au marché オ マルシェ/ 市場へ









f0136579_21165137.jpg

翌朝は市場へ。

怠け者の長男は、今朝も起きて来ず。
昨日は「行くー」と調子のいいことを言っていたくせに。









f0136579_21172418.jpg











f0136579_21173931.jpg










f0136579_21180671.jpg

我が家では女子組みと一緒にこうして何かを物色するのは父親の役目と決まっている。
何を見ているかというと。











f0136579_21182123.jpg












f0136579_21184207.jpg

指輪を持っていないという三女の指輪。

何も市場でそんなものを調達することはないのでは?
というぐちはかろうじて飲み込んでおく。









f0136579_21191013.jpg










f0136579_21194066.jpg










f0136579_21200951.jpg

お店ごと持って帰りたいのだが、車の中は一ミリのすき間もない。
ぐっとこらえて、あれがいいこれがいい、と妄想。











f0136579_21203570.jpg












f0136579_21213923.jpg











f0136579_21220069.jpg











f0136579_21224183.jpg












f0136579_21230436.jpg

なつかしい匂いのするシンガーミシン。









f0136579_21240083.jpg

お直しやさん。

Re は「再び」という意味。
touches は「さわる」。

再びさわる、つまりお直し。









f0136579_21241779.jpg











f0136579_21243936.jpg










f0136579_21253067.jpg











f0136579_21260278.jpg











f0136579_21261841.jpg










f0136579_21263153.jpg











f0136579_21264711.jpg











f0136579_21270166.jpg











f0136579_21271588.jpg











f0136579_21285081.jpg











f0136579_21290336.jpg











f0136579_21292204.jpg












f0136579_21294257.jpg











f0136579_21300246.jpg











f0136579_21301823.jpg










f0136579_21304791.jpg












f0136579_21311191.jpg

boudin noir ブダン・ノワール をお買い上げ。

豚の血、そして脂身で作るソーセージ。
よく焼いて食べるとうまみがじわっとおいしい。










f0136579_21314862.jpg











f0136579_21320631.jpg











f0136579_21322873.jpg

キリンおじさんがお気に入りのミートボール用に調達したらしい。
おそらくは豚のミンチ。









f0136579_21330383.jpg











f0136579_21332110.jpg











f0136579_21333977.jpg












f0136579_21351425.jpg











f0136579_21352741.jpg










f0136579_21354910.jpg

アジア風のお総菜を売るお店がいくつか。
たぶんヴェトナムかラオスか。

おおおお、オレの家族がこんなところでがんばっちょるわい。
と思ってしまう。
いまやアジア系の人たちはみなオレの家族。












f0136579_21360999.jpg











f0136579_21362845.jpg











f0136579_21371393.jpg












f0136579_21373896.jpg










f0136579_21384494.jpg










f0136579_21391273.jpg











f0136579_21392853.jpg

「お茶うけに買ってみたわ」
とシルヴィア。

















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ









[PR]
Commented by kandamyojin at 2017-12-11 20:49 x
たまごやの値札が面白い。"安いよ"(promoはこの意味?)につられて見ると、6個/€1.4、12個/€2.8。わざわざ6個、12個と書いてあるので、多く買うと割安になるのかなと思ったら、なんだ同じじゃないか。€2.8は€2.7を直したように見えるのがまた面白い。たまごの値段は日本と大体同じですね。スーパーの売り出しでは半値くらいで売っているけれど、車で売りに来るたまごやから買っています。いいたまごなので。値段は10個/330円。すっかり主夫になりました。
私はサクラではありません。質実剛健、はったりなしの、そうウメですよ。はっはっは。
Commented by kandamyojin at 2017-12-11 20:52 x
書き逃しました。oeufを辞書で引きましたが、なぜ、oとeはくっついてしまうのでしょう。
Commented by kyotachan at 2017-12-11 22:02
kandamyojin さん、
いいたまご、おいしいですよね。白身と黄身がくっきりとわかれていて。ウチはたいてい二十個入りの、いちばん安いやつを買います。たまごの消費量、はんぱないですよ~。
いやいや、サクラとしか思えないあのほめよう、ほんとにサクラかい!とつっこんでしまいました。ウメでしたか!失礼いたしました。今後ともどうぞよろしくおひきたてを。
ウフ、ねえ?たぶん、大学の文法の先生なら、理由を教えてくださるんでしょうが、わたしはすっかりその理由を忘れてしまいました。長女に聞いたら、そんなもの、理由なんてないわよ!とのことでした。なんだかいつも全くお役に立てなくてすみません。
by kyotachan | 2017-12-04 22:17 | vacances d'ete 2017 | Comments(3)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族