adolescence アドレッソーンス/ ティーン

f0136579_21512175.jpg


末っ子がティーンの仲間入り。
フランス語では ado アド という。

十三はまだ pré-ado プレ・アド(ティーンの前段階)なんじゃない?
と三女が言う。

ま、どっちでもいいけどね、と母は思う。

いちばんのチビが十三歳だって!
おめでとうおめでとうおめでとう!

















25€ もしたケーキ。どんなに疲れててもケーキだけは作ろう……。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ







https://www.instagram.com/kyotachan/
[PR]
Commented by dangomama46 at 2017-04-24 08:38
末っ子さんの誕生日 おめでとうございます。みんな だんだん大きくなっていきますね。嬉しいけど なんだか、感慨深くて 時の流れを感じたりしてー・・・それだけママんも歳をとったんですもんねぇー( ^)o(^ )
Commented by kyotachan at 2017-04-25 16:43
だんごさん、
ありがとうございます~。誕生日はいくつになってもうれしいものですわ~。最近はもう、なんだか孫のことまで考えるようになってきた!笑
Commented by greenlove at 2017-04-25 18:35 x
我が家は末っ子が46歳・・末っ子という言葉が恥ずかしいぐらいのおじさんになりました。
孫娘は長い間遠距離恋愛でしたがこの春から一緒に住むようになりました。結婚式、入籍には「こだわりの日」があって
まだ未定とか・私の年代からすれば、それ順番がちがうんじゃない?と突っ込みたくなりますが孫も彼もごくごくまじめかつ常識人間、
彼らと私とは50年の差があり、ジジババは余計な口出しはするまいと戒めあっていますが今どきの子には戸惑うことばかりです・


Commented by kyotachan at 2017-04-26 15:41
gleenlove さん、
昨日、七十歳のマダム、といってももう十年以上の付き合いでなんでも話せる友人なのですが、と話していて彼女の一人息子五十歳、が冷たくていじわるだと不平不満を口にするんです。いつものことで、ああまたはじまった、と思うんですが、息子さんはきっと彼女に「愛しているよ」とひとこと言ってほしいだけなのじゃないかと思うんです。そう言っても「なんでわたしから言うの?」となるんですが。親だもの~。親から言おうよ~。
かつて常識がない、と言われたわたしでしたが、常識ってところによって時代によって場所によってまったく違うんだなとつくづく思います。長女はもうすぐ十九歳。昨日は学校のあと帰宅してそのあと自動車教習所。夜はボーイフレンドのところに泊まって今朝はそこから学校へ(行ったはず)。なんにでも全力投球の子ですが、やっていることはわたしの時代の不良少女そのもの。なんだかな~。
Commented by cazorla at 2017-04-29 09:37
おめでとうございます。

スペイン語でアドレセンテ、で、頭の中がパボ、七面鳥の時代と言われます。長女は21で、未だ、パボ。

ところで扁平足って、どうやって判明するの? 
Commented by kyotachan at 2017-04-29 16:42
cazorla さん、
ありがとうございます。
パポ?七面鳥?三歩歩くと、なんでも忘れてしまう、てやつだっけ?
長男の足の裏にたこ?ができてまして、医者に診せに行ったの。そしたら「あら、、、」と言われたらしいです。判明してからよくよく見ると確かになんだかべた~っとした足。ちょっとだけショックー。笑 本人はまーったく気にしてないけどねー。
そうそう、なんだっけ、日本は死ねばいい、とかいう記事、読んで、そんなことまったくしらなかったからなんだかびっくりしてコメントしようとしてできなかったー。日本の社会問題にもくわしいね~。わたしはお宅でお勉強させていただいてるわ。
by kyotachan | 2017-04-23 22:02 | 六 人 家 族 | Comments(6)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30