Victoire 1945


今日は祝日。 カレンダーには、『 Victoire 1945 』 と印刷されている。 『終戦記念日』。 もっと正確にいうなら、『1945年の勝利記念日』。 
歴史に疎いわたしは、フランスは、日本より少し早く戦争を終ったんだな、ということに気づく。 そしてそれは、勝利だったのだろう。
f0136579_248282.jpg


わたしの母親は、昭和四年 (1929) 生まれ。 母親が、話してくれた、戦争体験。

戦争が終って、初めてアメリカ人を間近に見たとき、ぎょっとなった。 驚いた。 ニンゲンだったからだ。 『鬼畜米英』 と教えられていたから、アメリカ人とは、ニンゲンではなく、『鬼』 だと思っていた。

戦争被害者は、なにも死者に限ったことではない。 ここにもいるのだ。 間違った思想を植えつけられた、一人のニッポンジンの女の子。 かかしのような人形に、槍を持って突っ込んでいく、そういう訓練も、受けたらしい。 このかかしにも、あなたと同じように、父親がいて、母親がいて、きょうだがいて、カラだの中には、あなたと同じように赤い血が流れているんだ、と教育されるより、

『このかかしは、鬼なんだ。 それがアメリカ人だ。』

と教えられた方が、槍でつつきやすかっただろう。 『鬼』 だと思えば、槍でつく理由も、自分に納得させやすかっただろう。

f0136579_2552685.jpg

戦争。 わたしたち日本人は、あまりにも多くの事実を知らされていない、と思う。 bebecat さんのブログを読んで、そうか、オーストラリアでも蛮行をはたらいたのか、日本人は。 ということを初めて知った。 中国、韓国、フィリピン、 ・・・ 日本人が、どの国で、何をしてきたのか、ということを、わたしたちはあまりにも、教育されていなさすぎる。 もっと、『わたしたちの祖先が、他国にしたわるいこと』 に目を向むけても、いいのではないか。

f0136579_331460.jpg

わたしは、四十才になって、『自分のしてきたこと』 を振り返り、『なんて残酷なことを人にしてきたんだろう』 と思うことがある。 でも、わたしはそのようにしか生きられなかったし、それが、最善の生き方だと、信じていた。 それ以外の生きかたは、わたしにはできなかった。

ニッポン、という国も、もしかしたら、そうなのでは、と思う。 『ニッポン』 という、あまりにも小さな島に住む、『ニッポンジン』 という民族は、少しでも、自分たちの領土を広げなければ、自分たちの未来が、おびやかされるに違いない、と思い込んだのではないだろうか。 それには、少しでも多くの、『ニッポン以外』 の領土を、自分たちの領土にする必要があった。 そこを、自分たちの領土にするためには、そこに住んでいる人たちを、殺してしまうしかなかった。 それが、『ニッポンジン』 が幸せに暮らしていくための条件である、と思い込んだ。 未熟だった、ということばで、片付けてはならない。 でも。 国、が成熟するために、未熟な経験が必要だったのかしれない。 わたしと同じように。

悲しい。 悲しくてたまらない。 そうやって、わたしたちの祖先 『ニッポンジン』 に、殺されてしまった、多くの人たちのいることが。 

悲しい。 悲しくてたまらない。 そうやって、わたしたちの祖先が、ほかの民族を、ほかの国民を、殺してしまったということが。 それが、生きていく最善の道だ、としか思えなかったことが。

悲しんでいても、過去を消しゴムで消してしまうことはできない。 『事実は事実』 として、認めなければ。 そして、相手が、『もういいよ』 というまで、あやまるしかない。 それを、ニッポンはしているのか。 

今までにわたしが傷つけた、たくさんの方々へ。 ほんとうにごめんなさい。

今までにニッポンが傷つけた、たくさんの国々の方々へ。 ほんとうにごめんなさい。

f0136579_382628.jpg

戦争は、それを起こす側にも、受ける側にも、『被害者』 はすでに、存在する。 もう、こんなことは、やめにする時期に来ているはず。 もうそろそろ、もうひとつ、上の境涯に、進んでいくべき時にきているはず。 わたしたちは、みんな、

『宇宙船 地球号』

という、ひとつの、ほし、に乗り合わせた、地球市民なのだもの。 言語がちがっていても、民族がちがっていても、国籍がちがっていても、信じるものがちがっていても、わたしたちは、同じほしに生まれ合わせた者どうし。 必ず、共存しあえる道があるはず。

f0136579_39556.jpg

小さい頃、母に聞いたことがあった。

ねえねえ、ほとけさま、て、ほんとうにいるの。
さあねえ。 かあちゃんは、いるような気がするけどねえ。
え、ほんと? じゃあさ、どこにいるの。

母は、自分の胸をさした。

この時のことを思い出すと、胸が震える。 熱くなる。 わたしたちが祈っていること、そのものだからだ。 母親は祈っている人ではなかったけれど、ちゃーんとそのことを知っていたのだ。 わたしたちは、『ひと一人一人の中にほとけがある』 ことを信じて、それを信じるために、祈っている。 わたしの中にも、あなたの中にも、子どもたちの中にも、隣に住む人の中にも、苦手なあのひとの中にも、いま、ここに生きているもの、すべての中に、ほとけがいる。 それに、みんなが気がついたとき、この世の中は、平和になるのに違いない。 この世の中が平和になる、とはつまり、この世にいる、一人一人のこころの中が平和になる、ということだ。 気の遠くなるはなしだ。 でも、世界が平和になるためには、それをみんなが、理解するしかない。 

f0136579_395790.jpg

『宇宙船 地球号』 乗組員のみなさま。 宇宙というほしを、いまこそ、戦争のない、平和なほしにいたしましょう。 
あなた、の中にいる、ほとけ、を信じること。 ここから、世界平和への第一歩が始まる。 わたしは、そう信じている。 そう信じて、生きていることが、そう信じて祈れることが、わたしはうれしい。

戦争つながりで TB !
Anzac Day by bebecat
[PR]
Commented by amazing-charko at 2007-05-09 08:46
戦争やだよー!わしもいつもわしの心の中に神様がいると思ってる。頼りなさそうだけどさ〜
Commented by bebecat at 2007-05-09 09:28
ちょっと読んでて涙出たよ。こういう祝日って考えさせられるよね。
TBを誤って消してしまったのでもう一度TBしておいてね。
これからは私達、、、だけじゃないけど、日本人が自分のして来た間違いに深い目を向ける時代だと思ったよ。特に多くの日本人が外国で暮らしているのだから、本当の日本が見えているはず。
この姿勢が他の国の達にも伝わるとうれしい。
ドイツ人はヒットラーの指令の下に自分達の犯した罪っていうものをとても深く認識していて、だから戦争の話になると機嫌を悪くする人もいるとか。わかる気がする。

罪を犯した人はその犯した罪の深さを常に忘れずいて欲しいし、逆に傷つけられた人はそれを忘れる努力をして欲しいと思う。
Commented by kyotachan at 2007-05-09 17:11
amazing-charko さま
そうですか そうですか やっぱり 『こころのなか』 に いらっしゃいますか みーんな そうだと いいねー

だってさ 『神様は上の方』 にいて その人が なんでも 決める という 考え方 も あるでしょう ? 『運命には逆らえない』 というような そうではなくて 『運命さえも 自分で決める』 のだよね 

ところで どうよ 筋肉痛は ? きてる ? 
Commented by kyotachan at 2007-05-09 17:19
bebecat さま
『硫黄島からの手紙』 という映画が ニースに来てね 見に行ったのだよ 当然なんだけどね アメリカ人の兵士にも 母親がいてね 彼が 無事に帰ってくるのを 待っているののさ そういう 『あたりまえのこと』 を すべて 『見えなくしている』 のが 戦争 だよね 彼らが 『鬼』 ていう 教育 (思想 とも 言うかな) は あまりにも 悲しすぎる

ドイツ て 戦犯を しつこく 追い回して 責任を追及しているのでしょう ? そういう しつこさ ニッポン に まねしてほしい 『事なかれ主義』 ? 終ったことは 水に流して なかったことにしてしまう ? はずかしいよ いさぎよくなれ て 言いたくなる

ええええーーーーーっ TB 消したのーーーーっ??? もう一度 やれ っつったって できるかどうか わかんないよー もー わたしの ブログ 能力 わかって 言ってんのー ?!
Commented by bebecat at 2007-05-09 17:22
ごめんよ、だったさ、TBがどこにもつながってなくって、こりゃなにかの間違いだっと思ってしまったのだよ。
君ならやれる!リンクも絶対設定管理の内容を変えれば出来る!
by kyotachan | 2007-05-08 15:43 | お い の り | Comments(5)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31