anniversaire des 3 ans de mio アニヴェルセール デ トワゾン ドゥミオ/ ミオちゃん三才のお誕生日




残念なことにわたしには
おじいちゃんおばあちゃんがいない

わたしが生まれたとき
母方のおばあちゃんが一人いたけれど

わたしたちが住んでいた佐世保からは
車で二時間以上もかかる佐賀の田舎に住んでいて

会うのは基本的にお正月とお盆くらい

おばあちゃんは子煩悩というよりクールなタイプで
かわいがられたという記憶もない

小学校五 六年生くらいになると
時々手紙を書くようになった

わたしは当時手紙魔で
三年生の時くらいからクラスメートだったエミちゃんと文通をしていたのだ

クラスメートと文通?!
学校で毎日顔を会わせる相手と文通やなんて切手代がもったいないやん!
と今になって自分につっこむのだが
わたしの親はそれを許してくれていたのだろう

おそらくは母親に
クラスメートにそんなに一生懸命手紙を書くくらいだったらおばあちゃんに書いたら?
そんなことを言われたのではないかと思う

返事には
といっても返事はいつも「おてがみありがとう」くらいの
とても簡単な返事だったのだが

かならず千円とか二千円とかお金が添えてあった
それはおばあちゃんなりの
孫へに対する精一杯の愛情表現だったのかもしれない

お金が添えてあることにはわたしより母親の方が狼狽した様子で
「ばあちゃんはもうっ・・・金のあるわけじゃなかとやろに」
と誰に言うともなく言っていた

そのおばあちゃんもわたしが中二のときに死んでしまった

ただいま臨終というとき
わたしはおばあちゃんの枕元に呼ばれた

母親がおばあちゃんの頭をなでながら泣いていて
テレビドラマを見て泣く母親しか見たことがなかったから
なんだかとてもヘンな気がした

そっかおばあちゃんってお母さんのお母さんなんだものな
今お母さんのお母さんが死んでしまうんだものなと思った

ここは悲しむべき場面なんだからと
一生懸命悲しがろうとしてみたけれど
それこそ悲しいくらいに悲しくはなれなくてなんだか申し訳なかった

母親はその時五十二才おばあちゃんはいくつだったんだろう?

f0136579_20273016.jpg


中学の同級生だったか高校の同級生だったか
自称おばあちゃんっ子がいて

自分がどんなにおばあちゃんを好きかということを
熱く語ってくれたことがあった

それは両親やきょうだいに対する感情とはまた別の
おばあちゃんだけに感じる熱い思いらしい

あーわたしはそれを一生知らずに終わるんだなー
とそのとき思った

わたしの両親もダーリンの両親ももう亡くなってしまったから
わたしたちの子どもたちもまた
おじいちゃんおばあちゃんとの関係をまったく知らぬまま
その人生を過ごすことになる

世の中にはどうしようもないことはあるものだ

キョーター長いよ前置き
ゴメンゴメンゴメンゴメン
ひとりで浸ってしまったー汗





f0136579_187497.jpg


ミオちゃんのおじいちゃんが
コメントをくださった


Commented by ミオちゃんのじーじー at 2008-09-02 13:33 x
はじめまして
can canに教えてもらって来ました
ぼくもちいさい子供は大好きすきです。
孫や友達のの綺麗なしゃしんたくさん見せていただいてありがとう。
大変嬉しかったです
またよろしく。



ミオちゃんのママ←cancan さん によると
なんでもミオちゃんのおじいちゃん
パソコン教室でコメントの書きかたを教わって
コメントしてくださったらしい

ミオちゃんの元気な姿を見てとーっても嬉しかったんだろうなあ
と思うともっともっと見てもらいたくなった

わたしのおとうさんじゃないけど
でもわたしのおとうさんにもっと写真のせてねー
て言われたような気がした

よろしく
て言われたから
よろしくしたくなった

大阪在住ミオちゃんのじーじーさまに送るスペシャル版
ミオちゃんが三年前に迎えた三才のお誕生日会風景

f0136579_20275898.jpg


場所はニースの中心ともいえる
シャトー(城跡)の公園

ミオちゃんのご両親がいつもスタイリッシュなのは今も変わらず

ゴザの上に見えるのは我が家の三女当時一才
と後ろ向きの長男当時五才・・・ぷ ちっちぇえ

ミオちゃーん・・・
と呼んでみたら

あ!木登りをしています笑

当時七才のわが家の長女と一緒です
わが家の次女当時二才半も見えます
わちゃーころっころだなこりゃ笑

ミオちゃんの運動神経のよさにはいつも驚かされます
ダンスのお教室に通い始めたと聞きました
きっと上手に踊るんだろうなあ

f0136579_20282710.jpg


集まってきたのはミオちゃんのご両親同様
個性豊かな人たちばかり

f0136579_20284599.jpg


ミオちゃん当時一才のわが家の三女に
帽子をかぶらせてくれようとしたんですが
どうしてもそれが気に入らなかったようで汗

f0136579_2029616.jpg


ミオちゃんのお誕生日会はもともと
ミオちゃんのママが日本食を
ミオちゃんのパパがフレンチをそれぞれ準備されて
それをよだれをたらしながらみんなでいただく
というのが定番パターンだったのです

お二人ともお料理が上手で本当にうらやましい
特にミオちゃんのパパの爪の垢
ウチの夫に大量に飲んでいただきたいです爆

f0136579_20292473.jpg


こうしてのんびり~と
大人も子どももゆるい時間を過ごすのでした

f0136579_20294180.jpg


ミオちゃんのじーじーさま
ミオちゃんの写真少ししかなくてごめんなさいね

続いて四才の誕生日会いきますよー
[PR]
Commented by cancan at 2008-09-08 03:11 x
kyotachan

ありがとおー!!!!!!
今日もね、朝電話かかってきて、間違ってブログ消してしまった
らしく、”ちゃんと、もう一回、送ってや!!”と。
”写真も上手やなー。プロかいな。また、女の子が、かわいらしいて、たまらんなあー!!!”と絶賛でした。
私がまめに、写真を送らないもんで,お世話になりました。ペコ。それにしても、子供達、こんなに小さかったんダア。
しみじみ。涙ぐんでしまったよ。さっきもね、明日の学校心配してる様で、ママとお昼ご飯食べたい!って。はあ、、、
おじいちゃん火曜日にパソコン教室なんで、またコメントあるかもよ。本当に、どうも有難う。
Commented by tabikiti at 2008-09-08 08:02
キョータさんは、縁を円として行ける人だね。
めぐり会った縁は本当に大切にしたいね。
私子供が居ないのですが、今年の5月父親の居ない姪っ子の結婚式で父親役をさせてもらったのです、でその子が今月末に赤ちゃんを産む予定で、今度はお爺さん役を・・・いやー人生なかなかよいものです。
子供いないのに、初孫かー
Commented by coco at 2008-09-08 10:46 x
私も母方の祖父母だけ健在だったんだけれど遠くのしかも田舎に
住んでいたのでほとんど会いに行く事もなく、あちらもあちらで内孫
がいたのでちょっと疎遠でしたわ。。。同じく祖父母とも年を空けて
順番に亡くなって母がお葬式の出発前夜から眠れず夜中にリビングで
泣いてたのを見た時はショックだった。。私は全然悲しくなかったのに
やっぱ彼女には親なんだ・・と。
Commented by w-rainbow-rieko at 2008-09-08 11:15
うひん。。
またばーばに会いに行きたくなりました。
今月から保母をしている母の仕事が週三とかになり
(今までは月~金毎日だったんですけど、もう61ということもあり少し減らしたみたいですー)
だから今までは土日休みの母と平日休みのわたしで全然休みが合わなかったんですけど
これからは合わせられるのでまた一緒にお見舞い行こうと思ってます☆
Commented by clearmine at 2008-09-08 14:38
私は、おじいちゃんは知らず、おばあちゃんは二人でしたね。

どこに生まれて、どんな環境で育つのかはホントに運命に
近いものがありますよね。

でも、いつでもどこでも、人とのご縁を大切に出来る人になってほしい
って、kyotaちゃんのブログを見て、思いました。
Commented by kyotachan at 2008-09-08 17:07
@ cancan さま

遅くなってごめんねー!明日仕事復帰っしょ?!とりあえず三才のお誕生日分間に合ってよかったー!四才のも続けていくからねー!←と言いつつ写真がマジであんましない汗
今朝はミオちゃんどうだったかなー?ユイもなーんだか靴の履き心地が悪いってごねだして・・・・涙ぐんでたー!なんかあたらしい環境ってすんごいストレスなんだろうねー・・・
Commented by kyotachan at 2008-09-08 17:11
@ tabikiti さま

あ!そうだったんですねー!姪っ子さんの話題の時姪っ子さんのお父さんはどうしてはるんやろかーとよけいな心配をしておりました
今月末に赤ちゃんですかーいいですねーあたらしい命がもうひとつ生まれてくるんですねーどきどきしますねー
姪っ子さんももちろんかわいいでしょうけど孫となるとまた!違うかわいさなんだろうなーたびきちさんでれでれしてとけてしまわないようにご注意くださいね笑
Commented by kyotachan at 2008-09-08 17:13
@ coco さま

そっかーココちゃんてご両親もすてきな方たちだしおじいちゃんおばあちゃんにもものすごーくかわいがられて育ったようなイメージがあったわー
親が死ぬときはそれがいくつの時でも悲しいんだろうなー
Commented by kyotachan at 2008-09-08 17:18
@ rieko さま

お母さん保母さんなんですねー!ひかるちゃんとピアノを弾いている写真があったからええなー孫にピアノ弾いて上げられる人はーと思ったんでした・・・ひかるちゃんラッキー!
お母さんと一緒におばあちゃんに会いに行くのって rieko さんの人生の中ではほんの一時のことですよねーいっぱいいっぱいおばあちゃんに会いに行ってあげてくださいねーおばあちゃんがそこにいらっしゃるんだもの
Commented by kyotachan at 2008-09-08 17:21
@ clearmine さま

なんかわたしめちゃくちゃ嬉しかったんですよミオちゃんのおじいさんがコメントくださったことが・・・いくつか知らないんですけどでもおじいさんですもんねーやっぱりPC使えるなんてすごいなーって・・・そしたらお教室でやり方教わってコメントしてくださったって聞いてもうますます嬉しくなっちゃって・・・
Commented by cancan at 2008-09-09 03:13 x
ミオのじーじは80歳!になるんですよ。
突然、ブラジルに移住するとか!!(結局日本にいたけど。ほっ)50歳過ぎて、バイクの免許とって、イージーライダーしてたり、ピアノ習いだしたり、カメラに凝ってた時には、押し入れを改造して暗室で写真現像したり。
今はスカイプとウエブカムでお話ししても、耳が遠くなって、私は叫びながら会話してるんですけどね。
子供のとき、お店の新築開店のときにね、”開店祝いにピンクレディーか西城秀樹呼ぼうと思ってるけど、どっちがいい??”と。私は子供心に,秀樹が来たらどないしようー!と
緊張したものでした。それぐらい、父がすることは、実行されたから。結局、私が店の前で、風船ふくらまして、子供にあげてただけなんだけどね。秀樹が来なくて内心ほっとしたよ。(笑)
私もね,祖父母の思い出がないの。今は、ミオの祖父母である、父、母の思い出が遠くに来てしまった私には強くなってる。
反対押し切ってフランスにやってきたから、”親に恥じかかせることだけは、したらアカン。”って、たいした生活してないけど、それだけは思ってたな。
なんかね、kyotachan涙でてきちゃった。
本当に、どうもありがとう!!!!!

Commented by ミオちゃんのじーじー at 2008-09-09 13:55 x
kyotachanさま
画面トップの丸のなかのかわいいお顔ばつぐん。
本の表紙にしたいぐらい。 レイアウトサイコー、見ていて私もこどもの中で一緒にあそんでいるみたい。
うれしーな!!
cann canいつも気になっていましたが、
こんなおねいさんが傍にいてるなんてうれしいのん、サイコーです
じーじーの今の趣味は、古時計の修理とパソコンと言いたいところですが、週1であかん、あかん、そこそこと美人教師にどなられながらあきんと続いています。なんでやろ?
ポンコツ、廃車寸前のじいがkyootachanの九州でのこと読ましてもらって胸ぐっときました。
またね。
Commented by gudigudi at 2008-09-10 09:22
佐賀のいなかってどこよ?佐賀はどこも田舎よ。
Commented by てびち。 at 2008-09-10 13:36 x
また失礼させていただきます(笑)
kyotachanの日記にはいつも感動させられてばかりです←ホントに。
ワタシもおじいちゃんおばあちゃんの思い出はないのですが、ドラえもんの「おばあちゃんの思い出」や、じいちゃんと孫とのストーリーとかにすぐ泣けてきます(笑)
ブログってすばらしいツールですよね。こうやってカンタンに時間をきにせずやりとりができるなんてステキだと思います。
これからも皆さんのオアシスブログになってください♪
Commented by kyotachan at 2008-09-10 19:48
@ cancan さま

八十才!ブラジル移住!五十才でイージーライダー!ピアノにカメラに暗室?西条秀樹にピンクレディ?!?!いんやあああああすってきなお父さん持ってるんだねーcancan さん!めっちゃいいわああああうらやましいーーーい!ニースにはいらしたことあったっけ?次回みえるようなことがあったらぜひぜひ会わせてねー!でも cancan さんのお父さんの話が聞けて cancan さんがニースになじんでる理由がわかったような・・・あははははー!なんか日本よりゼッタイこっちの方が暮らしやすいよねー!お礼を言うのはこちらの方・・・ほんわかおじいちゃんとお近づきになれてとーってもウレシイです!今後ともどうぞよろしくねー♪
Commented by kyotachan at 2008-09-10 20:12
@ ミオちゃんのじーじーさま

やあやあまたまたいらしてくださってどうもありがとうございますもっともっとミオちゃんの写真を撮ってたらよかったんですけど・・・ちょこっとだけでスミマセン雰囲気だけでも感じていただけたでしょうか?↑ cancan さんのコメントで初めて知りましたがなんだかめっちゃくちゃかっくいいお父さんなんですねー!ビックリしましたー!八十才でパソコン教室に通って美人教師さんにどつかれながらお勉強なさってる姿わたしも見習わなきゃー!
あ!ひとつ重要なことを訂正させていただきますけど cancan さんのがわたしよりオネエサンですからー!そこんとこよろしくおねがいしますねー!笑
Commented by kyotachan at 2008-09-10 20:22
@ gudigudi さま

ヒロエ・・・てわかる?町名なのか村名なのか地域名なのかそれさえもわからん・・・ヒロエに行くと言えばばあちゃんとこに行くって意味やったのよ正月は元旦が諫早の父の兄宅二日か三日はヒロエの母の母宅・・・てのがパターンやったとけどねー死なしてからはいっぺんも行っとらんお墓参りも大学生くらいの時に一回行ったっきり・・・母親がたぶん父親に遠慮してあんまし行かれんやったとかなー
ほれ家屋もさめっさ貧しい造りで便所がさ廊下の先それもその廊下も野ざらしのような廊下で便所はもちろんぼっちゃんやし手を洗う水はほれ知っとる?プラスティック製でつりさげてあって下のポチを押して水を出すっていうあれよ・・・あははなんか一瞬もどってしもうたばーちゃんのウチに
Commented by kyotachan at 2008-09-10 20:32
@ てびち。さま

おひさしぶりですー元気?あいかわらず塩辛チャーハンとかめっさうまそうなもの召し上がってるようで笑
あーそうだねーそうだねー実体験ない分テレビドラマとかのおじいちゃんおばあちゃんに過敏に感動してしまうかもしれない・・・わたしもよく泣くわーおじいちゃんが孫の手を引いてるシーンだけで泣けるもん爆
オアシス?いんやあーてびち。さんったらー!そんなこともっと言ってー!
Commented by みおちゃんの じーじー at 2008-09-26 20:09 x
kyotachan sama

今日は久しぶりまた来ました
ニースのかんすけがじーは八十。八十とさかんに宣伝してるけど
まだでっせ、ほんとは後半年したら、たのんまっせ、
せっかくニースのプログお猿にまいってしもてんのに。

美人教師がニースのプログ見てじーにも教えるといっとるが脳の
半分かけている人間にしんどいんとちゃうかいな

今日ニースのお猿の4匹の子猿ちゃんにおもちゃくを送った
のでcan,canいってる花やさんでも取りにいってね。
10月になったら着くとおもうよ

                         チャオ  チャオ、
Commented by kyotachan at 2008-09-26 20:25
@ みおちゃんのじーじーさま

いらっしゃいましー!お待ちしてましたよー!笑
あ!いやー失礼いたしましたー!cancan さんにお年は八十ってお聞きしたものだからてーっきり・・・まだ七十九才!ですね?いやー七十九!七も九もわたしのだーい好きな数字ですー!
なぬ???美人の先生がブログの立ち上げを教えてくださる???それはラッキー!ぜーったいはじめてください!楽しいですよー!じーじさんにもぜひ!会ってみたいですしー!楽しみにしていますねー!
えええええええ====!!!!うっそ====!!!そんああああ!!!おもちゃを???ウチの小猿たちにいいい????もーじーじーさんキョータ泣かせてからに・・・この色男!あ違うか・・・お気遣いいただいてどうも本当にすみません!ありがとうございます!楽しみに待っていますねーちゃおちゃお
by kyotachan | 2008-09-06 20:25 | 日 常 空 間 | Comments(20)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31