Oui, mon chéri. (ウィ モン シェリ)


大型スーパーのエスカレーターに乗っていたときだった。 うしろから聞こえてきた会話。

『 Papa ? (パパ = おとうさん)』
『 Oui, mon coeur. (ウィ モン クール = ん? なあに?)』
f0136579_18304391.jpg




へー こんな風に言うんだなあと思って聞いた。 この、『 mon coeur (モン クール)』 て、日本語に訳せば、『わたしのこころ』。 わたしのこころちゃん、と自分の娘に言っているのだね、このおとうさんは。
f0136579_1831149.jpg

この手の、つまりは、『あまりにもかゆくなるのでとても日本語には訳せません』 系のフランス語の、なんと豊かなことか。 おそらく、フランス語を話す人たちにしてみれば、『単なる呼びかけ』 で、たいした意味はない、と思うのだけどね。 だから、上の会話にも、『ん? なあに?』 という日本語をつけたのだけどね。 やっぱり、わたしは、フランス語を母国語としない、ガイコクジン、だからね、どうしても、『訳してしまう』 わけだ。 
f0136579_1831371.jpg

『 mon chéri (モン シェリ) ma chérie (マ シェリ)』 辞書的に言うと 『わたしのいとしい人』 となる。 もっとも一般的な呼びかけのことば。 わたしたち夫婦もこう呼び合う。 ダーリンは子どもたちのこともこう呼んだりするから、『誰のこと呼んでるの?』 てことが起こったりする。

『 mon trésor (モン トレゾー) ma trésor (マ トレゾー)』 わたしの宝石ちゃん。
『 mon poupée (モン プペ) ma poupée (マ プペ)』 わたしのお人形ちゃん。
f0136579_1831542.jpg

なんたって、『自分独特の表現を好む人の多い国』。 これ以外にも、ぞぞぞぞぞ~ かゆいなあ、その言い方。 をしている人はたくさんいると思われる。 また、それこそこの世に生まれてからというもの、毎日まいにち、そういう呼び方をされ続けているわけだ。 自然にそれは、受け継がれていくのだよねえ、きっと。
f0136579_18321316.jpg

ちなみに、夫に言わせると、これらの表現は 『 C'est trop. (セ トロ = やりすぎ)』。 
どうりで一回もわたしのことを、『 ma trésor (マ トレゾー = わたしの宝石ちゃん』 とは呼んでくれたことがないわけだ。 え? それは単にわたしが 『宝石』 ほどの価値がないから? ぷ。 
[PR]
Commented by amazing-charko at 2007-06-05 22:38
そっかーそっかー。わしは父さんに、バンビちゃん、小鳥ちゃんと呼ばれるときもあった。やっぱ大陸の人だから?920に名前からチャー子に呼び名が変わったときは恥ずかしかった。で、ねえ、おばはん!て呼び名が変わったときは笑った。超自然に受け止めちゃってね〜しかし産まれたときからそんな風に呼ばれてたら、なにもはずかぢいことないね。今日お話したママ友は去年までパリに住んでてパリジャンとおつき合いしたときに、んもう〜そりゃ〜身も心もお姫さま扱いしてくれて、あんなに自分が女なんだ!て思った喜びってなかったわ!て言ってたけど、やっぱそうなの?
Commented by cancan at 2007-06-05 23:33 x
cancan主人は、ぜーんぜん、べたべたcalinなフランス人じゃないけど、チビラのことはmon coeurって自然に呼ぶよね。私はチビラにチューチューべたべたしちゃう日本人だけど、ma cherieとは、なかなか呼べないし。
うちはお互い名前の短縮系で呼び合うの。チビラは結構オリジナルな呼び名を小さな時から作ってるわ。私がお気に入りだったのは、”マムー”。なんだか
ママンとアムールが混ざってるみたいでかわいいでしょう。まだ赤ちゃんしてた
時に、たどたどしく、こう呼ばれると、もうでれでれになってました。
最近、パパにはパプネとか言ってるなあ。
うちの父は母を”おいて”と呼んでたわ。ma cherie には、ほど遠いけど、
彼らにしか伝わらない呼びかけ。これも愛情かな。
Commented by kyotachan at 2007-06-06 16:16
amazing-charko ちゃん
本文中には恥ずかしくて書けなかったけど 夫はよく 『mon amour à moi』 とわたしを呼ぶのよ どう日本語に訳すよ? と迷ってしまうよ 『ねえ ねえ でれでれ』て感じが一番ぴったしするんだけど ねえ
わたしもさあ 母親に りんりんちゃん とかって 呼ばれていたのだよねー バンビちゃん? 小鳥ちゃん? いやあ あまりにもかわいくて そう呼ばずにはいられなかったのだろうねお父さん 
『自分が女なんだ!て思った喜び』? いやーそれはよう わからんなあ 
Commented by kyotachan at 2007-06-06 16:20
cancan さま
『おいて』 おいでーと言いたいところを かわいく言ってみたとか? くく かあいーなーおとうさん
『mon coeur 』はオンナコトバだよ て夫は言うんだけど そうでもないよね 幼稚園でもそう言ってるお父さんいたし
パプネは長女が使うねー ぱーぱちゃん て 感じなのかな? 
Commented by amazing-charko at 2007-06-06 20:23
あ! mon amour a moi これわかるー。けっこう、究極に俺のもん宣言じゃん〜
Commented by kyotachan at 2007-06-06 23:13
amazing-charko ちゃん
お ! やっるねえ ちゃーこちゃん だれかに言われたかな?
そ 究極に彼のものなの このニッポンザル! 
Commented by amazing-charko at 2007-06-07 22:58
言われるはずないでしょ!わし、男子に気持ち悪がれてたんだから〜。ブスならいいけど、腐った昆布、チンパンジーの干物、、、こんな風に呼ばれてるときもあったわよ〜でもね、ぜーんぜん気にならなかったの。その時も今もよくこんな呼び名考えられるな〜て感心してやまないよ。
Commented by kyotachan at 2007-06-08 18:52
amazing-charko さま
ああああああー! あっやしいーーーーー! すっげー むきになって 自分のマイナスポイント 誇張してるなあ
く 腐った昆布 ? チンパンジーの干物 ? (爆!爆!爆!) おまえ どんなやっちゃねん ?! 
Commented by peixe at 2007-06-09 18:37
シュシュとも言うよね
私のかわいいキャベツちゃんみたいな
面白いよね~
昔々に知り合ったフランス人が教えてくれたの
Commented by kyotachan at 2007-06-11 19:37
peixe さま
おお! すごい! ですねー 教えてくれた ではなく そう 呼ばれたのでは ? うーむ あやしいなあ
シュシュシュシュ て もうなんていうか めっちゃ かあいーて 音 しますよね
chouchouter (シュシュテ) ていう 動詞もあります
Commented by mkanamaru at 2008-05-18 15:51
過去記事書き込み歓迎とあったので、こっちにもしちゃいます。
呼び名と言えば日本では普通になっていますが、「アユは~・・・」、みたいに自分を自分の名前で呼ぶのは相当ヘンみたいですよね。
タイ人はやるけど。
ちなみにスリランカの言葉で「私」は「ママ」です。娘が自分のこと「ママ」って呼んだらかなり混乱しそう~。


Commented by kyotachan at 2008-05-19 17:55
@ mkanamaru さま

ようこそいらっしゃいました コメントありがとうございます
そうそう長女も小さいとき自分のことを「うみちゃんはね・・・」と言っていました フランスでもありえないですねこれは
ママがわたし?ひゃ~っ・・・これって大混乱引き起こしますねー わはは
バトン迷いましたがまわしてみました ご無理のないように
by kyotachan | 2007-06-05 18:32 | 日 常 空 間 | Comments(12)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30