s'excuser セクスキュゼ/ あやまる

f0136579_01312764.jpg

「きょうたちゃん、あんた、すぐにあやまってしまうけん、お父さんのしかりにくかーっていいよらしたよ」
母親にこう言われたのはわたしが中学生くらいの頃か。

何かにつけ、わたしがすぐにあやまってしまうから、父親がわたしのことを叱りにくい、
と父親が母親にぐちったらしい。

「え!なんね。じゃあ、あやまらんほうがよかとやろか」
わたしが言うと、
「母ちゃんはよかと思うけどね。すぐにあやまるほうが」。

というわけで、わたしは何かにつけてすぐにあやまる。
あやまる、という行為に対して抵抗がない。

あら、ごめんなさい。あ、どうもすみません。たいへんに申し訳ありません。
色んな場面で深く考えることをせず、ただただあやまってきた。

場所が日本からフランスに移ってもその習慣はずっと同じ。
わたしは簡単に「ごめんなさい、すみません」を口にしてしまう。

ただ、フランスに来てから気をつけていることはある。
まったくわたしのせいではない、という状況でひとりで興奮してそれがわたしのせいかのように罵声を飛ばすひとがいるのだ。
いわゆる、逆切れ?

これ、ことばがわからないうちは本当にやっかいだった。
あれ?わたし、何かしたわけ?とかん違いしてあやまってしまいたくなる。

だって、相手がなんでこんなに怒っているのか、わかんないもの!
習慣でつい、あやまってしまいたくなるの!

でもことばがわかってくると、あらまあ、なんなのこの人?
ひとりで興奮してひとりでどなってひとりで激昂してらっしゃるの?

なんだか知らないけど、わたしはにこやかにやり過ごすわよ。
しかし、ここまで怒りのエネルギーが爆発するってすごくね?
と冷静に相手を観察することになる。








フランス人日本人どちらにも、世の中にはわたしとは逆で、なかなかあやまらない人、という方もいらっしゃる。
わたしの友人にもいて「ったくもー、なんでひと言、あやまらんかなー」と思うことがまま、あった。

ただ、こういう人があやまるときには「お!あいつがあやまりよったぞ!」とひどく感激するのも事実。

思い返せばわたしの方は、何の考慮も哲学もはたまた信念のかけらもなく、
ただただ、そうしとけばよかっちゃろもん、の精神で簡単にあやまってきたなと思うことがある。

今になってみて、時々、自問してしまうのだ。
わたしはほんとうに、心からあやまっているのだろうか。
ただその場をとりつくろうための方便になっているのじゃないだろうか。









こんなことを考えているのはただいまフーフゲンカの真っ最中でして。
もう、簡単にあやまるのは、まっぴらだもんね、と思っているわけである。
わたしには謝罪する理由はないし、そんな気持ちはまったくわいてこないのだ。

いやあ、こんなときこそ、簡単にあやまっちゃうほうがいいんだよ~。
ココロの奥底から聞こえてくる声は今回はぜったいに聞こえないの!

















写真は五月後半のニースの海。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

今のビーチはもっと混み混み……。








[PR]
Commented by cazorla at 2017-07-25 06:53
きょうたちゃんって末っ子?私、一人っ子でさー、すぐ謝るよ。もーめんどーだからなんて思うのかも。
家の中で一番小さい人だったから。
そうなるんじゃないかな、と。
でも末っ子アルバロは謝らない。うーん、こいつスペイン人だからなー。

中学生の時、なんかで先生に叱られて謝って帰宅してその話をしたら母がそれで悪いと思ったのかと聞くから、思ってないけど面倒だから謝ったと言ったら、撤回してこいという。
中学って、4kmくらいあるのよ。でも歩きました。撤回してきました。母の方が学校の先生より怖かったし。
撤回しますってどーやって言おうかと、職員室に入ったら
すでに母が怒りの電話を校長にした後で、悪いと思っていない子供に謝らせるのは教育者として最低であるとかなんとか言ったらしい。

母親の怒りのツボがなかなかわかりにくくていつも苦労しています。
やっぱり相変わらずなーんも考えないで謝ってるけど、それって私の場合は母親の影響なのかも
Commented by greenlove at 2017-07-25 11:01 x
私もすぐ謝ってしまう方だけど特に夫婦喧嘩の場合は面倒を避けるために取敢えず「ごめん。私が悪うございました」と口先で謝っています。
気持は入っていない、ほとんどの場合私が悪いとは思ってないですからね。いま日本ではやっているのは「謝罪会見」。政治家は勿論、芸能人、スポーツ界、
不祥事が起きるとすぐ謝罪会見です。一番おかしいのは芸能人の不倫謝罪会見、プライベートで相手の女性や配偶者に謝るなら分かるけど記者会見開いて
テレビでファンに謝罪会見中継したりします。謝ることでもないし謝られてもどうするの?って感じです。
Commented by kyotachan at 2017-07-27 16:02
cazorla さん、
末っ子だよ~。兄がふたり。え。それが関係しているのかしら。
ウチの末っ子はあやまらない人だな~。何歳くらいだろう?家の中でテニスボール投げて遊んでいて居間のドアのすりガラスを割ったことがあるの。夫が血相かえて飛んできて、「全員、外ーっ!」とか言うものだから、子ども四人連れて外に出たの。公園。「帰ったらパパにごめんなさい、て言おう」て説得するんだけど、ずーっとぶすくれたまま。けっきょくあやまらなかった。夫は言いすぎた、と思ったらしく、そのあとねこなで声出して末っ子に言い寄ってた。なんだかなー。
お母さん。わたしは「きらいな先生でもそれをもろに顔にだすな!」と言われたことはあるよ。

greenlove さん、
わたしも「口の周りの筋肉の運動」と言うんだけど、気持ちのはいってない謝罪、多いです。特に家の中では。
そうそう、ここのところの日本のニュースで見る謝罪会見、ものすごく不可解。役者さんが浮気したところで、なんでそれを公に謝罪する必要があるの?フランスでは大統領が浮気しようが何しようがなんの問題にもされない。まあ、支持率は下がるみたいだけど、当の本人はしれ~っとしている。むかーし、松本幸四郎さんが息子がかくし子を持っていた件で「芸のこやし」のひとことで片付けたときには、芸能で食べている人はこれくらい潔いのが気持ちいいなーと思った記憶が。ベッキーさんの件にいたっては日本国民が全員で彼女をつるし上げにかかっているみたいで、ものすごく不愉快だった。不倫を容認するんじゃなくて、だって電話の内容を公にして、それの罪は問われないって、そんなの!
Commented by dangomama46 at 2017-07-29 16:19
お誕生日おめでとうございます!もう、夫婦仲直りしましたかーー?まだまだ、先は長いぞ!人生を謳歌しましょう!

Commented by kyotachan at 2017-07-29 23:20
だんごさん、
あら。こんなところにお祝いメッセージ。どうもありがとうございます~。
えへへ。仲直り、しましたよ~。なんだかさ、夫婦って、共に老いていくけど、でも速度とか、老い方とか、やっぱりちょっとづつずれていて、そのへんがつらいなーと思うことが。けんかして妥協してまた一緒に老いつづける。その繰り返し。笑
Commented by kandamyojin at 2017-07-30 07:35 x
誕生日、おめでとう。
日本はつくづく子供の国なのだと思っています。
謝ることができるのは若い証拠です。年を取ると傲慢になりますから。
Commented by kyotachan at 2017-07-31 17:40
kandamyojin さん、
ありがとうございます~。
子どもの国。そうそう、なんだかな~がきなんだよな~とはよく思います。なんでそんなことが大事件に?どうでもよくない?というニュースがあまりにも多い。
そうかあ。わたしは若いのですね。おとなになってない証拠がここにも。笑 。あ、
でもごう慢はものすごーくごう慢。自分のごう慢さと偽善者さ、は年々強く感じております。
by kyotachan | 2017-07-25 01:54 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(7)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31