bises ビズ/ (ほっぺたにする)キス







f0136579_2119889.jpg


ニースで生活するようになって初めてであった「困ったこと」のひとつに bises ビズ がある
ほっぺたを合わせて交わされるフランス式のあいさつだ

最初は夫の知り合いばかりに会うことが多かったから
夫がすればわたしもという感じでことは足りたように思う

しかし子どもたちが学校へ通うようになり
わたしの行動範囲が広がるにつれて
そんなことをいってる場合ではなくなってきた

「子どもたちが同じクラスだから」
という共通点があるからというだけの理由で
簡単にビズをするママというのはまれで

やはりフランス人にとってもビズは
親しい間柄で交わされるあいさつといえると思う

しかしどこからが「親しい間柄」かの判断はそれこそ千差万別だ

会うのは全くはじめてだけど「親しい友人の友人だから」という理由でビズするひともいるし
親しい友人の友人とはいえやはり「はじめて会ったひとだから」と握手だけですます人もいる

こんな風に書いてはいるものの
これはわたしがその場で「おそらくそんな基準があるのだな」と感じるだけであって
本人に問いただしたらもしかしたらもっと違う基準があるのかもしれない

わたしは前々から顔だけは知っていてぜひ仲良しになりたいと思っている人だったり
あるいはめちゃくちゃ美人だったり感じがよかったり
はたまた「この人とは合いそう」と思えば
ちゅうちょせず勢いよくビズ行動に走るし

ここはちょっと握手でいっとく?という場合もある

こちらが判断する前に
向こうから手を差し出されたらそれは
「わたしゃビズはごめんですよ」というサインだろう

そうされても場合によっては
「いやこちらは仲良しさせていただきたいと思っとりますんで」
という感じでわたしの方から強引にビズしてしまうこともある
わたしもずいぶんと強くなったもんだ

ビズの仕方もこれまた千差万別で
わたしは勢いよく口の中で大きめの音を鳴らして
カラッという感じでほっぺたをくっつけるのが好きだ

ほっぺた同士をくっつけたってどんな音もしないから
無意識に口の中で「それらしい」音を思い切り立てる

苦手なのがくちびるをわたしのほっぺたにくっつける人だ

くちびるというのは元々しめっているもので
そのぬれたくちびるをほっぺたにくっつけられると
正直いってわたしがその人と親しくて
なおかつ好意を持っている人だったとしてもなんだか気持ちが悪い

その上相手がくちびるをわたしのほっぺたにくっつけると
わたしのくちびるは宙に浮いてしまってなんだか間抜けな気分におちいってしまう

ひゅうっ!という感じで息をとめる人もいる
これもなんだかなあと思う
わたしってヘンな匂いがしてるのかしらと心配になっちゃうのだ
(いやほんとうに匂っているのかもしれないけど)

そしてややこしいことに「回数の問題」もある
ニース周辺では右と左一回づつの合計二回だが
地域によっては「三回」あるいは「四回」というところもあるらしい

一度だけだが
初めて会った人とあいさつのビズを交わし
わたしは当然「二回でハイおしまい」のつもりだったら
相手がさらにもう片方のほっぺたを差し出していらっしゃる

へ?

という顔をしたらその人が

ボクはどこそこの出身だからビズは三回なのだ

とのたまわれる
そう言われるとわたしも笑ってもう一回追加のビズをしたわけなのだが
ここまで来ると「おいおい」という感じ?

おそらくそこで笑いをとって相手と親しくなる彼なりの方便なのかもしれない

フランスに長く住むフランス人でさえ
「地域によるビズの回数」を充分に把握している人はまれだと思う

わたしがビズの世界でなによりもいいなあと思うのは親子間で交わすビズだ
わたしは日本で育った日本人だから親からビズをしてもらったことは一度もない
それはもうどんなに記憶の糸をたどってもたったの一度もないのだった

日本にはビズの習慣がないから

といってしまえばそれまでだけれど
わたしって親にちいとも触れてもらわなかったんだなあ
と今さらのように思ってしまう

わが家の四人の子どものうち上の三人は日本で生まれた
そして日本にいる間はわたしと子どもたちの間にビズをすることはなかった

何しろわたしにはビズの概念さえないのだから当然だ

六年前にニースに来ていつからはじまったのか
今ではわたしたち親子の間でもビズは日常のあいさつとしてすっかり定着してしまった

たとえば朝起きたときわたしからはしないが
子どもたちがビズをしてくることがある(これはほんとうにたまに)

夫といえば
これはもう当然のごとく

bonjour mon fils ボンジューモンフィス/ おはようボクの息子ちゃん
bonjour ma grande ボンジューマグランド/ おはようおねえちゃん
bonjour ma fille ボンジューマフィーユ/ おはようボクの娘ちゃん

などといいつつ濃厚なビズを浴びせている

子どもたちはだからパパにあいさつをするほうが好きなようだ
いくつになっても「親に触れてもらう」ことは子どもたちにとっても心地いいことなのだろう

わたしは朝学校へ子どもたちを送り届けて
門の中へ入るとき

これはもう自然に「じゃあね」という感じでビズをする

両のほっぺた・くちびる・鼻の上・おでこ

これは三女がわたしにするビズだ

いつまでこの「フルコース」のビズをしてくれるかわからないが
朝どんなに気がせいていてもこれは欠かさないようにしようと思っている
あるいは夜寝る前にわたしのところへ来てこのビズをしてくれることもある

チュ・チュ・チュ・チュ・チュ

三女のくちびるもしっとりしていて
なんだかよだれを顔中にぬりつけられる感じになるのだが
自分の子どものくちびるだったら顔についても全く不快じゃないのだった

周りを見回してもほとんどの例外なく
どこの親子もビズのあいさつを交わしている

わたしたちは至極あっさりした方でビズをしたらお互いにさっさとお別れするが
濃厚なビズを時間をかけてじっくりしている親子は珍しくない

je t'aime mon coeur シュテームモンクー/ 愛してるわわたしのココロちゃん

というセリフが親側の口から聞こえてくることさえある朝から濃厚なおフランスだ

そして下校時
子どもたちを学校の門で受け取るとまたすぐにビズ

帰りのビズはわたしの場合はその時の気分次第
とはいうもののどちからと言うとしないことの方が多い

仲良し親子というのははたで見ていてもわかるもので
しっかりと目を合わせてビズをしながら
わずか数時間以来の再会をよろこび合う姿は見ていてほほえましいものだ

そしてビズは「ありがとう」の感謝の気持ちを表すときにも使われる

これは家族間だけではなく
親しい友人からプレゼントをもらったときなどにビズを交わすことはよくある

最近ではわたしも母の日に子どもたちのビズぜめにあった

ニースで生活しているとこんな風に
かなり親しい人からそれほどまでない人にまで
好むと好まざるとにかかわらずわたしたちは常に

触れ合っている

といえると思う

翻って日本で生活していると
かなり親しい人たち

それは家族だったりきょうだいだったり友人だったりする人たちと
それがどんなに親密な関係であっても

触れ合う

という機会は極端に少ないのではないか

頻繁に触れ合う関係があるとしたら
小さい子どもと両親
あるいは恋人同士とか?

わたしは独身時代もっとも親しい同性の友人と
一週間とか二週間とか旅行をしたことがあるけれど
彼女と触れ合うことなんて全くなかったなあと思う

トンガ王国の離島に「ゲイの島」があって
わたしとその友人は知らずにそこへ滞在したことがあるのだけど
その時わたしが

わたしたちもそっち系を演じた方がいいのじゃなかろうか

とお尻あたりをなでさすってみたのだが

気持ち悪いから離れて

と冷たく言われてしまった

日本人とフランス人は色んなところで究極に違うなあと思うけれど
この「触れ合う民俗」vs「触れ合わない民俗」ということでもこれまた究極に違っているなあと思う

ところで

ここフランスは「縦列駐車」が盛んなお国でもある
狭いスペースに車をすべり込ませるテクニックに長けておくことは
この国で車を運転する者には必須条件ともいえる

そして自分の車で前と後の車に当てるのはセーフとみなされている
つまり自分の車を前と後の車に押し付けるようにしながら限られたスペースに車をねじ込むのだ

日本でもしこんなことをすれば即アウト!接触事故と処理されても仕方がないのではないだろうか

おそらくビズ世界でしょっちゅうほっぺたを合わせあっている民族は
車が触れ合い押し合いされることは全く平気に違いないのだった





















今朝、ぎりぎりのスペースでまさに前後の車にぶつけながら縦列駐車をしたキョータです
どこからか車の持ち主が現われてどやされるんじゃないかと汗かきまくりでございました
ブログランキング・にほんブログ村へ


ビズ社会に慣れると日本社会が妙に冷たく感じられちゃったりして。広めます?日本にビズ?

はたして広まるんだろうか?恐れ入ります
[PR]
Commented by gudigudi at 2010-06-22 22:26
ゲイの島?
スタッフが数人ゲイだっただけでしょ。
違ったっけ。。。

ビズ、そんなもんなんだね〜。なんだか安心した。
手を差し出されるのと逆に、
躊躇なくほっぺを差し出されたら、相手に対して一気に好感度増すよね。

Commented by kyotachan at 2010-06-22 22:47
あら!そうだったん?いやいやいやいや、、、確かにあーたが言ってたよ「知らんやったけどここはどうもゲイの集まる島らしい」って。一人キョーレツな黒ぶちめがねのお兄さんまだ覚えとるな(たぶん写真があるせいで)。でもバーでマティーニ作ってくれた人はフツーだったような(ゲイもフツーか)。
そうそう!ビズって「相手に心を開いている」意思表示て感じよね。最初にこの儀式を通っておいた方がなんだかスムーズに行くような。フランス人でも人見知りする人は多くてちゅうちょしているような人にはこちらから!て感じ?わたしもおばちゃんになっていろいろとできるようになったなー笑
HP リニューアルしたんねー!めちゃくちゃかわいい!!子どものお菓子作る手が泣けるー。
Commented by lematinideal at 2010-06-23 01:46 x
kyotachanさん
フランス、1次リーグ敗退・・・びっくりです。
今さらながらkyotachanさんのはじめましてを拝見して、またびっくり!
佐世保のご出身だったんですね~私の主人、佐賀の唐津市の出身でして、一応私も九州弁はイケます。(笑)結婚したばかりのころは、主人の父など何言ってるんだか全然わからんかったけんが~
今じゃお墨付きをもらっています。大学時代の友人が佐世保の高校出身で、波佐見焼という焼きものの窯元のムスメだったり、なんだか不思議なご縁を感じてしまいます。(勝手に。)
ニースの石の写真、デコパッチのお盆も、かわいい坊やの写真も拝見しておお!と声がでてしまいました。
ここに来ると幸せ、というか本当に癒される感じです。
更新を楽しみにしていますね(その前に自分も頑張らねばと思います汗)私もこちらをリンクさせていただきたいのですが、よろしいですか?
Commented by yuuk at 2010-06-23 04:40 x
ふふふ、同じラテン系の国、似てるな〜と思って、にやにや。
そうか〜、縦列駐車と同じ理論か〜!なるほどね〜!!kyotahan、すごいよ!!

そうなんだ〜。kyotachan、好感持ってたら、自分からビズ行動(笑)に走れるんだ〜!私、ダメ〜。どうもこっちで打たれまくって、積極さがなくなってしまったよう^^;。だから、あっちが近づいてきたら、こっちもって感じ。でも、音たてられないのよね〜。ほっぺた合わせだけです〜。だめですな〜。

こっちの人いわく、車のバンパーは、縦列駐車の時に、自分が入る場所を広げるために、前後の車にバンバンぶつけても大丈夫なようについてるんだって(笑)
Commented by sa55z at 2010-06-23 06:16
フランスは何回ホッペタをつけるか忘れましたが、数回??
結構ゲルマン系でも一回はやりますね、親しい人とは。
さて大昔、ルノーサンクののCMでそのバンパー形状の良さを大いに謳っていた時期がありました。
曰く、サンクはバンパーを押しつけられても相手の車の下にのめり込みません。
対抗で比較されていたのはミニで、アレはバンパーを押しつけられると下にめり込んで取れちゃうんですね。
Commented by kotokoto at 2010-06-23 10:21 x
bise、私もイギリスに滞在しているときに、EUの人達がやって来て
くれたので、それで覚えました。個人的には好きです!
kotachanの言うように、日本人はスキンシップは控えめなので、
友人との距離がグッと縮まるような気がして。
ドイツの友人は親しい人とは3回。と教えられました。

でも、kotachanのように、biseの駆け引き?するまでは
長く住んでいなかったので、kotachanのを読んで、
「なるほど~」と思いましたよ。
Commented by candybowl2 at 2010-06-23 10:33
キョ―タさんこんにちは^^
楽しく読ませていただきました。
キョ―タさんがどんな思いで こんにちは~しているのか
なるほど~ わかる気がする~ と思ってしまいました。
でもなんだか biseか握手どちらかって微妙な
挨拶ですね~(笑)私なら挙動不審になってしまいそう。
ど ど どっち?なんて迷ってしまい相手に失礼を
与えてしまうかも^^;

そうそう!新婚旅行でパリにいったとき一番
びっくりしたことがそれでした!
縦列駐車の多いこと!出るときにドンっと前の車を
自分の車で押していたこと!
夫と目が点になってしまいました。
日本じゃかんがえられないー!ですよね!
Commented at 2010-06-23 10:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ToutEstBien at 2010-06-23 13:02
キョータさん、こんにちは♪
「ビズ」やハグの習慣はちょっぴり羨ましいなあ、と思う私。
夫なんて手をつないで歩くのも恥ずかしがる(?)タイプなので
正直つまらないな~と思うこともしばしば。
友達ともハグをするにも勇気と許可と努力がかなり要る感じだし(笑)
家族であっても大人になると難しいですよね。。。

後、バンパーに関しては私も車保護のため(ぶつけてもいい為)
にあるものだ!と思っています(笑)

Commented by obaba-53.7 at 2010-06-23 13:33 x
はじめまして
とても楽しく拝見させていただきました。

先日からランキングに参加し始めたばかりで、ほとんど、楽天さんのブログしか訪問したことがありません。
(正確には、書き込みをしたことがありません)

わかりやすくて、イメージがとても印象的だったので、
初めて書き込みをさせていただきました。
また、うかがいます。
Commented by terooms at 2010-06-23 16:09
はじめまして、フランスつながりで楽しく読ませてもらっています!
ビズの考察は面白いですよね~人によっていろいろやり方が違うし、
わたしは相手がビズでくるならする、の消極派です^^;
触れあう民族でありながら、電車の中とかで他人と触れ合うのは
かなり嫌がりますよね。
逆に日本では、もうしょうがない、というか(笑)
普段触れ合わないのに、
あの満員電車を受け入れる日本人ってすごいなあと感心してしまいます。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:01
☆lematinideal さま

唐津に波佐見焼きー!近い!笑。わたしは佐世保は佐世保でも限りなく佐賀県に近い場所で育ったので陶器の窯元もたくさんあるんですよ。波佐見焼きほど知名度はないのかもしれないけど。九州弁いけますか!時々方言もでますのでどうぞお楽しみに。
フランスどうしちゃったんでしょうね。なんだか試合より内輪のどたばたが話題になってしまってますよね。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:04
☆yuuk さま

そうそうバンバーはそのためについてるんだ!て言うよねー。だけどさ、カフェの前にある駐車場にいつものごとくコツンコツンやりながら車をねじ込んでたらお茶飲んでたおっさんが「おいおいあんまり派手にやるなよ」て出てきたことがあってそりゃもうビックリ!早々に退散して別の場所探しちゃった。
ビズはさーなんかこう「勢いで」?やっちゃわないとできないよね。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:09
☆sa55z さま

そうそう!回数のことにも言及しようと思っていてすっかりぬけてました。ちょいと加筆しましたのでよかったらどーぞ。フランスと一口でいっても地域によって色々なんですよねー。わたしの印象では寒い場所ほど回数が多いような、、、ほっぺたすり合わせて温めあう?みたいな?
実はウチの車のプレートも外れたことが、、、。ミニくらい小さいのだったらスペースも小さくてすむからなあ。わたしが今ほしいのはプジョー1007(ミールセット)。かわいいんですよ。もう造ってないらしいけど。中古ねらいです。サさんみたいに夫に内緒で買っちゃう!てことをやってみたいもんです。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:11
☆kotokoto さま

確かイギリス人はしないんですよね。島国ニッポンと似ている、とどこかで読んだような気がします。人間関係もフランスほどべたべたしていなくてニッポンと似ているとか?わたしの印象ではビズをするからといってべたべたしているという感じもしないんですけどね。親しみが増す感じがいいですよね。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:15
☆candybowl さま

うふふふ、わたしだって最初はそうでしたよ。するの?しないの?ってね。でもだんだん空気を読めるようになってきたかもしれません。このおっさんとはちょっと、、、という時にはすかさずこちらから手をだしてビズをさけるとか。
パリにいらしたことがあるんですねー。パリもスペースがありませんからねー。ここにねじ込むか?てなスペースに駐車してありますよね。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:19
☆かぎこめさま

夫によく「君は冷たい」て言われるんですよ。彼にしてみたらわたしからすり寄って?いくことが少ないという意味らしいんですが、、、だからそのたびに「日本にはそういう習慣がないから」て説明するんです。そういえば最近言われなくなったな、、、。大きくなってから親にぎゅー!てされたこと一度もないんだよ!てね。わたしも十二年前に母を亡くしましたが肺がんで背中の肺のところをさすると少し気分がよくなるようでよくさすってあげました。足とか手とかもマッサージしてあげて。もっともっと触れ合うことを心がけてもいいかもしれませんね、ニッポンジンも!
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:22
☆ToutEtBien さま

そっかー。ご主人手をつなぐのもだめですか。それはちょっとさみしいですね。わたしたち今でも一緒に歩くときは手をつなぎます。結構好きな時間です。でもこれも「慣れ」ということもあるから嫌がっても少しずつ慣らしていけばいつかは、、、どうかな?
あ!そっかー。でもぶつける対象は壁だったりでしょ?人の車にぶつけるのは抵抗ないですか?
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:25
☆ababa-53.7 さま

おー!楽天さんからようこそいらっしゃいましたー!わたしもエキサイトを見ることが多いのでよそからいらしてくれるとうれしいです。コメントありがとうございます!ランキングから入ると全く未知の世界に飛べることがありますよね。
今後ともよろしくおねがいいたします。また寄ってくださいねー!
Commented by kyotachan at 2010-06-23 19:31
☆terooms さま

わー!翻訳家目指されているんですねー!一年間の留学ごくろうさまでした。コメントありがとうございます。
ビズって結構人柄が出ますよねー。気持ちのいいビズってのをめざしているんですが、、、あはは。
そうそう!道でちょっと体が触れ合うのにもにらまれたりして?なんだか極端じゃーん、と思うことありますあります。夕方なんかにトラムがものすごく混むことがたまにありますがもうなんだか人の殺気立っているのが伝わりますもん。こいつら日本の電車には乗れねーな、て思います。てかわたしももうあれ無理かもしんない。また寄ってくださいねー!

Commented at 2010-06-23 20:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyotachan at 2010-06-23 20:18
☆かぎこめさま

こちらこそありがとうございます。わたしは今でも泣きますよ。会いたい会いたいって。でも母に会いたいってことは今ではわたしが死ぬことを意味するので会いたいと思う時はそれはそれは落ち込んでいるときです。最近は、、、ありましたわ、二ヶ月くらい前かな?家族とけんかするとねー。仲良くしとかなくちゃってそのたびに肝に命じたりして。でも親が死ぬってとても自然なことなんですよね。わたしたちが親より先に死ぬようなことがあったらそれこそ大惨事だけど。だからこれでよかったんだーって自分をなぐさめています。
Commented by somashiona at 2010-06-24 09:10
へェ〜、これってビズっていうんだ〜。
僕もね、これ、なかなか慣れません。
この人にはすべきだろうかとか、どれくらいくっついていいものかとか、いまだに迷います。
この話題、僕のブログでもいつか使わせてもらいます。
これに関しては語りたいことがたくさんあるのだ〜。チュ!
Commented by kyotachan at 2010-06-24 21:30
☆somashiona さま

あらタスマニアもやっぱりビズします?そっかー世界地図的に見たらビズのある国とない国とどれくらいの割合になるんだろうか、、、どっちが多いんだろうか、、、
>>>>>どれくらいくっついていいものか
そういうべたべたしたビズはおっさんくさくて嫌われますよ「カラッと勢いよく」やってくださいね
え!ビズの記事?!楽しみ~マナブさんの長文に対抗しなくちゃとちょっと加筆しました。TB入れてくださいよ笑
Commented by tomatomatos at 2010-06-25 11:59 x
ドイツ旅行でブラジル人とビズしたtomatomatosを見て「ママが浮気をしたァー」って泣き出した7歳だった3号
だけどソレから寝る前にはビズをするようになったよ!
1号と2号には「いちゃいちゃしないで!」って言われてるケド・・・
でもふれていたいんだもん(笑)
Commented by まのん at 2010-06-25 18:14 x
はじめまして。ニースに来て1年ちょいになります。2か月の息子に授乳しながら読ませていただいております。
うちは親戚やら友達やら大人数のパーティーが多いのですが、「こんにちは」はまだしも、「さよなら」のビズにはいつも疲れてしまいます・・・。それから、だいたい左頬、右頬の順にビズする人が多いのですが、ときどき右頬、左頬の順の人がいて。なぜかパリ出身の人だけなんですが、会ったとき「あ、この人、右からだったな」と自分で確認してからビズするようにしています。また、スーパーや道で夫の知り合いの男性に初めて会った時も、握手かビズか・・・といつも迷います。そういう時は、夫が「だいじょうぶ、ビズして」と言ってくれるまでもじもじしています・・・。
賑やかで楽しそうなご家族、とても憧れます。うちの息子もあと少し大きくなったら、家族でいろんなところに行けるのですが。今は週末の旧市街への散歩がせいいっぱいです。これからもたのしみに読ませていただきます。BISOU!
Commented by kyotachan at 2010-06-25 20:26
☆とまとさん

きゃわいーなー三号、、、ママが大好きなんだね。
そっかー。とまと家ではビズしているんだね。わたしは日本にいたままだったらきっとしてないんじゃないかと思う。
触れられるうちにたくさん触れておきましょうねお互いに。笑
Commented by kyotachan at 2010-06-25 20:34
☆まのんさま

二ヶ月の息子ちゃんですかー!外国で初めての子育ては色んな苦労があるでしょうねー。コメントありがとうございます。
大人数のビズは確かにうっとうしいことありますよね。んなことしてないで早く帰りてー!とか?笑。ああ!どちらの頬からってあまり意識したことなかったなー。あれ?左からが普通ですか?う~む、、、わたしはよくわからない。旧市街のお散歩わたしも大好きです!またまた寄ってくださいませね~ビズビズ~(ほんとうは日本人同士でははずかしくてできない)
Commented by pinecone_la at 2010-06-26 11:56
最近日本でね、野外学習に行った中学生がボートが転覆して亡くなっちゃたり、会社を逆恨みした男が無差別に社員を轢いたりして、赤ちゃんが生まれたばっかりの方が亡くなったりって、事件が続けて起こったもんだから、家族が突然いなくなる事態ってのについて友達と話し込んだところだった。
朝、みんなを送り出す時に「行ってらっしゃい」っていうじゃない?
あれを毎日言えるのがフツーと思って疑わないのは、もはや夢なのかと。
当たり前だと思っていることが、当たり前じゃないのかと。
なので、目を見て顔を見て「行ってらっしゃい」とココロを込めて言うくらいはちゃんとしようと心新たに思い直したんだよね。
私は、シャイな純日本人だから、ベタベタするが苦手。したくても出来ないんだけど、出来る人なら、惜しみなくやっといた方がいいよ。
これはいい習慣だとおもうナ。
でも、ビズかぁ~。ハグどまりだわ。私は。

あ、クルマのビズは得意よ。ビズした後、逃げたけど。笑
Commented by kyotachan at 2010-06-29 19:32
☆pinecon_la さま

ごめんごめん。コメント読んでいたのに返すの忘れてた。ユルシテッ!
わたしも毎日毎日夫がちゃんと夜帰ってくることに感謝してるよ。寄りかかり人生でひとり立ちしていいなからさ。そして毎日事故に会わず隕石にも合わず帰ってきてくれるのはおそらく奇跡に近いことなのだろうなとも思う。ぐちをこぼす前に今わたしたちがどれほどラッキーなのかをもう一度確認した方がいいよね。なによ~日本人のくせにハグなんかして~結構アメリカナイズされてんじゃん?
あはは、車のビズ!わたしも日本の駐車場で隣りの車をこすった。数日間いつその人が追いかけてくるかとびくびくしてた爆
Commented by sono2006 at 2010-07-01 05:57
ビズ好きですよー。やっぱし親近感わきますね!

ていうかkyotaさん、佐世保出身ー?
こちとら鹿児島生まれ福岡育ちですがな。
Commented by kyotachan at 2010-07-01 18:42
☆そのさま

ああ!そのさんそのヘンちゃんと適応してそうですよねーフランス人ともイタリア人ともまずビズしてチームワーク強化!みたいな?笑
そうそう佐世保なんですよ。九州つながりで今後ともよろしくね。そいぎんた!
Commented by aamui at 2013-09-18 06:20
ハグの上があるのね まずハグから普及させたいです キュッとハグ贈ります
Commented by kyotachan at 2013-09-18 15:23
最近思うんです。日本のスキンシップのなさって異常なことじゃないかなって。だってわたし死んだ母に一回も、ぎゅーっ!てされた記憶がないんです。ハグの普及運動、応援します!百年後には日本の文化にハグとビズが加わっていることを願いつつ。
Commented by woolrich a at 2013-11-05 14:58 x
I understand where you are coming from with this comment. If I were moving an application into production I wouldn’t be entirely happy with the code in this article. However, the code is structured in the way it is because it was developed in a progressive way to fit the flow of the tutorial. I didn’t want to have a discussion about initial code structure, the practices and principles I might follow, or go back to the existing code and deal with refactoring. I’m sorry if you’re not happy with the code ‘smells’. Feel free to submit a pull request to the github repo.
woolrich arctic parka women http://www.vittifirst.org/woolrich/index.asp?id=27
by kyotachan | 2010-06-22 21:40 | 喜 怒 哀 楽 | Comments(35)

南仏・ニース在住。フランス人夫・一男三女の六人家族
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30