<   2007年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ホトンドフタゴチャン


我が家の次女と三女は十六ヶ月違い。 学年だと二学年違うが、ほとんど、ふたご。 最近三女の口が達者になってきた。
f0136579_0461525.jpg


三女のセリフが ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-29 00:47 | 六 人 家 族 | Comments(4)


あ あぢ。 あっぢぃー。 とけてきた。 すーっかり。 でれでれ。 どろどろ。
f0136579_2134647.jpg

ニースの夏休みは七月と八月の二ヶ月間。 
『学年末 + 二ヶ月間のバカンス突入』 にあたるこの時期は、子ども、親、学校の先生、それこそ街中がバカンスモード。 成績表の配布が終れば、宿題もなくなる。 学校へはスポーツしに行っているらしい。 早めにバカンスへと出て行く家族も珍しくない。 ダーリン、持病の腰痛で眠れないと一週間病欠をとった。 あれえ? そういえばさ、来週から二週間お休みとってあるから、ずっと休みじゃん? と、すっとぼけてる。 
これ、ニース風バカンスの取り方 (← う そ !)。

バカンス前のお決まり行事 ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-28 21:45 | 日 常 空 間 | Comments(7)


母の日』 があれば 『父の日』 も。 
f0136579_17504464.jpg

わたしにとって母親を語るのやさしい。 父親を語るのはむずかしい。 

わたしの父親は ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-20 17:52 | 五 人 家 族 | Comments(14)

YUI ちゃんのうたごえ


ニッポンにいた時、毎日新聞を読んでいた。 ニースに来てからも、時々、ネットでのぞいたりする。 ニッポンにいた時も今も、のぞくのは、家庭欄くらいのものだけれどね。
f0136579_3353959.jpg

その毎日新聞のサイトで、YUI ちゃんという名まえの歌手を知ったのはもうずいぶん前のこと。 ウチの次女と同じ名まえだなあ、と思ったのだ。 
最近、自分の名まえを書けるようになったんだよなあ。 YUI って。

DVD 鑑賞会 ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-20 03:37 | た の し い | Comments(2)

ハン流 デビュー


アジアの東の端の島に四十年近く住んでいたのに、お隣の国、韓国と中国にはついに行かずじまいだった。 
くうっ ! 行っとくべきだった ! ばかばかばかばかっ ! が ぱ い っ ば か っ !
f0136579_395179.jpg

三年半前にはすでに、韓国の話題がニッポン中をにぎわせてはいたけれど、まだ『ハン流(韓流、てこう読むのだよね?)』 というコトバはなかった。

DVD 鑑賞会、ひそか~に ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-20 03:11 | た の し い | Comments(2)

九年という時間


『長女の誕生』 は、『母親の死』 と抱き合わせの関係にある。 母親が、肺がんの末期と診断された時、わたしは長女を妊娠中で、里帰りするのを心待ちにしている時だった。 あと二ヶ月もすれば、佐世保に帰る。 思いっきりおかあさんに甘えよう。 そう思っていた。 

そんなある日、父親からの電話。
「おかあさんが、『肺がんの末期』 で、余命三ヶ月と診断されたから、明日にでも帰ってきなさい。」
元外科医の父親の、あまりにも直接的なことば。
f0136579_20522578.jpg

わたしは、床にうっつぷして、泣いた。 

翌日、父親に言われたとおり ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-18 20:54 | お い の り | Comments(13)


「 kyotachan みそ汁、どうやって作るの?」
「 kyotachan みそ汁、どうやって作るの?」
「 kyotachan みそ汁、どうやって作るの?」
f0136579_359039.jpg

学校の中国人まま、インに、会うたびに言われてた、みそ汁。 おうおう、そんなに食いたいか。 みそ汁が。 食わせましょう。 食わせてさし上げましょうぞ。 kyotachan 特製のみそ汁を。 

学校のあるお昼 ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-16 04:41 | お い し い | Comments(6)

みなしごどんちゃんの絵


絵。 自慢じゃないが、超、下手。 小学生のとき、授業参観のために、教室の壁に絵を貼り出すことがあった。 母親は、「あんたの絵はすぐにわかる。 とびきり下手くそだから。」 と言った。 絵画教室に行かせるか? という提案がなされたが、まあ、ニンゲンだもの、苦手なもののひとつやふたつあったって、どうってことなかろう、と却下された。 
f0136579_1912823.jpg

絵のことは、よく知らない。 ピカソの曲がった顔が好きだったり、マティスの色がかわいいな、と思ったり、クリムトにうっとりする程度で。 

久しぶりに、はっとするほど ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-14 19:01 | た の し い | Comments(2)

がばいっ !


「そいがさ、がばい、むっつかしゅーてからさあー。」
「やあーん、がばい、かわいかてー。」
「こい、がばい、おいしかて。 食べてみんしゃーい。」
「ふうー。 もう、がばい、つかれた ・・・。」
f0136579_16495023.jpg

佐賀の方言で、「とても」 「めっちゃくっちゃ」 という意味。 「とても」 や 「めっちゃくっちゃ」 と言うより、もっとそういう感じがするんだけど、どうか。初めて聞いたのは、大学受検に失敗して、一年間通った予備校の、寮の中。 場所は博多。 そりゃあもう、九州中のいなかっぺ大集合状態。 楽しかったなあ。 gudigudi さんと出会ったのもここ。 えへへ。 がばい、すいとーとよー。

鑑賞会三枚目。 それは ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-13 16:52 | た の し い | Comments(8)

ユルセナイッ !


鑑賞会、続いている。 鑑賞者、わたしひとりだったりするけど。 ああ、ニッポン、ド~ップリィ~ッ。 映像でニッポンを感じるの、久しぶりだもんね。 
涙でちゃうよ。
f0136579_20541086.jpg


二枚目にわたしが選んだのは ・・・・・
[PR]
by kyotachan | 2007-06-12 21:01 | た の し い | Comments(2)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族