promedande du paillon プロムナッデュパイヨン/ パイヨンお散歩道









f0136579_23433220.jpg















f0136579_23435515.jpg


















f0136579_23441539.jpg


















f0136579_2345672.jpg

















f0136579_23452352.jpg



















f0136579_23453951.jpg



















f0136579_2346389.jpg


















f0136579_23462313.jpg

















f0136579_23465025.jpg

















f0136579_2347231.jpg


















f0136579_2347257.jpg
















夫不在の日曜日の午後、下ふたりを連れてお散歩。

行き先は最近新設された公園で
名まえを promedande du paillon プロムナッデュパイヨン/ パイヨンお散歩道 というらしい。
マセナ広場とガルバルディ広場をむすぶ位置にある。

むかしはここに、大きな遠距離バスターミナルがあった。

この日はちょうどお昼時に長女の友人がふたり来て、
朝からそうじに追われ、昼食にはスペシャル・チャーハンを振る舞った。

子どもたちのお腹をいっぱいにしたらわたしはそれでお役ごめんだから
下ふたりだけとでも出かけたいなあと思った。

気のいい友人たちのことだから下ふたりとも遊んでくれて
今日はこのまま家の中かなあとも思いかけたのだけど
外はいい感じで陽がさんさんとさしていてわたしは外の空気がすいたかった。

不本意ながら最近は子どもたちを外に誘いだすのはわたしの方だ。
「お天気もいいことだし、新しい公園をのぞいてみようか」
と期待半分で誘うと、しぶしぶながら下ふたりが付き合ってくれることに。

新設されたばかりでおまけに日曜日だったこともあって公園の中は人でごったがえし。
仕事中の友人と合流するはずが、相手を見つけるにも困難だったほど。
むかしはウチもこのベビーシッターさんにはずいぶんとお世話になった。

たわわるほどに子どもたちのぶら下がった遊具には
ウチの子どもたちはもう何の興味もなさそう。

あまりにも気持ちがいいのでストールを地べたに引いて座り込んだ。
にわかに巡回中のおまわりさんがやってきて
「マダム、すみませんが、移動してください( il faut circuler )」。

なんだなんだこんなに美しい芝生を敷きつめておいて、ピクニックもできないのかい?

いっぺんに気分を害して、ヴューニースへ移動。
ロセッティ広場も、これまた吐きそうになるくらいの人の山。

子どもたちと友人はアイス。
わたしはビールを飲むつもりが、なんだか汗がしんと冷えてきてそのままになってしまった。



























にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


[PR]
by kyotachan | 2013-10-29 00:12 | 日 常 空 間 | Comments(0)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31