと思う

今だから言える
方言っていいよなあ

























ニースにも方言があります、、、結構べったべたな感じのフランス語に聞こえます
ブログランキング・にほんブログ村へ


次女三十九度を超える熱、、、ふう、、、っ 夫も合わせてダウン中、、、

恐れ入ります
[PR]
by kyotachan | 2009-11-17 23:43 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(30)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30