le 14 juillet ル キャトール ジュイエ/ 七月十四日






f0136579_16475325.jpg


今年の一月に旅行サイト向けに書いた一文。

ニースの海を見ながら思う世界平和。

プロムナード・デ・ザングレ とは『イギリス人のお散歩道』という意味です。
かつてここはイギリスの貴族たちが好んで歩いた道だったらしいのです。

いまではここはニース市民たちがジョギングやウォーキングを楽しむ場所となりました。わたしはニースに住みはじめて、早十二年がたちましたが、今でもここへ来るとニースの海の美しさに感動します。ニースの海はほんとうに美しい。

7月14日、パリ祭のときに打ち上げられる花火の場所としても知られています。わたしたちはこの日の花火を毎年こころまちにしています。

2016年7月、この場所はテロの標的になってしまいました。わたしたちが受けた大きな悲しみ。なぜこんなことがわたしたちの身近なところで起こってしまったのだろうというやりどころのない怒り。それらは今もわたしたちを覆い続けています。

わたしは今回のテロ事件をきっかけに考えざるを得ませんでした。世界平和とは一体どこにあるのだろう?ということを。あまりにも使い古された感のある「世界平和」ということば。それはどこにあるのでしょうか。そしてそれを実現することはできるのでしょうか。

世界平和とは、どこか遠くのユートピアのような場所にあるわけではない。それは、わたしたちひとりひとりのこころの中にあるのだ。わたしは今、そう思っています。わたしたちの隣にいる人、その人のこころの中を平和にすること。これを世界中のひとりひとりが実現すれば、わたしたちの世界は平和になるに違いありません。

あなたは、車で出かけるときに「交通事故にあうかも知れないから出かけるのをやめておこう」と思いますか。わたしはこう思います。「交通事故にあうかもしれないから気をつけて出かけよう」。

テロに関することにも同じことを思います。「テロにあうかも知れないから出かけるのをやめておこう」ではなく「危険はどこにもであるのだからくれぐれも気をつけよう」と。

ニースの美しい海を、一度見に来ませんか。


















にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



↓ 「危険情報」のところにあります。






[PR]
Commented by HAZZ at 2017-07-15 01:21 x
革命記念日おめでとうございます。
きれいなブルーの美しい風景の写真にみとれています。
また行きたいです~!
それからお嬢さんのお誕生日おめでとうございました。
あっという間にですね、ほんとほんと。
会いたいです。
Commented by kyotachan at 2017-07-15 16:40
HAZZ さん、
れいこさんと三人でサンドイッチを食べた、まさにあの通りですからねー。今度はシャトーで食べましょう!
もしかして最近、パリのほうへいらっしゃいました?
長女は十九歳。なんともたくましく育っております。またぜひ来てくださいね。どうもありがとうございます!
Commented by kandamyojin at 2017-07-17 17:08 x
いい文章ですね。いつもながら感心します。それに写真もいい。
松山文学賞の応募のことは、その後どうされましたか。楽しみにしています。
変哲ない毎日で、ぼんやりしているとぼけてしまいそうです。見習って、できるだけ投稿するようにしています。
読んでもらうことを意図しているわけではなく、変哲ない退屈な毎日からの脱出策といったところです。書く材料を探すために、周り(半径5㎞ほどの活動範囲ですが)をよく観察するように心がけています。
拙文だけでは味気ないので、俳句を添えるようにしています。俳句の心得などまったくなく、それでも慣れてくると、拙句ですが、けっこう気安く浮かんでくるものです。
ご長女の方は19歳になられましたか。上の孫は15歳(男の子)、高校生になりました。


Commented by アトリエ夢 at 2017-07-18 10:12 x
お久しぶりです。ニース素晴らしく美しいですね、いったことないから 是非行きたいとは思っています。パリ個展も考えては いるのですが、、やはりテロが怖い。二年後を目標にして どないかパリ通はいやいか?画廊など詳しい人いないかあ?って感じです。
↓お嬢さん、19歳おめでとうございます。
上手に育てましたよ♪ 早いネ、、貴女が足の骨折しながらも 逞しく子育てをしていた頃を思い出します。が、上手に育てた分 一抹の寂しさがあるのよねー。うるうる きます。

最近ね、パソコンの調子がわるいのでiホンとiバットで 済ましているのよ、、で フェイスブックを初めてます。また、みてみて、chizuko biwataniで、わかるかしら?
どのようにしたら良いかは、わたしは よーわからん
Commented by kyotachan at 2017-07-19 05:10
kandamyojin さん、
いつも読んでくださってどうもありがとうございます。
松山のほうは、いちおう、挑戦ですから応募いたしました。でも結果は完全にだめだと認めています。ココで読んでくださる方を応募したのがよかったみたいで、自分の作品のくだらないところに気がつくことができました。書き直す時間と気力がなかったので今回はそんまま応募です。二年後を目指して前進です。
FBでときどき、俳句を楽しませてもらっています。干草ロール、というのですね。あの風景がわたしは大好きで田舎で見かけると、きゅん!としてしまいます。あの形は日本もフランスもまったく同じみたいです。
長女が十九。わたしが kandamyojin さんにあった年齢に近づいて来ています。ヘンな感じ。もうすっかり若い女性。小人というより大人です。わたしは最近気がついたんですが、けっきょくは大人にはなれなかったみたいです。もうすぐ五十一ですよ……。

アトリエ夢さん、
二年後にパリで個展ですか!知り合いにいい方を紹介していただいたので FB のほうへメッセージを送っておきました。都合のいいときに連絡されてみてください。時差がありますから時間にはくれぐれも気をつけて……。
長女が十九歳ですよ!自分さえまだ十九になっていない気分なのに!←これはいい過ぎか。上手に?育てた?いやんいやん、もう、そんなこと言っちゃ、いやんいやん。←もちろん、もっと言って~の意味です。
ずっと面倒くさいな~面倒くさいな~って思いながら子育てしていた気がします。もっともっといろんなことに一生懸命になればよかったな。でもわたしの精一杯ではあったのだと思います。たいしたことしなくても育っちゃった、という感じ。
Commented by HAZZ at 2017-07-23 03:25 x
はい、レスありがとうございます。
5月に妹とパリまで行きましたが、いつものように少ない滞在でした。Kyotachanとニースの海を思い出しています。
もっと自由に旅したいです~!ハ~、ため息。
Commented by TAKU at 2017-07-24 00:23 x
お久しぶりです。
前回はいつコメントしたかも覚えてないくらいお久しぶりです。
最近、すっかり体力・気力ともなくなっていて、週末はグダグダな生活をしています。
気分転換で、どこか遠くへ行きたいです(愚痴)
Commented by kyotachan at 2017-07-25 01:09
HAZZ さん、
こちらこそ、コメント、ありがとうございます!
やっぱり~!写真がパリっぽい?と思っていました。笑
まだまだお仕事、お忙しいのですね~。次回はぜひご主人といらしてくださいね。

TAKU さん、
ほんとうに前回はいつコメントもらったんでしょうね?笑
わたしも同じですよ~。今日は熱風が窓から吹き込んできて、それも強風!ドアがばたんばたんと閉まる音がしています。現役で、それもフルで労働されているんですから、週末にグダグダするのは当然?当たり前?カラダとココロを休めてあげないと!ご自愛くださいね~。
by kyotachan | 2017-07-14 16:54 | 日 常 空 間 | Comments(8)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31