遠足付き添い


幼稚園の遠足の付き添い、なるものを初体験。 遠足が予定されると同時に 『付き添いのできる方は申し出てください』 のお達しがでる。 
ふっふっふっ ・・・ やってみたかったのだよねー、これ。 今までは三女がいたのでできなかったけど。
f0136579_545551.jpg

ラッキー ! 今回の遠足は、貸切バス !



f0136579_5462598.jpg

行き先は St. Paul Vance (サン ポール ヴァンス)。 バスに揺られて約一時間ほどで到着。
f0136579_5464729.jpg

今日のメインは Fondqtion marguerite et aimé maeght (フォンダッション マルゲリット エ エメ マエ = マエ マルガリット エメ 協会)。 なんだかものすごーくわかりにくい名まえだが、マルガリット ・ マエ、エメ ・ マエ、というご夫妻が、美術館を建てたらしい。 ヨーロッパでも唯一のプライベートな美術館、とある。 わたし達のほかにもたくさんの来館者が来ていた。 わたしはこういうことにまーっくらな人なので、あ、これって、ラッキーてこと? ← こういうアホさ加減を改善したい
f0136579_547427.jpg

ほお~~~っ。 これはなんとも美しい場所じゃのお~~~。
f0136579_5472026.jpg

f0136579_5473778.jpg

f0136579_548161.jpg

なんだなんだあっ! 子どもたち、絵を描かせられてる。 正確にはぬり絵。 ヴィヴィットな色使いを再現するのが目的か。
f0136579_5481797.jpg

四 五歳児に真剣に説明をしていく、先生。 「ここに、首がある! あなた達の描く絵には、それが欠けていますよね!」 
・・・。 
先生、これはあくまでも、『像』 であって、 『絵』 ではないと思うんだけど。 ← と心の中でつっこむ
f0136579_5483359.jpg

中には二十世紀の画家、Bonnard, Braque, Calder, Giacometti, Léger, Miro ・・・ などの絵が。 ← パンフレットから名まえを拾った 絵に詳しい人用に ・・・ どなたかご存知の方、手ーあげてー
f0136579_5485087.jpg

感動したのは Chagall の 『 une vie (ユヌ ヴィ = ある人生)』 という絵があったこと。 わたしが知っていたのはその絵のほんの一部分だけだったことを初めて知った。 ものすごーく大きい絵だった。 これを見にもう一度出かけたい。
f0136579_549823.jpg

聞いちゃあいない子どもの前で、しつこいほどにていねいな、的を得ているのかいないのか、よくわからない先生の説明をえんえんと聞かされた後、お弁当にありついたのは、ほとんど一時半だったよ。 一緒に行ったまま、ソフィーとわたし、「 腹 へ っ た ー 」。
f0136579_5492640.jpg

今日はお給食の会社からの支給弁当。 トマトごろん。 なしごろん。 りんごごろん。 小さめのパン一個ごろん。 クリームチーズ、フォアグラパテ、ポテトチップス。 ふ ・・・ 弁当の文化がない国め。 こんなん弁当じゃないわいっ。
f0136579_549467.jpg

なんだなんだあっ! ひとりひとりにこうやって、サンドイッチを作るのかあっ! たいへんすぎるよ、先生! なれた先生、もくもくと作る。 付き添いもそれに習う。 
f0136579_550553.jpg

ふう。 この時間をいちばん待ちわびていたのは、まちがいなくこの、ニッポンザルです。 
f0136579_5502368.jpg

この日は、petite section (プチット セクション=年少組)、moyenne section (モワイヤン セクション=年中組)、grande section (グランド セクション=年長組)が、一クラスずつ、合計三クラス一緒に来た。 バスも二台。 いたるところで、先生方、付き添いの人たちが、サンドイッチ作りに励んでいるわけだ。
f0136579_5504268.jpg

子どもたち、解放~! ほえ~ ・・・ サンドイッチ、菓子パン二個、りんご一個をカッ食らったニッポンザル、にわかに眠くなってきたよ ・・・
f0136579_551157.jpg

リス ← 撮れなかった、ウサギ、がうようよしているくらいに、田舎。
f0136579_5512033.jpg

四 五才児に一日つきあう、てかなりの重労働。 へとへとだったよ。 お迎えより時間より三十分ほど早めに着いたので、学校そばのカフェでお茶。カプチーノにおさとうふた袋入れて一気飲み。 ← いや まじで疲労こんぱい 
f0136579_5513887.jpg

カフェのイスから撮ったトラムウェイ。 十一月二十日始業に向けて、試運転が頻繁に見られるようになった。
f0136579_552050.jpg

また、付き添いやるか ? ・・・ その時の体調によって検討します ・・・。
[PR]
Commented by peixe at 2007-10-02 13:47
重労働ご苦労様
でもさすが、おフランス
こどもへの支給弁当にフォアグラのパテが入ってる~
私はパテにパンにワインの組み合わせも好きよ
Commented by petitcoco611 at 2007-10-02 14:43
おつかれぇぇぇ~ 疲労感伝わる伝わるぅぅぅ。
しっかし味気ないお弁当だわねぇ。
そしてこの未来っぽいトラムがかなり違和感感じる。
まちに溶け込むの?
Commented by kyotachan at 2007-10-02 19:34
peixe さま
なにが 疲れたかって 美術館でがきんちょたちが 美術品に触らないようにすること ひとつ 車道を歩く時 子どもが飛び出さないようにすることが ふたつ トイレに行かせるのに ズボン下げて させて また はかせて ていうのが みっつ あ~ もう 思い出しただけで また疲れがどっと ・・・
そそそ! パテのパッケージ 写真とりたかったんだけど チーズのも もう てんやわんや で それどころじゃあ なかったわー わたしも もちろん 好きよー チーズだけの食事の時は パテ あると ぐっと ちがうもんねー あー 飲みたくなってきちゃった
Commented by kyotachan at 2007-10-02 19:41
petitcoco611 さま
弁当 の 概念 ないのよねー こっちってさー わびしい感じ すっごいするでしょ
トラム ? そうねえ どうなんでしょ もう ニース市民としては 工事に疲れきっていて 未来っぽかろうが 過去っぽかろうが どうでもいいから 早く 静かなニースを かえしてくれー て感じ 
溶け込むか ・・・ ? ふ ・・・ どうなんでしょ ← もうまじでどうでもいいのよ 
Commented by gattsaf at 2007-10-02 20:41
kyotachan さま、昨日(?)は大変シツレイいたしました。そうでした!そうでした!なぜ、このブログに見覚えがあったのかの理由が思い出せないまま、の抜け作ざました。すみません。FGMで署名と大変シンプルなコメを頂いていたんですね。脱兎のごとく確認して参りました。シツレイをお許しください。

fatou@吉=ちる なんですがね。私以外は、fatou@吉と打つのも面倒かなぁと、散ってしまえの ちる とコメント名名乗ってたざますのよ。めんどくさくないでしょ。えへへ。いや、紛らわしいか?

で、本題。
いや〜、その支給給食(?)は寂しいですなぁ。ほっかほっか亭もコンビニ弁当もお母さんのちょちょっとおにぎりもないなんたぁ、そりゃきつか〜。

でも、そのランチなら、ピクニック行くのもお手軽でいいね〜。子だくさんにはきついけど。

ってね。ここまで書いて、先ほど落ちたの。なんでかって!kyotachanさんのコメ時間見てわかった。同時間にアップしようとしたみたい・・・。excite、しょぼいぞー。
Commented by gattsaf at 2007-10-02 20:42
続けてすんません。
リンクもらいましたね。これで忘れませんわ。ちょくちょく来ますわ。
よろしく!
Commented by kyotachan at 2007-10-02 22:04
gattsaf さま
てことは おなじ内容 二回 書いてくれた てこと ? いやー すんません
えーとそうなんです めっちゃ 面倒です ので 今後はちるさん で いきますね 散ってしまえの ちる ですね ← ええ ええ 性格 たいへんにしつこいです
そそ! やっぱり 「お弁当の文化」 で育ったわたしには これはモーレツにさみしいことなんです でも 「弁当を各自持参せよ」 のとき 子どもたちが ナニを持ってくるか? やっぱり バゲットにハムをはさんだサンドイッチをアルミホイルに包んだもの りんご一個 あるいはバナナ一本 てのが 圧倒的に多いですね わたしはどうしても タッパーに入れてしまう 中身は食パンのハムサンド たまご焼きのお花切り うさぎりんご てのが 多いんですが こんな 日本人から見たら 相当しょぼい弁当でも 「すごいわね~」 と言われます あははは 
活動家の散るさん ← あ ちるさん の ことだものー わすれてもオッケーですよー 今後ともどうぞよろしく
Commented by kyotachan at 2007-10-02 22:06
↑ たまご焼き ではなくて ゆで卵 です 訂正訂正
Commented by amazing-charko at 2007-10-02 22:20
こういう弁当、作る側は簡単でいいよねー。
わし弁当作るのがすーんごい面倒だったもん。
でもついでに自分の分も作ったりできちゃうからお昼ご飯作らなくてよかったという面も。アメリカ人と結婚した友達が毎日具だくさんのサンドイッチに肉を焼いて弁当箱に入れて作ってるんだけど「君はすごい!素晴らしいよ!愛してる!」と感激されてるんだってー。
いいねー。作って当たり前って思われないのって。
お子の遠足に付きあうのって疲れそう。
わしの幼稚園はなかったからさ、楽だったよ。
年少もバスで1時間ゆられて行くなんてきっと帰り道は爆睡だね〜。
Commented by bebecat at 2007-10-03 09:35
うれしそうな結ちゃんの顔。
思い出します遠足。
私は、、、、、、大嫌いでした。
なんでだろう?
雨が降れって前の晩に願うんだけどね、、、、、
晴れ女なもんで、、。
結ちゃんはお母さんと楽しんだみたいだね。
お母さんも楽しんだみたいだね。
お弁当は、、、すごいねえ。
↑ちゃーこさんの話みたいに、我が家も私のお弁当はとても美化して語っていただけます。日本人のお弁当って、豪勢なんよね。
Commented by kyotachan at 2007-10-03 21:33
amazing-charko さま
あははははあっ そっか アメリカにも ないのね 「おべんとう文化」 うん 確かに 日本だと 「作って当たり前」 て感じあるなー 日本にいたとき ご主人に おべんとう持たせているままたち 結構いたもの そういえば わたしも 作っていた時期があったな ・・・
遠足はねー わたしは賛成派だから どんどこ 出てってもらいたんだけど 付き添いは ほーんと どどどどどどどどーーーーっ と 疲れた なんつーか あの 音? ひっきりなしの 「子どもの 集団の 音」 ? あれにも まいった
帰り? もち 親子で爆睡 それで よけい 疲れたの
Commented by kyotachan at 2007-10-03 21:39
bebecat さま
ユイ ほんとーに うれしそうだったよー ほれ わたしはユイの付き添い で来たわけじゃあなくて 「こどもたち全員」 の 付き添いで来てるわけじゃない ? だけど ユイは どうしても ママを独り占めしたくてさ わたしがほかの子の手を引いたりすると 飛んできて 奪い返してた あはは 
え 遠足 きらい ・・・? そりゃあまた どうして ・・・ わたしはウキウキ派だったなあ フツーに 
bebecat さんも おべんとう スイス男の職場に運んだりしちゃうのよねー うん 昨日 学校帰りの公園で 「ニッポンジンママ は すばらしい !」 て あるパパが言ってたんだけど (いや たまたま その場に ふたりの ニッポンジンママが居合わせただけだからかもしれないけど) やっぱり ニッポンジンママ て すばらしい !
by kyotachan | 2007-10-01 16:02 | 日 常 空 間 | Comments(12)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30